9 九份 九份へ

週間天気予報を見れば入国前日より1週間ずっと雨マーク

「ま、いくら梅雨時期とはいえ一週間ずっと降り続けは日本でもそんなないよなぁ」

と思って来てましたが、最初から大してする気のない観光はこれで完全にする気がなくなり・・・

雨の中遠出はダルいし、手ぶらで歩けないのも、濡れてしまうのも×

IMG_4135 (Large)
@士林夜市

 初日深夜から朝方までの大雨っぷりから、ホテルでの滞在を楽しむ方向に切り替えるんですが、検索していてなぜかどこも週末の空きがない

理由はこのあとになってわかることなんですが、月曜日が台湾の祝日で連休になっており、よさげなホテルほどこの週末には空きがなく予約が取れなかったみたいでした。

 移動があまり好きではないという特性から、どうせホテルを移ることになるのならばいっそ前から興味のあった九份へ行ってみるいい機会にしてしまえと思い切ることに

たとえ雨だとしてもあの雰囲気、シトシト降る雨の中というのもまた絵になるのではないかと想像

また深夜に大雨だったり、日中降ったり止んだりと安定せずまともな晴れ日がなかったことから「そろそろ”合間の晴れ日”が来るのでは?」と願い半分でいたのが大当たり

惜しくも?雨の九份は見れませんでしたが、雨じゃ思う存分歩くことはしなかったでしょうし。

IMG_4169 (Large)
幸い夜(21時前後)は天候に恵まれ2つの夜市にて食事

  さて九份行きですが、鉄道+タクシーで行きました

切符を買おうとしたところネットから予約が出来たようですが、自強号以下の特急全て空きなし

検索してる時はわかりませんでしたが、連休頭の土曜日じゃ無理もない

座席指定のない普通列車(區間車)もあることは知ってましたので、発車時刻と所要時間を調べてみると午前中から1時間に1本くらいはあって概ね50分くらいで着く

一番高い(27元差)自強号でもだいたい40分かからないくらいだったので、これなら普通の區間車で最悪立ちでもいいかと覚悟してましたが、あっさり座れ、あっという間に着きました

IMG_4188 (Large)
瑞芳駅後ろ

ちなみにこれは行き(昼)だけの話しで、帰りの台北行き(昼)では全く座れる気配はありませんでした

たかが50分なんで立ちで問題ありませんが、予定が決めれる人は取っといた方がいいですね

(行ってみて日帰りで充分だなって感想だったため)20~21時の普通車ならば座れそうに思うんですが、人手の多い日だと駅までへの足を確保する方が大変そうに見えました

IMG_4190 (Large)

瑞芳駅⇔九份までのタクシーが料金一律で180元

1回で乗れなそうなくらいどこかへ(たぶんバス停)歩いてく人の流れがありましたし、バスを待ってる時間ももったいないと思わば決して贅沢な出費にはならないかと。(短い旅行であるほど待ちで消費する体力、時間ともに貴重)

 帰りはアーケード入り口のセブンイレブン前あたりの、下から来て乗客を降ろしてるのに狙いをつけ、駅まで折り返してもらうよう頼みましたがメーターを使ってくれてて確か155元でした

IMG_4191 (Large)
瑞芳駅を背に真っ直ぐ100mほど行った屋台街。帰り寄るつもりで撮りましたが寄らず。。。

49元+180元で片道229元

台北⇔九份間をタクシーで行ってしまうのも楽でいいと思いました。特に日帰りでの帰り

宿の前まで運んでもらえるなら後は寝るだけのつもりで目一杯観光出来ますし、3人居れば片道一人頭1000円ちょっとの交通費。帰りの混雑っぷりを想像したら破格にお得だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。