二度と行かない

 先日(といってももうかなり経ちましたが)このカテゴリーを設けました

きっかけは、移稿作業をしていてもやはりひっかかったココ

 

 ここの前身となるブログを書き始めた時には基本として「行かなくてもいいな」と思ったホテルのことはあまり書かない方向で、と決め始めました。

 さらに前身となる食ブログの時にはそういう店についても書くつもりで始めてたんですが、書いてるうちに「○○は行かない方がいい」よと悪い店のことを書くより、「ここに行けば後悔はない」と良い店のことを書いて、行ってみたくなってもらった方が建設的かなという考えになったものの、いざ自分であちこち名の通った店に行ってみるとそうそう「また来たい」と思える店はなく、むしろ「一度行ったらもういいや」ってな店の多さが、テレビや雑誌といった媒体の信用の出来なさ具合を確認しに行ってたようでバカらしく、非営利でしがらみのない個人として書くなら自分也の感じたままを正直に書いていくべきだな、と

 

  1.  行って良かった。また来ます。
  2.  満足
  3.  可もなく不可もなく(普通)
  4.  価値がない。損した。ハズレ
  5.  二度と行かない。すすめない

 

とはいっても基本はこの5段階の5を主体におまけに1を少々といった方針

 は「なにかの縁で近くに行くことあったなら是非に」等、力強くすすめる水準。最初はここだけを書いていこうと思っていたものでしたが、実際ホントそう思える店が少ない

 のここがブログ上での最低限。わざわざ出向いて行く時間だったり、贅沢と思える金額をかけても許せる線ということになるんですが、書くか書かないかという点では、特に東京都心では似たような店がいくらでもあるため何か抜きん出たものがないと「まだ行ったことのない他の店」への好奇心の方が上になり、興味が失せ書く気になれなかったり、そのまま記憶が薄れてしまったり。

 =普通。良くもなく悪くもなく心動かされることもなく特別な感想もなし吉野家やてんやなんかもこの評価(値段と味のみで評価すれば5なんですが、安さゆえのサービスや、雰囲気は当然日常内で精神的な満足度は低いため、そこに差をつけブログとして平均基準の原器的な意味合いで3としました)。

 は感想そのまんま。そう思ったら2。安くても不味かったりと、貴重な機会や時間を無駄にされると逆に高くついたと思うので、安いとこを選んでいたらいいとならないから難しい。

ハズレ店の大半は書こうとする前に3日もすれば記憶から消え去ってるんですが、「なにか少々残念」なことがあって自分個人がもう二度と訪れることがないというだけなところは、他の投稿に挿絵代わりで混ぜる形で近藤がこれ)織り込んで書いたりしてます。

  最悪、絶対に行って欲しくないとまで思ったところについては食ブログの時にいくつか書いてますが、自分にたまたま起こった事象やその時の出来不出来でよく思えなかったところでも、他の人に同じ事が起こるかどうかはわかりませんし、味覚というものは万人皆同じではないため、まだ行ったことのない人が自分と同じような感想を持つかどうかはわからないのに、自分の一感想でその人の貴重な出会いをつぶしかねないのは本位ではなくという考えで公開を躊躇

したんですが、あらためて「知ってたら絶対来なかったのに・・・」という金ドブハズレ店の多さにゲンナリしまして、限りある人生を無駄にされたとまで思った所に関しては

 「まぁなにかの縁で自分のブログに訪れた人たちには勘弁してもらおう」

と書くことにして、どうせ書くならひとくくりにまとめとくことにしました

思えば食ブログで最初に書いた店も「うまかったがサービス悪いので二度と行かない」でしたし

 基本的には満足して気に入ったとこしか書いてませんし、ごちゃごちゃキモチノワルイ難しい話ではなく「感動するほどおいしかった」かそうじゃなかったか、「また行く」のか行かないかが、自分の明確な判断、評価基準です

 

 もう外に出ることだけでとにかく楽しい、って時期は過ぎ去っているのでその頃みたいにハズレて当然と冒険出来なくなったなーと感じます。貴重な食事の一回、それをわざわざ時間を決めてそれなり以上のお金を払って無駄にされたらと考えてしまうと、無難な選択をしますね(苦笑

評判いいけど行ってみたら「は?」ってなレストランだったり、他のがいいやってホテルを書いた方が役に立つとは思うんですが、下書きしてみたものを誤字脱字チェックがてら読んでみると書いてる時の気分からしてダメなせいでしょけど、まーつまらない

そんな感じで下書き止まりで公開に至らずお蔵入りしてるのが結構あります。投稿間隔空いてしまう理由の一番はこれです。

 

 

 この今、下にある5つ(公開時点)リンクの中で真に5段階評価で1なのは京都の旅館の記事くらいです。(正確には1以下、人生中最低最悪ですが

 近藤は都心によくありがちな「一回行ってみたらもう充分」って感想の店で、感動もなければ特筆する良さもないっていう3~隣の客に自分の肘の気を使わなきゃいけないっていう居心地の悪さから2っていうところ。生まれて初めて食べる本格的な高い天麩羅という人なら4になるかもなーって思いますが、やはり横の客に恵まれず狭さ、詰め込み過ぎが気になれば3でしょう。

 名古屋のホテルは自腹じゃもう二度と泊まらないと思ったので入れましたが、感想的には2。チェックイン時当たったオッサンや清掃状況が最悪なのは事実ですが、それとは別で1泊3万の価値は感じない、その差額分損した気にさせられるホテルだったという評価で、ひつまぶし屋は2ないし3、スカイツリーのレストランは3でもあり4でもあるという「次回は他に」という評価なのですが「ちょっとないわ」という呆れる出来事があったため「二度と行かない」カテゴリに放り込まれてます。

つまるところ「一期一会」という精神を持たない人が接客業についていると不幸を生みますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。