草津温泉 草津ホテル

 草津へ行くのが久しぶり。かれこれおおざっぱに言えば20年ぶりくらい前。

当時はひたすら安さ追及、7000円くらいで2食付のペンション泊でスノーボードをしていた記憶ですが、まぁ悲しくも変わるもんです。1日だけ滑りましたが技術の向上には興味が失せてしまい、ついにもう温泉主体でいいかなと思うようになってしまった。

img_0893-large

 いいホテルでしたここ。旅館というべきですね。

 

 駐車場がわからずどこに停めればいいかわからなかったので、とりあえず正面玄関に向かうと、すぐさま出迎えてもらい

 「車どこ停めたらいいですか?」

と聞けば、そのままで構いませんどうぞ中へとチェックインを促されました。

長い距離を来てるとありがたく思えるサービスですねこれ。自分の車じゃ絶対他人にまかせることはありませんけれど、思ってた以上にいいサービスなのを経験出来ました。

cimg0953-large

 久々なのもありますがほとんど街の知識がなかったので、湯畑脇というのと出来たばかりという二点で「湯畑草菴」(上の写真、∧屋根に○二つ光ってるのがそうかと)という宿を選び予約を入れていましたが、露天風呂付の部屋で連泊予約出来なかったことと、直前にたまたま旅番組のテレビに出ていて、それを見ていたら思っていたのとだいぶ感じの違う旅館、ってかホテルで、ホテルの考え方と自分の求めてるモノが全く違っていたようで、予約を取り消しました。

そのテレビを見てなかったらそのまま行ってたと思います。行かずにわかるのは大変ありがたいことですが、初めて訪れる(見る)楽しみが無くなってしまうのは自分にとってはかなり痛く諸刃の剣。

img_0888-large

 目的はスノーボードではないし、歩いての距離感が全くわからないので、漠然と「湯畑周辺がいいだろうな」ということ以外でどう選んだらよいかわからず、結局草津まで行ってちょっと車を走らせて場所(距離感)を確認し、空いてるところから選ぶ(当日予約)かってことにまでなりました。

 全く何も考えず、安直に「高い=イイ」と選んだ挙句ハズすのだけは避けたかった。

 その日の検索で現れたホテルの中、一番上に表示されてたか、一番下だったか。

imgp3868-large

宿泊費としては全体の真ん中くらいで、様子見なら丁度いいかと決定。

 地図で見ると湯畑からちょっとあるように見えてましたが、車を走らせてた感じ許せる範囲内と思え、実際歩いた感じを言えば、近くもなく遠くもなく散歩に丁度いい距離でした。

imgp3878-large

この時は行きませんでしたが、西の河原露天にも近いし、フラつく拠点としては、たまたまですが、ほんとイイとこに泊れたと思ってました。

 そしてこれまで特別意識するものではなく利用してきませんでしたが、この旅行での大収穫それは貸切風呂。

imgp3882-large

今まで大浴場があればそれの利用ばかりで「なんで窓もなさげな狭っこい家族用風呂なんかに好き好んで・・・」ってな感じだったんですが、貸し切りっつーのはいーもんですね(笑。

 「風呂に入りたい」と 思ってすぐ利用出来るかわからない不便さだったり、予約をしなければならない手間さや、利用できる時間(ここは確か50分?)を区切られているといった制限されてる不自由さから敬遠してきたんですが、考えてみれば貸切でない露天風呂だの普通の大浴場へ行くんでもわざわざ空いてそうな時間、ド深夜だの早朝を選んで行ってましたし、長湯な自分は「長湯するつもりはなくても急かされてるようで気分的に忙しないな」と思っていたんですが、全く時間の事を意識せず満足して「そろそろ出ようかな」と思う時間が1時間に満たないくらいで、それくらいが丁度いい時間なんだなと実感して納得。

imgp3879-large

 とにかく人が居ない方が良いのなら貸切風呂にしておけよと。言うことですね(笑。

こんなに快適なものならもっと早くから利用してればよかった。

img_0883-large

この貸切風呂の快適さのおかげで、来る前まではあちこちにある共同浴場へ行ってみようと思ってたんですが、めんどくさくなってしまい・・・w。

 寒い時なので、こういう広そうな旅館で部屋に風呂がないっていうのはどうかなと思ってたんですが、これも杞憂。

cimg0964-large

仮に部屋に小さく狭い風呂場、風呂桶があったとしても使わなかったと思います(実際大浴場のあるビジネスホテルに泊まった時、使わなかったりしたので)。

 

 ホテルを出る時、玄関にて下足番の方がどなたかのお子さんの相手をされてましたが「いい旅館へ来たな」と思いつつ、いい気分で車を出したのをよく覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。