横浜ベイホテル東急 ラグジュアリーキングパークビュー 其ノ弐

 あちこちで「広いなココ」って感じましたが、それもそのはず公式HPを見たらびっくりの55平米。

どこも広いはずですね。贅沢さを感じれるいい部屋でした。

 無駄ととるか贅沢ととるかは人それぞれだと思っていて、自分の場合はバランス。

宿泊料と。というのも勿論ありますが、居室がやたら広いのに浴室が狭いというのがまずダメです。なんでこの無駄で意味のないスペースを水周りに回さないのかと。窓のない浴室で窮屈さ、圧迫感を感じる度に「窓がないんだからその分もっと広く造れよ・・・」と思ってしまいまして。

だけにこの部屋のこの大きな窓は抜群の開放感を与えてくれました。

IMGP3998 (Large)

 ここのビューバスの窓は一段どころか、だいぶ下から天井まであるため(たぶん床の高さから)つかりながらも自然体で快適な眺望が得られます。

IMGP4010 (Large)

 最高    

 都心の超高層からの眺めは大好物なんですが、ここみなとみらいの場合、中・低層からの眺めでも海や建物が間近に感じられるためか実に良くて、甲乙つけがたい。

IMGP4079 (Large)

ランドマークタワーや
観覧車がありますが、自分の場合は視線が気になる距離ではありませんでした。

IMGP4005 (Large)

 シャワーは別にスリガラスで囲われた空間があり、上の写真の通り一部空けてあるため外が見える作りになっていて、それが必要かどうかはわかりませんが、こういう気づかい(偶然?)は気分良く。

IMGP4039 (Large)

 日が暮れてからの眺めを見てしまうと、週末の宿泊費が高くなるのもしょうがない。

IMGP4044 (Large)

こういう程よい現実的な近さが、超高層のものより良く感じる部分かもしれません。

IMGP4026 (Large)

 反対に高さがない分、部屋からの夜景は真っ暗な海の夜景を見るのと同様、若干物足らない感じはあるでしょうから、どちらを選ぶかは悩みどころ。

補正が効いてる綺麗な写真使ってると伝わるもんではないと思いますので、実際肉眼で見えるのと同じように撮ったものがこちら↓。

IMGP4032 (Large)

 この上2枚の写真、これでもだいたい同じ位置から同じ角度で撮ったものです。
(よく見ると中央下、右寄りに同じオットマンが写ってるのがわかるかと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。