32 パタヤ アマリオーキッドパタヤ ジュニアスイートオーシャンビュー 其ノ壱(現 アマリパタヤ グランドデラックスオーシャンビュー)

 今回の旅行の中では一番かな。と思ったのがここ。

 2018年追記。現在はホテル名がアマリオーシャンパタヤに変わっており一部予約サイトではジュニアスイートでも販売されていましたが、ホテルの公式ホームページを見るとグランドデラックスオーシャンビューが同じ部屋だと思われます。なおクラブラウンジへのアクセスはつかなくなった模様ですが、その分自分が泊った時と比べ6000円は安く、49㎡の一番安い部屋とも4500円しか違いません。

 

 ビーチ沿いにあるオーシャンタワーウィングのエントランスの方を裏と言ったのは、ビーチロード起点の噴水の所からすぐのガーデンウイングの方が正面に見えたから。


広々とした駐車場と車寄せがあり、
似ていると浮かんだのはゴルフ場のクラブハウス。

ガーデンウイングは建物が(確か)4階建てで比較的安目の24~32平米の部屋が中心のようで、いかにも南国のリゾートという感じのロビーが天井抑え目で広くとられており印象的。

IMGP5559 (Large)
(オーシャンタワーウイング)

オーシャンタワーの方は縦方向、天井が高く上品な、いかにもシティホテルといった趣のロビーで確か20階建て。部屋は49平米からになっており、質感も高い割りに部屋代は広さ同様ガーデンの1.5倍程度でお得な感じでした。

 まったく趣の違う二つのホテルが真ん中の庭とプールを共有している

と考えた方が方がしっくりきます、棟は別だし。

 

 デラックスガーデン、デラックスタワー、デラックスオーシャンビュールーム。

この3つの部屋の料金差が4000円とアマリ差がないにもかかわらず(早割りだと1500円しか違わない)、部屋の広さ以外の印象も全く違うので、いっそ分けてくれた方がわかりやすい(ほどなくして分かれたようで、現在はアマリオーシャンパタヤとガーデンパタヤになってます)(さらにそのガーデンパタヤは営業を終了。2018年時点でスイートのみのホテルに生まれ変わり中)。

IMGP5516 (Large)

 オーシャンタワーのロビーで高級感を感じてますが、部屋までも想像以上に高級感ありました。

というのも一番安い部屋だと一万円台前半からだったので日本での4つ星ホテルあたりを想像して行ってたんですが、5つ星と言えるくらいな空気がありました。

IMGP5561 (Large)

 突き当たりの末尾00番が今回泊まった部屋ジュニアスイートオーシャンビュー。

IMGP4777 (Large)

 ドアを開ければ目に飛び込んでくるのがこの眺めですから。

 「おぉぉぉぉぉ」っという感じで一気に持っていかれました。

 角にあるテレビの横から部屋の入り口(上の写真の対角)を見ても

IMGP4737 (Large)

写真のように結構こじんまりして見えるんですが、ホテルのHPを見ると63平米。

 「狭い」と思ったことはありませんでしたが、そんなに広い部屋だとも思っていなかったというのが実感で。

IMGP4794 (Large)

 そしてそして自分として大事だった点(気になった)が以下。

IMGP4825 (Large)

 泊まった部屋は上のフロア図で右下の角。

右側が海で、下側がプールや中庭、ガーデン棟のある北になってます(上が南)。

 右上の角部屋、末尾01番の部屋も同じジュニアスイートオーシャンビューの部屋になると思うんです、確実に一方の窓は隣にあるホリデーインが目に入るホリデーインビュー。

IMGP4786 (Large)

 この部屋からは上の写真のように見ようとしない限り視角に入ってきません(長方形の部屋ではないため角に立てば見ることが出来ていますが)


01番の部屋は若干配置や造りが違うのかもしれません。ですが南側に
窓があるならばホリデーインの客室が見え気になりますよね、向こうからの視線があるなしに関わらず。

なので、自分が次回また同じカテゴリーの部屋を予約するならば、必ず00番の部屋ということを指定します。

と片方見てないで言っちゃいますが、どちらか選べるなら間違いなくこちら(00)がいいと思います。

 

 部屋を見せてもらいに行った時、建物中層に位置するこの部屋しか空いてないとのことでしたが幸運でした。

というのも高層階からの眺めだと単に遠くまで見通せる、だったり眺めはいいのですが空の水色と海の水色があるだけで人や波も小さすぎて変化に乏しく、海面に近い方が眺めに迫力、臨場感と言ったらいいんですかね、があることに気づかされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。