13 台北 中華電信のSIMチャージ(セブンイレブンにて)

某アニメ映画の舞台という点では、そうは思えず期待していた感動などはありませんでしたが、夜が早いという難点があるものの街としてはなかなか楽しいところで「もう一度来てもいいかな」と思えたものの、昨日の混雑具合に疲れてしまってさっさと台北に帰ってのんびりしたく・・・

朝食食べて即チェックアウトして昼の電車で戻りました

IMGP6156 (Large)

翌日も祝日で休みの日曜だったことと、朝から天候がよろしく人手がすごかった
タクシー乗り場から待ちのタクシー消えたりしてましたから、近いし人気あるんでしょうね
お店もいっぱいあるし感じとして、雰囲気たっぷり夜の早い夜市(苦笑)

前半は天候悪くて地図などなくても歩けるような台北駅の近くをうろうろしてただけでしたが、やはりどこでもネットにつなげるのは大変便利で、またホテルが変わるたびにWi-Fiの設定をする必要がないのも楽でした

ということでとりあえず5日プランで購入した(速度的にも満足でした)のが切れますので、その前にSIMにチャージをして再度プランの申し込みに備えることに

コンビニで出来るらしいということで試した結果の以下操作手順

IMG_4219 (Large)

まず日本のコンビニにもあるような端末を探し、触ると最初が上の画像

購票(TICKET)というところに高鉄、や台鉄、電影票とありますけど鉄道の切符や映画のチケットも買えるんですね。

目的のSIMのは下から二番目、生活の上の「申 辛力辛」携帯電話マークの部分をさわる

IMG_4220 (Large)

するとこの上の画面になりまして、ここでは「電信加値」を選択

IMG_4221 (Large)

中文を読んでなくとも確認画面なのはわかります、同意・我接受で次に

IMG_4222 (Large)

各社のありますね、自分の場合は中華電信のSIMにしたので、下段の左から二番目
「中華電信 如意卡」を選びます

IMG_4223 (Large)

そして次がチャージする金額の選択画面で(自分は300をタッチ)

IMG_4224 (Large)

選ぶと次に個数の入力画面。一度の操作で5個まで買えるようですね

1で「確認輸入」

IMG_4225 (Large)

そしてこの画面にて「確認・列印○費単」を押すとレシートが印字されて出てきますので、それをレジに持っていって会計してもらうと、レシートとパスワード(密碼)の印字された同じ紙↓をくれるのでそれをもらって終了です

IMG_5001 (Large)


昔見たパスワードの書いてあるカードを買って削るやつのが楽だと思いますが、一度触って慣れてしまえば気軽なもんで、あとは928にかけて案内どおりチャージをすませた後539にかけてプランを選択して無事再開通です

ちなみにプランの期限満了前にあらかじめ買っておいたわけですが、ご多分の方の予想に漏れることなくパスワードの書かれたレシートをどっかにやってしまい探す羽目に

レシートだとうっかりどっかにやりがちなんで携帯で写真撮って保管しとくのが手堅いすね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。