ココチホテル沼津 リラックスダブル

 ホテル名からして「心地のよさ」を期待してしまいますが、レストランこそあるもののビジネスホテルの域から出れてないビジネスホテルだと思います。

 宿泊した部屋は16平米と狭く、心地よくはなさそうなんですが、普段から思ってた「他を削ってでも浴室を広く」というのを実現してくれてる部屋(ホテル)で、この狭さにもかかわらず洗い場のある風呂場ということで、こちらのホテルを選びました。

 (今回全ての写真において明るめのモノを使っています)

CIMG2653 (Large)

とは言っても、ここら温泉地(熱海や箱根)の人気っぷりを目の当たりにした後の結果です。まともに(宿泊確定という意味で)初めて検索してみて実感させられました。

最初は露天風呂付きの部屋を探していたんですが、一切の条件なしで探してみても、熱海なし、泊まるつもりはなかったけれど箱根でも当然のようになし、沼津まで範囲を広げてやっと(こことリバーサイドホテル)見つかったってな次第で、選択の余地はありませんでした。

IMG_151210 (Large)

 熱海と比べ観光地っぽさがまるでない人気のない駅前ですが、駅前ロータリーに面した立地は電車で来てたら熱海や御殿場まで電車で20分30分と遠くはないし、街の感じも悪くない。

CIMG2654 (Large)

とは思ったんですが、泊まってみた後だとやはり全てに中途半端さを感じました。

大前提としてビジネスホテルなため、基本概念には疑問がありますが(「宿泊」に特化して削りきった宿泊施設をビジネスホテルと思っているため)、まぁそんな中でも「ソレ」を目指す、という理念としてのことを、言っているんだろうというのはわかります。

ただやっぱりこのホテルの掲げる基本概念みたいなものは

CIMG2655 (Large)

 駅からフロントデスクまで、こじんまりというかとても小規模なんですが、綺麗目でいい感じに見えただけに、まず部屋の狭さを残念に思っちゃったんですよね。不釣合いだな、と。

16平米の広さで洗い場のある風呂場を設けているのはとても良くて、狭い部屋にあれこれ詰め込んだり、広く見せようと小細工するよりも、浴室や浴槽大きく割り振ったり、逆になくしてしまったりと極端な造りの方が(選んで泊まってる分では)やはり快適に感じ、満足度も高い。

CIMG2657 (Large)

 それでもこの16平米という広さの部屋じゃ滞在していてとても「ココチイイ」とはなれず。

その理由は予約時の写真では気にも留めていなかったこのソファーによるもの。

CIMG2659 (Large)

こういう部屋でのアクセントとして他との色合いから浮かした派手な色をソファー(やクッションなど)に持ってきてるホテルは結構ありますし、今まで不快に思ったり目障りに思ったことはなかったんですが、この部屋のはダメでした。

どれくらいダメだったかっていうと、まず部屋のドアを開けてパッと目に入ってきた瞬間「あ、これダメなやつだ」って思ったほど

この理由が部屋の狭さに起因するものなのか、ソファーのでかさからなのか突き詰めませんが、そんなすわり心地もよろしくなかったこのソファー、はっきりいって邪魔で、不快でした(笑。

座り心地がよくない上に、でかくて邪魔で色でも目障りっていうことの他の理由に、この部屋(ホテル)「ゆっくり寛いでもらう為に」畳敷きなんだそうなんですよ。

畳敷きを生かすんなら、ここは背の低いテーブルに座布団、ないし座椅子がいいわけで、せっかくの畳敷きもこんなソファーがあったら足の裏が接するだけでわざわざそうしてる意味を感ぜず無意味、畳敷きを無理やり味わおうにもソファーがでかすぎて邪魔って思いましたから。

まぁたぶん窓の位置が高くて狭いから苦肉の策って感じでソファーを置いたのかもしれませんけど、それならそれで畳にする必要はないんじゃないかなと・・・。

ついでに書いておくと、ロッキングチェアーのように揺らせるようにしてあるソファーなのか、その据わりの悪さが畳との相性の悪さで増幅していて・・・不快(苦笑

CIMG2658 (Large)

 そして心地よさには当然「心地いい眠り」も含まれていると思うんですが、この小さい窓にロールカーテンがついているんですが、そのロールカーテンでは隙間がでかすぎて遮光が不十分で朝日が漏れまくり、その明るさで目が覚めました。

あの程度の遮光で十分と判断してのことかどうか知りませんけど、レースのカーテン分レールはあるんですから、ロールカーテンと役目を逆にしてくれてれば完全な遮光があったはず。

この2点の中途半端さから、真剣に考えて本気で取り組んでこうしてるんじゃないんだろなーと満足度は下がり、宿泊料金は高く感じました。

 他細かいことを書かせてもらえば「追加のバスタオルは2枚目から有料」、そのタオルを含め備品を借りようとしたらフロントまで取りに来てくれとか、ビジネスホテルならこれでいいんですが、そう言われて心地よくはないし、もてなされてる気もまるでしない。

周りの数件あったビジネスホテルとの料金差も知りませんし、実際泊まった経験もないため現時点で「沼津のホテル」としての良し悪しは保留しますし、書かずにいようとしてた滞在です。

とりあえず書いてみたのは、思いのほか「沼津」を気に入ったのでまたどこか泊まるだろなーと思っているから。

 

追記として、朝食だったり、もてなし求めるなら、熱海で旅館に泊まった方がいいと思うんスよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。