シャングリ・ラホテル東京 プレミアルーム考

CIMG0375 (Large)

京都の旅行記中ですが、その帰りに泊まったシャングリ・ラホテル東京

スイートを積極的に選択しない自分にとってはここが最大級の贅沢空間で、お値段的にはだいぶ安いです、いや安くなっておりました@2012

IMGP3267 (Large)

四つ角に01、18、20、35と4部屋あるコーナールームのひとつ。シャングリ・ラだとプレミアルーム=コーナー、角部屋になってると思います

IMGP3306 (Large)

方角的な位置で言うと北西の部屋。ルームナンバー○○18です

4つある角部屋のうち#18のこの部屋だけ間取りが違っていて、大きく違うのはベッドの向きと浴室の窓!にシャワーブースの有無(01の部屋は知らないのでたぶんです)

33F~35Fは確か同じ(フロア図の写真撮ってないので「確か」になりますが)、下層階にスイートを存在させてるとは思えないので31Fからの一般階は全部同じ割り振りだと

南側の01と35は片面ビルビュー

今滞在は#18の部屋ですが、#35の部屋は以下こんな感じです

CIMG0344 (Large)#35

IMGP3262 (Large)#35

そして窓はあるとはいえ、とてもビューバスとは言いがたい眺めの風呂場がこちら

IMGP3261 (Large)#35

左端にちょっと写ってるのが窓です(写真が少ないのは仕様です。)

下りたブラインドから想像にたやすいと思いますが、見えるのはテレビの後ろ同様

ビルなんですね


IMGP3260 (Large)#35

そしてシャワーブースはないんだけど、好意的にとれば洗い場付の風呂とも言える

隣(というか手前)にあるトイレにも窓があり、当然ビルビュー。だけどこれは結構好きです。隣がビルでも朝・昼は自然光で明るく、窓のあるトイレは開放感あって心地よい

 フロにある窓より便所の窓のが大きかった

のは着衣量の差による配慮でしょうか?

 

もう一つ自分が気になっていた点は、鏡を多用している部屋ということ

ベッドの左右の壁が天井まで鏡になっていて、ベッド脇に鏡台まであるっていう

IMGP3264 (Large)#35

鏡だらけで落ち着かないι

といった感じの理由から自分が好みの部屋じゃありません。
せっかく2辺窓でも、片方殺されてるようなもんですから

もうほんのちょっと多く支払って、#18か#20にしたほうが幸せになれると思ってます。(ただのプレミア(#01#35)ルームとプレミアシティービュー(#18)プレミアベイビュー(#20)ルームの間で公式HP上はっきりとレート差があります)

でも例えば鏡見るのが好きな人はいいんじゃないでしょうか、広く感じれるだろうし

 

あとは部屋に籠もってのんびりするのが目的な滞在で、テレビを見ながらゴロゴロだったり、寝ながらDVDを楽しもうとするつもりなら#18以外のテレビとベッドが正対してる部屋じゃないとダメです。

これ要注意

IMGP3284 (Large)

↑#18の窓際にあるソファーからは見づらいし、デスクのチェアーも肘掛がないタイプなので
長時間画面を見てゆったり座るといった用途には不向きってか、自分には論外

「(泊)プレミアシティービュールーム」として書き始めましたが、ただのプレミアルームとの比較話ばかりになってしまったので「プレミアルーム考」として仕切り直します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。