セントレジスホテル大阪 スカイライングランドデラックスツイン

 部屋は良かったです。

自分としてはやっとこ行ったというか、ついに行ったというか、去年予約をキャンセルした時には「ここには一生泊まることないのかもな・・・」と思ったほどだっただけに余計。

それでも泊まるに至ったのは、今のとこ完璧なホテルが大阪で見つかっていないため。

天王寺のマリオット都はかなりのお気に入りで今回は1室だけ38㎡の部屋が空いていたんですが、去年夏の分を取り戻すべく食いたおす計画上、今まで二回泊まって二回とも腰を痛めているどうも自分に合っていない硬さのベッドが不安で他を探しました。

そしてもう一理由、立地でということなんですが、ホテルを中心に行動するタイプなため新たな行動範囲を求め新しいホテルを求めました。

 結果としてこの2点においてはセントレジス、好判断でした。

 

 まず「スカイライン」というのはビューというかフロアの設定で、24~26階をそう呼称し特別階として差別化を図っているようですが、クラブフロアのような特典は一切ないようですし、部屋が特別階仕様ということでもないと聞きました。

予約サイトではこの階の部屋にデザートブッフェとバーでのフリードリンクをつけたものをその分の料金を足した金額で売ったりしているのですが、自分でそれぞれの予約を取って利用した時と料金が違うわけでも、提供される内容に違いがあるわけでもないため無意味な押し売りと変わらず、そもそも26階と23階の差に大した価値があるとは思えませんし、そんな言われないとわからないような違いしかないもののためにわざわざ選ぶ必要も価値もあるとは思いません。

IMG_2051 (Large)

 ホームページには予約サイトのそれとは違う統一されてない部屋名称が書かれていて戸惑いました。「スカイライン」にあたる24~26階の部屋では「プリミエ」または「プレミア」は付いていませんが、グランドデラックスプレミアツインと同じ部屋です。

去年見た時は確か「プリミエ」だったと思うんですが、現在HPの表記は「プレミア」。

過去に何度か泊まろうとして(スカイラインでない)グランドデラックスプレミアツインを予約していたこともあったため、泊まったことはないけれど見慣れている感覚のある46平米の部屋。

角部屋にあたるグランドデラックスプレミアツインはビューバスの部屋で、以前ホテルとやりとりさせてもらった話では角部屋のプレミアに1ベッドの設定はなく全てツインで、1ベッドでビューバスの部屋はスイートを除いて「ない」と聞きました。

f左側が南、右側が北、上が西で下が東

 四つの角全てにプレミアの部屋があるようなので、方角は選べます。

北東(#〇〇07)と南西(#〇〇16)の部屋を見ましたが、マリオット都でも感じたことで夜景は北側、大阪駅の方が若干賑やかに見える。

反対の南側にはハルカスや通天閣が見えるからどこの角の部屋でもいいと思っていたのですが、南側の部屋は避けた方がいいというのが行って「見比べてみた後」の答えで、それは南側は真下(真横)に高速道路が通っていて、そこを通る車の音がかなり耳障りだったため。

結露のなかった窓なので二重のサッシかそれなりの遮音効果のある窓だとは思うんですが、自分には気になりましたので、出来るだけ静かな部屋を希望される方は「北側の」というリクエストを忘れずに。

 今回宿泊してる部屋は北東の#〇〇07の部屋です。眺めだけに拘るのであれば窓の大きいマリオット都の方に軍配を上げます。

IMG_2053 (Large)

 数字(46㎡)としてそこそこの広さがある部屋ですが特別「広い」とは感じません。

撮ってきた写真を見ても思いますが、パッと部屋に入っての第一印象だと仙台のウェスティンより狭いなと思いましたし。

その理由はトイレ・フロ・シャワー・洗面と言った水回りとクローゼット、それにドアから部屋までの通路部分に結構な面積が割かれているからでしょうね。

IMG_2055 (Large)

悪い印象として言っているのではなく、水回りを除いた部屋部分はこれくらいの広さでまとまっている方が使いやすく感じるので、圧倒されるようなだだっ広さを見せられるよりも全然良く思っていて好印象だった点です。

 目当てのお風呂は窓枠が浴槽のフチより下にある造りで花丸。

IMG_2061 (Large)

シャワーブースの扉の開きが浴槽側でないので、遠回りの床を濡らす造りが好かない。

トイレの開きも同様で逆のが使い勝手いいと思うんですけどね。シャワー⇔浴槽、部屋⇔トイレ、ともに開けた扉を避けるような動線を強いられるのはかなり不便。

仮に逆でも勢いよく180度開けるものではないと自分は思うのですが、まあガラス扉同士の接触を避けたためと考え使っていましたが、やはり床はビシャビシャに。

IMG_2057 (Large)

 浴槽の壁にかかっているタオルより、洗面下に置いてあるタオルがとても大きくて良く、バスローブも肌に触れる部分だけタオル地になっていて重くなく、リネン類の印象がとても良かったです。

 

 冒頭、部屋「は」と書きましたが、部屋と立地にベッドの硬さはとても好みでした。

「は」の話は次以降に回すとして、部屋でも気になった点がいくつかあって、それらを見た時に「ああやっぱりそういう感じの(扱いする)ホテルなんだなぁ・・・」と思って残念な気分になりました。

この写真は洗面台下の木の部分(ピントが他に行ってますが)なんですが、なぜこんなとこがここまで傷だらけになるのか全然わからなくて、そして結構フロに入っている目線だと目立つのに補修を一切していない感じがとても気になりました。

他、ソファーの後ろの壁、ちょうど頭が当たる位置の壁紙に染み。濡れたままの頭で寄りかかってテレビを見ていたらこんなことになるんでしょうけど、それも放置したまんまに写った。

気にされてるのか目に入ってないのかわかりませんけど、まあ少なくとも「セントレジスの特別階の角部屋」でほったらかされてて気分のいいもんではないよなぁと思いましたし、一事が万事こんな感じの雑さ、いい加減な姿勢の現れに見えてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。