31 パタヤ アマリオーキッドパタヤへ

 とりあえず一番安い部屋で予約をしておいて、チェックイン時空きがあれば差額を払い本来希望する部屋や提案された条件良い部屋に替えてもらう。

埋まってしまってればそんな運命だと諦めつけやすく、ダメ元でよくやります。

 

スーペリアとジュニアスイート(オーシャンビュー)、宿泊料金の差がおおざっぱに税抜き8000円と24000円で約3倍。

っつーことは単純計算でジュニアスイート1泊分にてスーペリアに3泊泊まれる。

ヒルトンのアウトバスが頭にあるので既に値段の問題ではなく、角部屋だとか部屋の条件がよければ(ビューバスだの)そちらの方を重視する体勢になってます。

 

予約サイトの写真じゃ詳細伝わってこず。

 バルコニーかテラスありって書いてあるだけで肝心の写真がないし・・・

ま、近いんで実際見に行った方が早いし楽だなと思ってチェックアウトする前に見に行かせてもらうことにしました。

一応行く前にどちらの部屋も予約が入る状態(空きがある)なのは確認済み。

 一応裏手になるんですかね?

タワーウイングという方の建物へテクテク歩いて行くんですが、そこまでの緑部分が十二分に手入れされていてすごい綺麗。

 あれ?これもしかしてすっごい上等なんじゃ・・・。

と期待してロビーへ向かいましたら、天井高いし、明るいし高級感あり。

「部屋を見せて欲しいのですが」と言えば快諾され一安心(ここでめんどくさがられるようなら、予約どおりの部屋に1~2泊で移動したと思います。予約していなかったらそこで終わりでそういうホテルに泊まることはありません)

 

一目ぼれでした。

IMGP4710 (Large)

 あぁ、こういうのがビーチ沿いに泊まる醍醐味だなっていう明るい部屋。

初めてな間取りの部屋で、まーとにかく新鮮で驚けた。

 なんて開放的な部屋だろう。

反動ですね完全に、前泊の(笑。

前泊がなんとなく暗く閉じ込められたような印象の夜だったので(実際の昼間は明るかったし、狭くもないし、暗いのはバスルームと夜の間くらいでしたが)実に明るく心地よく感じてしまった。

 

 やっぱ海そば来たのなら海の見えるこういう部屋に泊まらないとダメですよね。

IMGP4790 (Large)

そしてクチコミにかかれてたとおり、綺麗で大きいプールが中庭にある。

 

ヒルトンはヒルトンで確かにゴージャスな感じがして、高級そうというか格調高い感じがあちこちでしてて、夜が似合うホテルだなっていう印象でしたがこちらもこちらで負けてない。

 

 こちらはすっごい太陽が似合うホテルという印象。

 

あまり広い部屋は必要ないですし、ジュニアスイートっていうのもその意味でひっかかってた部分だったんですが、もうこの部屋しかなかったですね。

この部屋泊まる運命だったんだなーと思ってしまったくらい。

他の部分も、自分にはちょうどいい感じのこぶりなバルコニーがあって部屋に居ながら外の空気も吸えるし、緑の多い中庭の眺めも良い。さらにはシャワーブースあってレインシャワーもあるし、もう言うことなかったです。

 

と、もう既にオーシャンビューのジュニアスイートに替えてもらうつもりになってましたが、せっかく鍵も用意してもらってましたので、別棟にある予約していたスーペリアも見せてもらいました。

 ロビー前のカートに乗り込んでガーデンウイングという4階建て?の建物の方へ。

先に見た部屋の印象が強いので、どうしても窓は小さく、部屋は狭く見えます。けれど、こちらも充分明るく清潔感あふれた綺麗な部屋で。

IMGP4712 (Large)

パタヤ初日がこの部屋だったら充分満足してたでしょうねー。どちらに泊まっていてもプールは使い放題なわけですし。
ガーデンの方の1ベッドスイートには広いテラスがあって魅力的だし。

IMGP4714 (Large)
タイのホテル泊まってるとたまにみかけるこのタオルアート?すばらしいものありますよねw

ここはいろんな趣の部屋があってどんな好みでも楽しめそうで、めちゃくちゃいいホテルでした。

 

 2018年追記

 ほどなくアマリオーシャンパタヤとアマリガーデンパタヤに分かれたアマリオーキッドパタヤでしたが、2017年の4月でアマリガーデンパタヤの方は営業を終了して現在は全室スイートのホテルに改築中のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。