2 台北 桃園空港にて

撮った写真を見返していてあまりに撮っていなかったのでどこからどうやって書くか悩みました

今回タイ行きを諦めて(正確に言うなら台湾からのバンコク往復も視野に入れていましたが)台北に来た理由というのが「自分の初めて踏んだ海外の地が台北だった」

初の海外旅行、そして次の行き先も帰る日も決めていない放浪旅

当時の趣味が多大に影響して台湾からという選択を取りました

一人旅自体は初めてじゃありませんでしたが、3度目の飛行機搭乗だったり、色々初めてづくしで今思い返しても楽しい初海外でしたが、そんな海外旅行初心者、バックパッカー(この初めての時から背負ってませんが)1年生が初めて踏んだ日本国外の地が、台北だったんです

約10年ぶりに訪れた空港は綺麗になってました

当時は幅の狭い到着ロビーの左端にバスの切符売り場があったと思いましたが。。天井が高い

両替がてらうろうろしていると携帯のSIM売り場を発見。(前回のタイ旅行で買った安スマホを持ってきております)台北駅まで出てしまってからSIMを売ってる所がすぐ目に付けばいいんですが、わざわざ探すのは時間も体力も無駄なので、ここ空港で調達していくことに。

3社とも10~20人くらい並んでいて時間かかりそうに見えたため、時間つぶしがてら小腹も空いたしどこかで何か食べてみるかとウロウロ再開

何階になるんですかねあれは(一番下?)、奥まったところにフードコートを発見

空港にしては格安(100元前後)で、日式料理や泰式料理なんかもあってどれも美味しそう

そんななか自分が選んだのは、この炒飯

IMG_4066 (Large)

90元くらいだったと思いますが、期待をはるかに上回るおいしさでした。上野で駅そば食べてきてたんですけど、サラッと入ってまだ入りそうだった(不味いと箸がすすまない)

しかし、こうなると台北来るのに機内食は完全に要りませんね。というよりこれだけ色々なものがおいしくて手軽な値段で食べれるなら、日本でなるべく食べずに来てここで食べたい

 

そしてSIM売り場に戻ってみると真ん中の中華電信だけ並びが3人ほどに

タイで購入した後、香港では結局SIMを買わなかったのでSIMフリーかどうか確かめれてなく(起動でAISのロゴが出るんですが、めちゃくちゃ安かったしもしかしたらAIS縛りみたいなのあるんじゃないか?と)軽く不安だったんです。

IMG_4422 (Small)

端末渡すと即「SIM free?」と聞かれて「may be・・・苦笑」と答えるしかなかった

んですが、どうやらフリーだったようであっさり開通したご様子

 楽ですねーこれ

これでテザリングし放題、かつ通話の予定はないけど番号ももらえて5日間で約1000円
もはやガイドブックとか必要ないですね。ネットで都度情報引き出して、紙の地図も必要ない

台北駅までの道中、現在地が動くマップを見てるだけでも楽しかった

しかしすげー便利になりましたホント

これだけでも旅行の仕方が変わる、変わったと思いましたけど、手軽や身近になった反面、昔ながらのバックパッカーってのは減っちゃったんですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。