ベッド ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

これが・・・ま・・・た・・・

ホテルのこと同様、見事に覚えてない(苦笑

マットレスはシモンズらしい

CIMG0651 (Large)

シモンズって書いてない生地初めてかな

パッと見ちょい薄

京都のハイアットで見たのと同じ、中綿つかウレタン層のない生地直に見える(こちら2枚京都の)

このリンクの写真は横浜はベイホテル東急のマットレスなんですが、見比べると上下とも、フチよりのかがってる部分からの盛り上がりに目に見えて差があり、同じメーカーのマットレスでもホテルによって微妙に注文が違っていて色々な仕様があるのを見てとれます

 1泊数千円のビジネスホテルでもシモンズのマットレスを使ってるとこは結構あるので、(居室の面積でだいぶ違うため一概に言うとおかしくなりますが)眠りに対して疎かにすることなく一定以上の質は提供してるのか、はたまた見えない部分と割り切って手を抜いてしまっているのか、と目に見えるコストの差以上の、宿泊費也のものなのかと、数年前wi-fiが有料か無料かと同じように、ホテルが「サービス」というものをどう考えてるかが表れてる部分だと思ってます

 
ホテルのマットレスならではでおもしろいなと思ったのは

CIMG0652 (Large)

上下裏表にこうやって仕様面(月)をわかるようにしてあるところ

3ヶ月ごとにきちんとローテーションされてるのが一発でわかります

CIMG0653 (Large)

それにしても硬さとか寝心地を全く覚えていないんだけど、これを見ると硬めというか、普通

まぁ・・・詳しくは次回・・・だな(マットレスに力を入れて入れ替えた模様

宿泊から時間が経ってるせいじゃなく、部屋に居る時間、ベットの上に居た時間が少なかった。と思いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。