二度と行かない店たち

 「二度と来ないな」と思った店を列挙します。

  • ガスト
    学生の頃に一度行き当時の(今のは知らない)ハンバーグのマズさに閉口して「安かろうマズかろう」とはこのことだなと思った。その後の人生でもう一度だけ付き合いで仕方なしに店に入りましたが、何も頼まず過ごしたので有言実行の内かと。
  • ふらんす亭
    これも学生の頃、駅前の店で見かけて即何も考えずに入ったのですが、店内は狭く、多分レモンステーキを注文したはずですが、ただの焼肉定食なような感じと美味しくなさに「これのどこが”””レモン”””ステーキ・・・」とゲンナリして、今思えば名前が同じというだけの”本物”と全く非なるものですが、ステーキからしばらく遠ざかるきっかけになったのはここのせいでしょう。本場で本場のレモンステーキは食べたいと思っています。
  • 餃子の王将
    これも学生時分。とにかく美味しくなかったというか味がしなかったというか。これも安かろうマズかろうの代表という印象で、餃子と天津飯を注文したと思うんですが、全部食べるのが苦痛で仕方なかった。
  • 紅虎餃子房
    とにかくマズかった記憶。有楽町かどっかの3階建てくらいの駅前店だったと思うんですが、接客は悪いし、居心地も悪いし、食事しようと思って入ったのに単なる居酒屋で辟易。以降この際コーポレーションの店と知った場合絶対入らないようにしています(そうとは知らず入ってしまった店が2~3アリ)。
  • サブウェイ
    バンコクにて。とにかくめんどくさかった。
    店の仕組み、注文方法からわかっておらず、白人で混んでいるのを見て「さぞ”うまいパン”の店」なんだろうと期待して入店しましたが、商品受け取るまであれはこれはと選択させられるのがクソウザくて「いったいいつになったら完了するんだ?もうあの写真と同じものを・・・ちょうだい。」とひたすらめんどくさくて、やっとこ手にしたサンドイッチは高いくせに全くおいしくなくて最低だった。

  • 牛角
    マズかった。というか味がしなかったというべきか。
    急速に店舗数を増やしていた頃、あちらこちらの店舗で何度も見かけた物凄い繁盛具合(車だけでなく自転車の数も凄かった)から当時近所に住んで居た友人2名を連れて真贋見極めに。ここも「安かろうマズかろう」代表。ここの焼肉を5回行ったつもりで他の良い店に一度行った方がいい、安いからって形だけのモノを食べるくらいなら食べなくていいと思うようになったのはここからかと。
  • ステーキのけん
    ここは正確には二度行ってます(笑。
    一度目の時、ハラミというのを知って数年ハラミ好きだった当時の自分は近所で見かけた当時話題であったこの店に行きハラミステーキを頼むんですが、その味のしない肉に「二度と来ない」「なんでこんな店流行ってんだ?安いから?世の中舌がバカな奴ばっかかよ」なんて思いました。
    その後の炎上騒動の際、時間が経っていたのであらためてきっちり貶すために再訪
    したんですが、硬いし味はしなく不味い肉で、逆に「よくこんな(味もしなくて硬い)肉見つけてくんな(笑」、とひたすら金をかけずガッツリ儲ける姿勢を素晴らしいとさえ思ったり、家族連れが多いのを見てこんな肉を「ステーキ」として食わされてる子供たちを不憫に思ったり。あらためて行きましたが今度こそ二度と行かねえし、当然の結果倒産してて大爆笑。
  • ゴーゴーカレー
    ウマくなかった。
    ただマズくて二度と行かないというより、この店を見かけて「カレーが食べたい」と思ったら近くに他のカレー屋がないかを探しここには行かないという意味で、「なぜCoCo壱でなくこちらに行くのか?」という理由が自分には見つかりません。
  • スシロー
    何を食べたか忘れましたが横須賀の方で。二人で行って会計700円ちょっとで出る。茶碗蒸しとポテトは頼んだので1皿か2皿だけでの判断になりますが、北海道の回転寿司の後でまぁなかった。いろいろ入った回転寿司で唯一はっきり「マズい」と感じ、数ある回転寿司の中で二度と行かないと思ってるのはここだけ。「回転寿司どこが好き?」と聞いて「ここ」と答えられると味覚が合わないなとガッカリする。
  • 鳥貴族
    2~3年前。長い間「行ってみたい」と思っていたんですが、当方アルコールは摂らないため中々機会に恵まれず沼津か熱海への旅行の際やっとの思いで行ったんですが、それだけにガッカリ度は
    まず実際行ってみての第一印象は「安くない」。品数多く食べたい派なので1品につき必ず2本の縛りがウザく、なんかヌルくて焼き立ての感じはしないし、タレの味が強いせいか肉の旨味は全く感じなく自分の感覚でどちらかと言えばマズくて、コンビニで売ってる焼き鳥と同レベルかコンビニの方が上に感じた程。(近所に鳥貴族のモノと比べると肉は小ぶりだけれど1本120円~150円でめちゃくちゃウマい店があるので全然安いとは思ってませんし)安くてもマズいせいで結果高く感じるっていう、自分が嫌う見本のような店。
  • からやま
    テイクアウトの弁当だけで判断してしまってますが、二度と食べたくない。
    系列のかつやは安く美味しいので(近所に)開店したてで大混雑中にもかかわらず期待を抑えきれなくて・・・並んでまでして持ち帰り。そのすぐそばにあるほっともっとの唐揚げ弁当より安くもなくて美味しくもないんじゃ無意味無価値。
  • ホワイト餃子
    学生の頃。テレビで見たことのある文字を見つけ(多分埼玉の川口あたり)Uターンして食べる。とても不味い味のしない餃子で驚いた。皮が厚いとか焼き方がとか一切関係ない不味さ。これの10年以上後、渋谷かどっかで似たような焼き方の「焼小籠包」を食べたら凄いおいしかったので、食べる価値なし金の無駄。
  • 肉の長谷川
    看板に偽りアリ、びっくりするほど不味かった。3年くらい前、通りがかりで見つけ戻り、たしか駐車場で検索したけど全く何も出てこず冒険心から立ち寄ってみたものの大外れ。外食しててこんだけはっきりとマズイとこってなかなかない。
    書くにあたって調べてみたら潰れてたけど当然すぎて大笑い。あらためてこういう「シンプルさ」を売りにした店名を毛嫌いするようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。