かにチャーハンの店 渋谷店

 引導二発目、ここも好きで2005~6年の頃はよく行ってたんですけどね、本店にも行ったし。

 以前の投稿で「行ける(お金を払って食べる価値のある)のは渋谷店だけ」と書きましたが、残念な事ですがここもそうではなくなりました。

 最近来てなかったからはっきりといくらだったかは覚えてないけれど、以前はこんな「ほぼ1000円」みたいな価格じゃーなかったのは確か。

その以前の安かったチャーハンだとこんなはっきりとした蟹肉なんかなくて値段の差は理解できるんでいいんですが、ただ「上に乗っかってる」だけなんですよねコレ。

冷たいのが。

 冷たいのが乗っかってくるのは横浜店で経験してたんでもう驚けませんでした。

 「ああここもオワリか。。。(全滅)」って感じでしたね。

 そう言えばいつの間にか「炒飯にキュウリ???」っていう価値観をひっくり返してくれ食感に良い変化をもたらしてくれてたキュウリが入らなくなってたし、皿替わってからどの店もダメになった気がする。

 ホント2005年だか初めて食べた時から数年は感動するほどパラパラチャーハンで、たかが炒飯だけども確実に本場の料理人が文字通り振るって「プロが作る炒飯」を食べられてる感覚があった。

なのに・・・。まーホント悲しいです。マズいとまでは言いませんがさすがにあの程度の炒飯じゃ他にいくらでも行くべき店があります。

 駅の方から歩いてくると交番のところに兆楽って街中華が目に入ると思うんですが、テレビの影響から食事時外した時間帯でも並びが出来るほどの人気具合なようで、同じく行列が出来てた頃のかにチャーハンの店にはもう戻らないでしょうから、そっちで食べてもいいかもしれませんね話のネタになる分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です