THE THOUSAND KYOTO デラックス(コーナー)ダブル

 期待外れ。

けして「悪かった」という事ではないのですが、かつて(コロナ禍前)の宿泊料から想像していた水準にはとてもじゃないけど及んでいなかった

 ガッカリした点を羅列しますと

  • 窓が汚すぎる(高層でもないのに)
  • 入浴剤がない(部屋になければないですwというような言われ方も哀)
  • 洗い場あるのに排水栓がある
  • 大浴場の利用料が高い(エルシエント大阪宿泊後だとそうとしか思わない)
  • 二日続けて全く同じ朝食(献立が一切変わらず)

 上の画像の、よく見るこのホテルの象徴的な階段、の反対側にフロントデスクがあるのですが、ホテル入口からここに至るまでこういう風になってたのかと、知って、見てしまった後になるとややちゃち感じたんですよね・・・。写真で見てた程の圧迫感、荘厳さみたいなものは全くなくて「アレ?」って。

 そしてチェックインに向かうわけなんですが、ここでも再びの「アレ?」。

 宿泊一月前から直前まで宿泊予定の者だと名乗って部屋の眺めや特典についてメール、電話で問い合わせをしてたんですが、その返答からしてどこかちぐはぐで的を射ておらず、そこで感じた不安と良くない印象は結局最後まで挽回されることはなくて、チェックインではそのやりとりしていたあれこれについて何一つ触れられず( ^ω^)・・・。

思い返せばここら辺から所謂「外資」のサービスとは違って流されまくりでした。外資のホテルチェーンなら何かしてきてもおかしくない場面で何もしてこず、よく言われている外資の良さに対して内資?の物足りなさがあるのは確かで、ここのせいで今後敬遠すべき点として危険視するようになってしまった。

 ホテル入って部屋まではそれなりのホテルの感じがありました。

 部屋としては(公式ホームページの)プレミアツインにあるような食事のしやすいテーブルがある部屋の方が好みだったんですが、地図を見るとホテルの東側にお寺があって、そちら側の部屋なら目の前のビルビューとはならず、(大したことはなくても)眺めのある部屋になるんじゃないか?と問い合わせた結果、デラックスルームに。

 上の画像の左側が東になり、#05から#14まで「現時点で」開けた眺めのある部屋で、この部屋は左下角の末尾#14の部屋になります。

ちなみに「現時点」でというのは後の写真で出てきますが、目の前に今大学を建設中だそうで、何階建てになるのか知りませんが、まぁそういうことです。

 部屋の扉を開けての最初に目に入るのが上の写真。

角部屋、ですがこちらの面にあるのはこの小さな窓「だけ」なんです・・・。

 そして右を向いたのが上の写真で、左にチラっと見えているのが洗面台で、右手側に手前からトイレ、フロになってます。

 ふろが左側だったら・・・ビューバスに出来たんじゃないの?

って思いません?

自分はそう思ったんですよね。うーん・・・。

たまに出くわしてますが、なんなんでしょうねこの洗い場付きなのに溢れ防止の排水栓が切ってある仕様は。

 質感は写真のとおり。

 公式ホームページによるとこの部屋は一応角部屋のため「デラックス・コーナー・ダブルルーム」で、ただのデラックスダブルルームとは違うよう。

 42平米と書いてあった部屋は久々なせいかとても広く感じて、一人で泊まるには充分な広さ。

 天候に恵まれたので(予報では荒天)籠もってドラマを見ることにはなりませんでしたが、そういう向きの部屋ではないですね。テレビが小さく見える。

 目の前に大学が出来るまでの限定かもしれませんが、京都でこれだけの眺めがあるのは貴重だと思って見てました。

 電車や新幹線が見えるので音は聞こえます。全く気にならなかったけど。

 冒頭箇条書きしたガッカリした点の詳細についてはひとまず次投稿に分けたいと思います。

そうと知って「え?キャンセルしようかな・・・」というくらいイヤな疑心が湧きましたが、所詮京阪グループと言わざるを得ない低い満足度でした。

 追記

 チェックアウト後隣のホテルを覗きに行きましたが(2階がつながってる)、その隣のホテルのが自分的には高級感を感じ・・・。

ロビー部分しか見ていませんけどちょうど欲していた重厚感が漂っていて大変好みっぽい予感が。

国内のホテルじゃあまり(断られることも少なくないので)してませんが、やっぱり事前にわざわざそこまで行くんじゃないにしても気になってたホテルくらいは前を通った際に下見させてもらうべきですね。

ただ下見で表面だけを見ても今回感じたような点は気づけないでしょうから、同系列じゃそっちへ泊っていても同様の事(こっちにしとけばよかった・・・)になってるかもしれませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。