天婦羅 ほり川 ニューオータニへ

この日は滞在先にありきの「ホテルでの時間を楽しむため」の宿泊

 当然「食事」を一番の楽しみに据えての選択です。

この週どこかでなんとなく焼き鳥が食べたくなり、行こうとしてましたが週末ニューオータニへの宿泊があり、そしてニューオータニには伊勢廣が入ってる

 控えました(笑

ここのアーケード街自体、天井の低さに懐かしさを感じ大好きなんですが、伊勢廣のお店の感じも実に好みで「早めに出てチェックイン前にランチで食おうか」なんて考えたりしてました。

そして晩飯はどうするか

 「最近天婦羅食ってないな」

予定がないので、いっくらでも好きな所へ行けますからまず築地にある「なかがわ」へ席が取れるか電話をすると、たしか水曜にかけたんですが週内一杯とのこと

同じ築地にある清壽や、近場の楽亭、みかわ(茅場町含め)辺りは浮かびましたが、ただこの時は行ったことある所へ再訪するんじゃなく新たなお店を開拓したい気分

用事もなく、全く出歩く予定のない滞在だったからでしょうね。なんかちょっと冒険したい

 しかし結局他いい店も見つからず。そして当日

早出してのランチはやめて夕食に軽く焼き鳥、そして夜食になにかルームサービスを頼めばいいか、という流れから伊勢廣ではなく2日前に行こうかなと考えたザ・プリンスパークタワー東京の「とり芝」へ行ってみることにしました

 少々遠いですが

で、まぁ外見たら雨が降ってて

。。。

 「席取れっかなー?」と出向く前に電話してみると、案の定一杯との返答

 さてさて。

気分こそ焼き鳥だったものの、これで伊勢廣に戻るのはつまらないし気持ちは新規開拓。伊勢廣(焼き鳥)ならば翌ランチでも行くことはできると考え、レストラン一覧をざっとながめる。

 

 天婦羅屋があるのは知ってました。前回来た時にもざっと目は通してましたので

ただこの「ホテルの天婦羅屋」というのがどうにも。。。

 というのも、奇しくもザ・プリンスパークタワーにある「天芝」さんへ伺った際、別に不味かったとかではないんですが、ちょっと「???」な出来事にぶち当たりまして

それが初めてホテルにある天婦羅屋の利用で、それ以後敬遠というか利用する意味がないなという結論に至ってました

 

 なぜかというと基本は割高

かつサービス普通、味も抜きん出たものなく普通であるならば、タクシーでの往復代金を入れて考えたとしても銀座や築地まで出てしまった方が満足度が高いだろ、という結論

 天婦羅という「一料理」で見比べると差が大きい

 これが「和食」といったくくりなら、店による違いも許容出来るんでしょうけど、ホテルにはある一定水準以上のサービスを期待しているので、わけのわからないサービスで割高なものを出されるのでは全く意味がなく積極的に使う理由が無くなる

と思っていたのであるのは知ってたんですが、行くことはないだろうなって(苦笑

  • ただこの日は結構な雨でしかも寒い。タクシーだろうと、出るのがもうひじょーーーに億劫
  • 伊勢廣は明日でいい
  • 新規開拓

リブルームってのも考えたんですが、翌日食べようとしてる肉(伊勢廣)とカブるだろ・・・。同じ理由で鉄板焼も消え、生物を食さない自分に調度よいのはやはり天婦羅

ということになりあらためて試しに行きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。