大阪マリオット都ホテル レギュラーフロア プレミアムコーナーキング 其ノ壱

前回より1年半ぶりなんですが、なぜか2014年の夏以来の2年半ぶりの感覚のが強い。

IMG_220032 (Large)

とりあえずインターコンチネンタル大阪(ロビー階まで行かずエレベーター前までですが)では上がらなかった気分が、(19階のエレベーターを降りた時もう暗くなっていて夜景効果のおかげか)

 おおーやっぱ新しいホテルは新しいホテルでいいなー

とわかりやすいつかみだけれども、グッとつかまれる。

天井高く窓が大きいロビーで部屋への期待が高まり楽しみになりました。

希望しているビューバスの部屋はプレミアムコーナーツインとプレミアムコーナーキング(ジュニアスイートもビューバスですが、好きな造り(間取り)ではないので除外)。

IMG_101045 (Large)

公式HPと予約仲介サイトからの情報を読み解くに、部屋のある位置(角)によって部屋の大きさが違っていて、#○○21の部屋がツイン42㎡、#○○23の部屋がキング51㎡で、間にある#○○22の部屋がジュニアスイートになってるんだと思います。

(注 フロントデスクで受けた説明とは異なっていたので違うのかも知れません

広すぎる部屋だとテレビやコンセントが遠く使い勝手の悪さを感じるため、42平米の「(コーナー)ツインの部屋ありますか?」と尋ねたのですが、キングの予約からかコーナーキングの部屋まで探してくれたみたいで、その気持ちを買わせてもらいコーナーキングにしました。

 「どことなく」なんですが、どこかのホテルを思い出させる感じが各所に在る。

そう思ったのはロビー部屋への通路、部屋の扉を開けた瞬間(下の写真)

CIMG2606 (Large)

部屋に足を踏み入れて気が向いたのは、部屋の広さと眺めでした。

景色、この時は夜景ですが、エレベーターを降りたところや、ロビーを通ればイヤでも目に入りますから慣れてしまって部屋へ入っての感動はないかなと思っていましたが、20階ちょい上になっただけでもやはり19階から見る感じとは全然違う。

 部屋の感じは公式HPの360度見られるようになっていたやつまんまで、事前にきちんと選んでしまった弊害だと思っていますし、どこのホテルの公式HPも部屋の写真が少ないのはこのためだと思っている「最初の感動の目減り」が発生しちゃって写真撮るのもアッサリ目。

CIMG2607 (Large)

上の写真、コンデジの1枚ですがかなり明るく撮れてます。

今回久々(気合を入れて)デジイチにコンデジまで持って出て、勿論デジタル画像なので後から補正は出来るんですが、なるべく加工をせずに撮れたままで掲載しようが標語で、これしようとするとスマホが一番、何もせずとも肉眼で見てるのと近い感じに補正したのを出力してくれる。

IMG_193724 (Large)

これらの(上1枚に下2枚)写真がスマホで撮ったもので、肉眼だとこれくらいの見え方。

IMG_193644 (Large)

高層、角部屋と同じですが、やっぱり東京のシャングリラホテルに似てます。

初日にチョロっとテレビをつけて見てみましたが、やっぱり遠いもんは遠い。

IMG_193805 (Large)

見づらいとまでは思いませんけど、ベッドから寝ながら見るには遠すぎてつける気にならなかった。

部屋に居る時はほぼ風呂にノートパソコン持ち込んで漬かっていたので、気になる点ではないんですが、とにかく広すぎな部屋。

ビューバス目的なんで余計にそう思うんでしょう、もっと浴室部分に割いてくれていいのにと。

IMGP6464 (Large)

この部屋で一つ残念なこと。バスアメニティがTHANNだったのはいいんですが、

 

中国製  

 

THANNてメーカーに中華系のニオイはしてたけどメイドインタイランドだとばかり思ってたのでガッカリ。

口に入れるモノとこういう聞いた事のない薬品?みたいなモノを配合して作るモノの中国製、産は全くありがたみなんかなく嬉かないし、香港や中国のホテルなら理解もしますが、コストカット以外に中国が製造国なものを輸入してまで置いてる理由がわかんないからものすごく萎えました。

IMGP6469 (Large)

一番上の夜景はアイキャッチでかなり明るい画像を使いましたが、実際はこれくらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。