古山閣 二間続き街並側客室

 まず最初に、予約サイトを見ていて空きがないと予約を諦めてる人、公式ホームページを見てみましょう。

自分もそんな一人だったんですが、以前別の温泉の旅館へ電話した時に「その日は予約サイトへは出していない」「直前だと公式ホームページ以外の空き情報は更新しないので、公式ホームページを見てもらえると」と言われまして、見てみたら確かに予約サイトでいっつも空いていない週末にも空きが見られるし、キャンセルされたと見られる直前の日にも空きが見られたことを踏まえ、「銀山温泉もどちらかというとインターネットとは無縁な感じの古めの旅館が多いからもしかすると公式ホームページからなら空きがあって予約が取れるのでは?」と思い数日。

 思ったとおり空きがチラホラ出て、希望日の予約も出来ました。

(年が明けてからも見ていましたが、1週前や3日前どころか前日になって予約可になってる旅館もあったので、泊まりたい方はとにかく諦めずに)

IMGP6838 (Large)

 銀山温泉で泊まりたいと思って居たのは木造建築で3階建て以上の宿。自分好みだと、能登屋、古山閣、平八、古勢起屋別館の4つ3つで、予約を入れた後も空き状況、キャンセル具合を見ていましたが、3旅館それぞれキャンセルあって宿泊可能でした。

「先入観を持ちたくない」という理由からどこも詳しくは調べていない状態だったので、どこがどうと細かな比較をして選んだわけではなく、一番最初に空きを発見出来て予約できたという「自分との縁」に賭けた格好です。

 いまだに他の宿のことは詳しく知りませんし、それぞれ”体験後”の「比較して」ではないのですが中々いい旅館だったと思います。

 ”中々”という表現をしたのは「素泊まりがない」という選択肢の狭さから。

これは旅館ではなく銀山温泉全体の受け入れ体制から発生している問題と思えたことなんですが、素泊まり設定のある旅館もあり夜に食事の出来る所を少なくとも1箇所は確認しましたが、ほとんどの旅館で2食付きが前提な予約受け入れ態勢なため外で夕食を利用する機会はまずなく、需要がないので供給も生まれないという悪循環が見え、旅館で出された食事に不満を感じた時にはっきりとその閉塞感のようなどうしようもない不自由さに気付かされました。

IMGP6806 (Large)露天風呂とは書かれていない方

 逆に全く期待していなかったんですが、大満足だったのはフロ。

IMGP6808 (Large)こちらはシャワー有り

貸切風呂で予約の必要もなく、時間制限のようなものもなく、空いていれば利用し放題ということだったので、「これは思い通り利用できないかな・・・」と思っていたんですが、これがほぼ思い通りに利用し放題。

IMGP6814 (Large)全開放

 片方は露天でもう片方はそうじゃないという説明を受けたんですが、自分には「開けてしまえば」どちらも露天風呂と思え、違いと言ったらシャワーと締め切る戸の有無。

IMGP6831 (Large)もう一方。露天風呂と書かれていた方

どちらの貸切風呂も「眺め」と言えるほどのものがあるわけではなく、写真の通り「外気が取り込める」「冬の場合雪が見れる」といった程度ですが、気持ちの良さと風情は充分。

 注意点。貸切風呂は脱衣場から滑りやすいので気をつけて

IMGP6914 (Large)積もってる雪が見えますがこちらは降雪時雪が舞います

 もう一つ一階に貸切ではない内風呂がありますが(下画像)、こちらは大気解放されてない閉鎖された空間にあるので温かく湯温も高く、三者三様それぞれ利点があるので、好みに応じて利用するも良し用途に応じて使い分けるも良し、という感じでどの風呂も使い甲斐ありました。

IMG_0128 (Large)1階にある内湯

 3階の部屋で外へ出る度前を通るので何度も見てますが、両方とも貸し切り中だった時はありませんでしたし、3階の客間の場合、部屋の戸を開ければ空き状況は確認できるので部屋に風呂がないという不便さは全くありませんでしたね、風呂好きの自分でも。

IMGP6894 (Large)

たぶんその寒さゆえ利用に若干の覚悟が必要だったから?もしくは9室(銀山温泉のHPだと10室)と客室数が少ないため思ってるほど真冬は需要がないのかも知れません。

 

 部屋は二間の部屋を狙って取ったというわけではなく、たまたま空きになったのがこの部屋。

IMGP6892 (Large)

 出来れば川側(街並側)をと思うのは人情ですよね。

料金は山側とでも5000円(1人分になるので合計1万)の差があった程度だったと記憶していますが、特別「どこの部屋がいいというのはない」というのが行っての感想。

というのもこれは残念ながら・・・という点ですが、よく写真で見る風景は古山閣から先にあって(温泉入口の橋を手前とすれば奥)、宿の窓がそちらへ向いて建ってもいないため部屋からは見られず。はっきりいって気にする部分ではないなと思いました。

IMGP6797 (Large)部屋からの眺め右側。写っているのは西塚菓子舗という土産物屋さん

部屋からも「感じのイイ写真が撮れる」と思っていたので、これは誤算。大雪降っていようが部屋から撮れるのであればレンズに気を使わなくていいと、デカかったんですよね、楽ですし部屋は暖かいので。

実際はこの上下の画像の通り良い部分は全く見えないので、「山側しか空いてないけどどうしよう・・・。」というような状況の場合、古山閣では割り切って山側の部屋でいいと思います。

どうせ写真は外に撮りに行くんですし、日が暮れてしまえば窓際に座って眺めるほどのもんはありませんから。

IMGP6905 (Large)左側。斜向かいの営業していない旅館。ここから左が写真でがよく見る場所

そこを求めるのであらば隣の旅館松本よりもう一つ先にある昭和館でしょうか。(ちなみにこの昭和館、ホームページには大正ロマンではなく昭和レトロとあるんですが、前を通る際通りからチラっと中を覗き見た感じ、まさに「昭和(後半)の旅館」。

 

 強いて指定をする点があるとすれば、自分と同じ風呂好きの方なら貸切風呂の利用し易さのため「3階を」というとこになりますかね。

IMGP6902 (Large)

 最大8名で泊まれる部屋のようなので、テレビの小ささが悪目立ちするほどの広さ。

部屋に風呂はないんですが(トイレはある)3階にある2つの貸切風呂ともう一つの内風呂と計3風呂あるので、9組の宿泊客(+別館の客)では十分のようで気になりません。

部屋付の露天風呂ではどうしても大きさに限度があると思いますが、3つあるどの風呂も4人で入っても余裕があるくらい大きな湯船で、これを独り占めしてたらまぁ快適でした。

IMGP6835 (Large)こちらも露天の方

 その反対にちょっと残念に思ったのが食事(夕食)で、部屋食だったのはまぁ良いんですが献立に「出されたものとは違う工夫」が欲しかったなーと。

宿泊料金に見合うものを提供しようとしている意気込みこそ感じましたが、こういう寂れた温泉に来てまで食べたいものではないというのが正直な感想。

IMGP6931 (Large)

今やそういう風に分ける必要のない時代だと思ってますが、山奥に来てまで鮮魚(刺身)とか、海の幸を食べたいとは思ってませんし、郷土料理は大変ありがたいんですが、変に小洒落て良い素材で余所行きに作ってもらう必要はないというのが自論であり持論

こういう感じの料理が食べたいのなら都心のそこ出身の方がやってる郷土料理のお店に行けばいいじゃん・・・と価値がわからず、普段そこらの家庭で普通に食べている食材で、普通に作られた家庭の味のがありがたいと思うんですよね旅行者にとっては。地元でしか食えないおばあちゃんの手作りがどれだけ嬉しく価値あるものかというのを頭では理解できても実際そうしてしまうのは勇気がいることなんでしょうかねぇ。

IMG_0123 (Large)よそいきの肉で作られてるように見える芋煮。見てのとおり浮いた脂がキツい

まぁこの考え方は前時代的なのかも知れませんけど、少なくとも自分はそう。

 特に違和感を感じたのは和食の流れの中、一品ぶっこまれていた中華のフカヒレ。

IMG_0127 (Large)

全然中華の経験のない和食の料理人の方が見よう見まねで作ったらこんな感じになるのでわ?ってくらいジャンクな中華風味で。。。どうしてもフカヒレの料理を出す必要があるのなら和食仕立てで、「和風」で押し通して和のフカヒレ料理を出してくれていいと思うんですよ。

 どの料理も手が込んでたり、間違っても安居酒屋なんかじゃ使わない食材を使ってるであろうことはわかります(もちろん例外もあり、下記のうなぎ云々がそれ)。

 でもどれも「なんだこれ!うまいっっ!!!」って記憶に残るような料理、味じゃないんですよね・・・。

だけにガッカリしたというか、「凝りすぎてる」と感じる部分が多々有り、そこが本当に残念。

 例えばうなぎがのってる料理があったんですが、その鰻は自分が思うに(見た目と食感から)中国産で、わざわざそこに鰻、しかも中国産と思われるようなもので持ってくる意味あんのかな・・・っていうような。

 美味しかったのは、さすがって思えた炊き具合の米と刺身のカンパチっていう。。。

IMG_0122 (Large)

何品も何品も出されなくとも、すき焼きとか焼き肉(韓国風のではなく三重の松坂で食べるような)だけでいいと思うんですけど、こういう考え方する人っていまだ少数派なんですかね?

 朝食(下)は不味くはなかったんですが、夕食と打って変わって力を入れてないのが。。。

IMG_0130 (Large)力の入ってなさげな感じ伝わりますか?(笑

別に朝はあってもなくてもいい派な自分ですが、米所の山形、どんだけ美味しそうな朝食なんだろうと期待していたため、ちょっとガッカリしました。

干物以外こんなどことも代わり映えのしないつまらない朝食は見たくなかったですし、冷えたものばかりの手抜き料理なら夕食と同じく部屋食にしてくれてもいいんじゃ?と思いました(一度持ってくればいいだけなので)。

IMG_0132 (Large)

 という感じで食事ガッカリ、お風呂満足で差し引きプラスマイナスゼロ、いやむしろ食事の良くなさが感想に悪く響いてると考えたら食の面は大きくマイナスですね。

 だけに食事なしの素泊まりだったらなーと思ってしまったわけです。

 連泊してたらまたあの食事(献立に変化はあるでしょうが)が・・・と思ってしまったんですよ。。。

旅行中の「食」ってかなりの割合占めてると思うんですが、そこを喜べず気重に感じるって相当だったと思うんです。

仮に素泊まりしてても銀山温泉には食事の自由度がないため(古山閣向かいの伊豆の華さんで蕎麦や天丼はあった)、銀山温泉全体の評価として下げざるをえなかった。

 一番安い部屋が安い時に食事付2名で2万円くらいといったとこだと思いますが、同程度の食事が出るなら「安い(適当)」とは思いますし、それで充分楽しめると思います。なにせ風呂は良いので。

他の旅館と比べてない現時点での評価ではとてもよい旅館(食事なしで考えて)だったと思ってます。ただ食事なしのプランがなかった以上食事込みで考えるのが正当ですよね。仮に素泊まりで連泊してみても食事面で困るのは明らかですし。でもそれは宿のせい(評価)ではない。。。

間違いなく良かったのは良かったんですよ宿は。ただ温泉街が・・・ってとこです。

そんだけ強い思いだったってことっスかね。満足さより物足りなさが終始纏わり憑いてた気がします。

 

追記

 宿に無線LAN(Wi-FI)ありません。今時大事な部分、忘れてました。

部屋からは繋がる気がしませんでしたが、宿の外、銀山温泉としてFree Wi-Fiはありますので、割り切ってインターネットのない過ごし方、ありだと思います。

 

Special thanks to M.S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。