たこ焼き わなか・大たこ・十八番

 大阪で食事をしてから移動する予定でマリオット都のZKに行きかかったんですが、10月のランチメニューは食べられない感じのもので今回も断念。

 とりあえずなんばまで出ることにしたんですが、ホテルから淀屋橋駅まで歩いていたら立派な大阪市役所。

初めて通るはずなのになんとなく見覚えがあると思ったらちょっと前にテレビで特集されているのを見たかき広さんの看板を見つけて「おぉw」となって思わず写真を撮りました。

 とりあえず踊りだこを食べようと店の前まで行ってみれば、道頓堀店法善寺店ともにやってるはずなのにどちらもコロナのせいかやっていなかった。

 でしかたなく「そのうち行くリスト」の中にあったたこ焼道楽わなかへ。

感想、なんかよくわかんなかったです。特になし。

何かが悪かったわけじゃないけど良さがぜんぜんなくて、関東で食べてもたこ焼きってこんなもんだよねという感じのもので、ここはもうなし。店内奥にヌルいけれど冷水機があるのはありがたい。

 せっかくなので大阪にしかない味を。と思って探しているんですが、出されるものを食べるつもりでいたから気分に合うものが結局見つからない。

 閉業してしまったづぼらやを見ては後悔したり。

 大阪へ来て新梅田食堂街のきじや道頓堀の千房の前を通ると毎回、粉もの、お好み焼きは必ず食べたいと思っているのに、いざ食事時となるとなんか重そうに思えて食べるに至ってない。

 金龍ラーメンもなかなか気分じゃなくって本店前で折り返して40分ほどウロウロ彷徨い、もっかい串かつ(だるま)でもいっかと思い始めたので追いたこ焼きをすることに。

どこにしようかと3店は見える位置から見比べて、「日本一」の文字が常に気にはなっていた本家大たこへ。

 今回の3店の中じゃここのが一番「らしく」てまあまあ。ソースに特長。

店員のニーちゃんたちの愛想がよかったところが(他の二店も悪かったわけじゃないです)良かった。

中に飲み物の自販機あるのもやさしい仕様。

たこ焼だけじゃなくイカ焼やお好み焼き、串カツまであるのを見て、たこ焼食べずにそっちにしたら丁度良かったなぁと後の祭り

 回転寿司と同じく、量を加減(店も変えれる)出来るのがたこ焼きの利点と思っていて、食べ歩き向きだと思ってます。

時間的に「もう食事はいいや京都へ移動しちゃおう」そして京都でなんか食べたらいっかという気分になってましたが、6個にしたのがイマイチ物足りなくて、かといってお好み焼きや串カツといったソース物を追加する気にはなれ、食い倒れるつもりでたこ焼きでもう一店行くことに。

近くにトリュフたこ焼きといった変わりたこ焼きがあったので、そっちもありだと味変も考え探していると、あの塩たこ焼きの十八番が目に入りました。

  …。懲りずにあの時の味が今回こそ来るかと再び。

 不味くはなかったんですけど、やっぱりあの最初の感動したほどの味には程遠く・・・。

 なんだったんだろあれ?お腹が激烈空いてたわけでもなかったはずだけど。

 

 前回と違って今回の3店舗はハズレでしたね。

と言うのも思ってしまったのが、銀だこ高いし別に好きじゃないんだけど、今回行ったこれら3店、どこも銀だこに負けてるんじゃ・・・というのが正直な感想だったので。カレーのココイチなんかもそうで、店舗の数は伊達じゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。