7 大阪 観光旅館 ひさや(閉業)

 価格なり。

安いところは安いなりの、高いところは高いなりの理由があると思っています。

そのためそれなりの代金を支払うところだと、求める水準も高くなり見る目も厳しくなりがちで、反対に安いところだと過度の期待をしていないためか、満足度の高い滞在になることが多い、というのが最近の自分の傾向。

IMG_4692 (Large)

 周りのホテル、宿泊費の相場は把握してませんが、安目なのは間違いない。

ホテルではなく旅館という点だけで宿泊を決めたため、怖かったので口コミの内容は見ずに行きました。が、評価が概ね高くないことは目に入っていたので不安があった。

IMG_4696 (Large)

 しかし全て杞憂でした。

身の回りに昭和風なものがなくなってきているため、そういうもの全般が好みになっているのと、インド、ネパール辺りの安宿でもそこそこ快適にすごしてた自分には気になるものはなかった。

IMG_4697 (Large)

 後で一通り口コミに目を通しましたが、宿泊料金だけで決めたような方に限って・・・という感じ。

「広くて綺麗」そういう部分で快適さを求めるなら、開業したての高めのホテルに行けばいいだけ、自分の部屋入っての第一印象は「なんだ思ってたより全然いいじゃん」だったため、なのに文句を書いてる人たちはいったいこの立地と値段で一体どんな旅館・部屋を想像してたんだろう、と甚だ疑問。

IMG_4698 (Large)

大半は「・・・(それはその通りだけど)そこは仕方ないだろ」と思える部分についてで、確かに改善した方がいいなと思える指摘もありはしました(例えば6階にある風呂の利用法について)。

 向き不向きといったそれぞれ好みってもんはありますから、我慢ならない人も中にはいると思いますけれど、そういった「向いてない人」がなぜこういうボロそう(失礼)な旅館を選ぶのかが理解できなかった。

IMG_4703 (Large)

 出端でつまづき印象が悪くなってるところへ何かが重なると、その後どうあっても挽回はほとんど無理。というのが自分の経験上での持論。

なため、部屋が狭いとか、駐車場がとか、泊まらなくともわかるようなことから始まって、入ってすぐ「ダメ」と言うような人が泊まったりと、その選択の理解に苦しむ人に限って低評価をつけている。

IMG_4704 (Large)

 まぁお世辞にも綺麗だとは言えませんが、大阪の人に期待する人懐っこさというか、優しさ、温かみのようなものは感じれますし、宿泊費が安いということ以外にも良いところがあるんですよ。

例えば冷蔵庫はありませんが(寝る時うるさそうなので必要とも思っていませんが)、その分魔法瓶に氷を入れた麦茶を用意してくれてるので翌朝でも冷たい麦茶が飲めたし、ちょっとした心遣い、出来うる範囲でもてなしてくれているのを感じていたため、自分の場合もう大半のことには目をつむれる心境。

IMG_4705 (Large)

 6階にある貸切風呂?ですが、「ご自由にどうぞ」という形のため「お湯を張ってる隙に他の誰かにその一番風呂を取られる」ということが発生しがちな感じがしました。

IMG_4706 (Large)

パッと来た宿泊客には宿の人が用意してくれてるのか区別つきませんからね。自分としてもそう思うだろうなと思ったため、「もうそのまま脱衣所に立て籠もる」ことにして携帯テレビを見ながら時間つぶしてました。ら、これが結構時間かかる。

部屋にも小さいながら風呂付なのでなにもわざわざ・・・と思われるかもしれませんが、やはりどんな窓だろうと窓があるのとないのとは眺める景色がなくとも自分にとっては大違いで、苦痛な待ちではないものの「。。。普通に考えて大阪遊びに来てこんなとこで何十分も待ってる人間いないよな・・・(笑」、とは思っています。

IMG_4714 (Large)

 道頓堀沿いに泊まれるとは思ってもいなかったし、他にも堀沿いにいいホテルがあるのか知りませんけど、自分の求めてる旅情というのはまさにこういう感じで大満足だったのです。

 戎橋までも歩いてすぐなので飲食店は選り取り見取り。

一っ風呂浴びて夕涼みがてら戎橋まで歩いて夕食食べてたら、食後にはいよいよ台風の大雨が降っていましたが、宿まで近いので濡れも気になりませんでしたし、何より大きな傘を貸してもらっていたので無問題。やはり徒歩圏内の宿というのは何よりも勝る。

 この旅館の良さ、それは部屋はともかくとにかく人。

自分の場合は部屋の雰囲気も気に入ったし、貸切の風呂も気に入り、この旅行中では一番だったんですが、部屋は好みがはっきり分かれるでしょうし、無理な人には無理だと思います。

 でも綺麗なホテルじゃちょっと味わえないやり取り、ちょっとした言葉を交わす程度なんだけど、そういうのが「あぁ旅行してるなぁ。」って思える瞬間で「また来たいな」って思う原動力になってるんスよねー。

 

2020年3月追記

 ここ3年くらいの間何度と空きを調べても一向に出てこなかったのは、新しく格安のホテルとして建て直し、観光旅館ひさやとしては閉業されてしまったようですね。この雰囲気大好きだっただけに残念です。もう一度ゆっくりした予定で連泊したかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。