たこ焼き 踊りだこ・赤鬼・甲賀流

 宿泊先をセントレジスにしたので、近くの今まで下調べしておいたところ巡りへ。

 まずは踊りだこ。

IMG_2035 (Large)

安定の満足度。

前回食べた泳ぎたこ焼きがウマかったのでなくなってたのは残念でした。素の4個500円もいい値段ですけど、4個で600円は高過ぎってことだったんですかね。

IMG_2037 (Large)

タコが「大きい」「小さい」ではなく丸ごと一匹入ってる旨さに近くを通ればかかさず食べてます。

ちなみにおいしいと思っていた塩で食べる十八番、帰りに買って帰ろうと思っていたんですがそのまま忘れて帰りました。その場で買わなかった理由としては10個もいらないンすよねぇ・・・、4個なら買いやすくていいんですけどね300円でいいから。

 

 次、道頓堀赤鬼。

IMG_2108 (Large)

たこ焼きを頼もうと品書きを見たら「人気NO.1」の文字に目に入ったんですが、この「ちゃぷちゃぷ」よく見なくとも上の踊りだこで食べられなかった出汁にひたったたこ焼きだとわかったのでそれにしました。6個500円。

 出汁、三つ葉、柚子、間違いのない組み合わせ。

IMG_2110 (Large)

気温が低かったので、余計こういうあたたかい汁もののありがたみもありました。おいしかった。ただたこ焼き単体では味わえていないので、次回は普通のたこ焼きも食べに来ようと思います。

 

 そして最後は甲賀流の本店。

IMG_2115 (Large)

 初アメ村の見覚え(画面で)のある絵面にやや上がる。

ねぎやポンにはすっごい惹かれてたんですが、「王道」のソースマヨに。10個450円。

IMG_2118 (Large)

ソースがスパイシーで独特ですね。持ち帰りにして食べたのでその場で食べるよりも何枚も落ちていると思いますが、なるほどなるほど、これもまた次回こそ買ったその場で食べてみたい。

 

 しかしどの店も500円前後の値段設定で、4~5個で300円っていう商売は面倒なんですかねえ。

地元の人にとってはハシゴをするものじゃないのかもしれませんが、あちこちの店舗を食べ比べてみたいと思う身としては、たこ焼きの玉数があるとお腹がキツくて一気に何店舗も回ることが出来ないのが歯がゆい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。