1 台北 LCC

直前だと席が取れないもんですね

一昔前、タイで購入した復路便の予約をしていた時はどんな日でも取れてたので少々戸惑い

翌日の飛行機を予約しようとしても、出てくるのは中国なんちゃら航空とかそんなのばかりで、申し訳ないが乗る気がしない

第一希望としてはマイルの貯めれるキャセイの台北便がありましたが、3日間くらい空きがない

次点でチャイナエアラインの羽田往復がよかったんで電話してまであれこれ聞いてたんですが

まず、自分で羽田-台北間の往復と、台北-バンコク間の往復をウェブにて予約しようとすると約10万円くらいでした

これを電話で、台北でストップオーバーする形(羽田-バンコク-台北-羽田)で聞けば14万ちょいと言われた

乗る便は一緒なんですよ。全く一緒

Webから途中降機での予約が通らないようで表示されなかったので(上記のように羽田間とバンコク間で別々に見ると席に空きはあるので予約は出来る状態)わざわざ電話して出来ない予約なのかと確認させてもらったんですが、普通に出来る模様(当然ですが)

ただ、昔で言う1枚綴りの航空券にしようとするとなぜか余計な金を取られるという不可解さ

昔JRで途中の駅で降りると数十円安くなるという話ありましたが・・・

まったくわけわかりませんでした

降りることの出来ない航空券から、降りれる航空券に変えるというのでもなく別々に買った方が安くなるなんて

思わず「羽田台北間と、台北バンコク間、別々に手配したら足して10万くらいだったんですが、なんで同じ便を通しにしたらそんなに高くなるんですか?」って聞きましたら

  「ご自分でそうなされるのはご自由ですが・・・」

 何か問題(不都合)でもあるんすか・・・?

ちなみに予約が直前すぎて席の空きが少なくなって高くなってるとかではないです、全く同日同時刻の便、全て同じ便での話なので

 

と、こんなことをしていたらどんどん時間は経っていて、もう翌日に出る気は失せていて・・・

もう乗りたくない会社で行くか、早朝とか、乗り継ぎとかそういう便しかないのか・・・

と自棄気味になりスカイスキャナーで目的地「全て」で検索すれば成田からだけどちょうどいい時間(昼過ぎ)に台北行きがある!

Scoot?

たまに検索してて見てた文字でしたが、この時まで航空会社の名前だと思っておらず、○○Sみたいな仲介業者の社名だと思ってました

調べてみると、シンガポールエアライン子会社のLCCとのこと

IMG_4064 (Large)

LCCには興味があって(どれだけ狭いのか、耐えられる程度なのかと)一度乗って見たかったのでこのタイミングは「縁」かな、といつもの都合の良い解釈をすることに(笑

行きはちょうど希望くらいの時間でしたが、帰りの便がめちゃくちゃ早朝・・・(6:35

えーと・・・2時間前にチェックインてことは3時半には移動を開始して・・・てことは2時起き?

さすがに復路は別の会社の便でと考えましたが、逆に寝ないで空港行ってしまえばいいのでは?とか、午前中の帰国でそのあと1日ゆっくり使えるのはアリだなとか、利点が見えてきて

もう航空券の予約、手配のめんどくささがイヤになっててこのまま往復買う楽さに負けました

行く前から疲れてちゃしょうがないし、こんだけ不便な便なら多少席が狭くとも空いていて耐えられるんではないだろうかという気休めな考えもして。。。

窓側、通路側というようなのも席指定となり座席指定料を取られたので、往復指定することにして往復で約25000円

翌日の便、24時間切ってての予約、(ありませんが)発券までをこれだけスムースに自分だけで片つくのはすごい楽だなという感想でした。映画の席を携帯から予約するのと同程度の手間

復路が早朝過ぎるという問題はあるものの、往路は好みの時間だし、成田だという点を考えても手荷物のみで思い立ったら行けるという気軽さを重視する自分には有用に思え

乗ってみた後の感想は、機体は綺麗でシートピッチも数時間ならば前後、隣人に恵まれたらほぼ気にならない

IMG_4340 (Large)

1000円ちょっと追加で払う前のほうの黄色いシートだと、普通の航空会社のエコノミーより広く感じましたし、チャイナエアラインの台北行きビジネスクラスより間違いなく空いている

もう一度乗るか?と問われたら、成田なので進んで選ぶことはないと思いますが、これが羽田-台北松山だったらとは思うところ。そして今回のように前日で選択肢がない状況では充分ある

それくらい簡素化して一切のサービスなくしたフライトは煩わしさがなく思いのほか快適でした

 

スクートでの復路、空港までの足で悩まれてる方、こちらに自分なりの考察を書いてますんで踏み台にしてやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。