とあるホテルの話

 駅前のルームサービスのないホテルがいろいろと呆れさせてくれキャンセルした話。

 旅する目的は食と人なんですが、日本においての旅ではなく旅行の場合、滞在するホテルでくつろぐことの比重を多くすることもありますので、そういう時は部屋やホテルにこだわります。

部屋にこだわるだいたいにおいてビューバスという意味なんですが、今回もそう。

 まずこのホテルには

  • ビューバスのジュニアスイート、これをAとします
  • スイートではないもののビューバスのB
  • ビューバスでないいたって普通のC

という3種類の部屋があるのですが、写真を取り間違えて掲載しているのかジュニアスイートの部屋の写真をスイートでない部屋Bで使って紹介しているのとビューバスでないCの浴室の写真をビューバスBの部屋説明でも使っているため、ややこしいどころか誤解しか生じません。

公式ホームページや予約サイトに掲載してる写真がイマイチわかりづらい、というところまでは構わないのですが、その写真がそのカテゴリーの部屋ではなく「完全に違っていたため」わけがわからなく、その確認(と指摘)を兼ねてホテルに直接問い合わせようと、電話をかけました。

 質問内容は「スイートでないBの部屋の説明にスイートAの写真が使われてるっぽいんだが、実際Bの部屋はどうなっているのか?写真のとおりスイートAと同じような間取りで浴室なのか?」ということです。

当然フロントデスクにつながるわけですが、少々細かなことを聞きたいので詳しい人、専門の客室係か予約係につないでくれ、と開口一番伝えたところ「わたしで承ります。」と。

ここまでは普通ですし、いいんですけど結局この人自分の聞きたいことに何一つ答えられなかった(苦笑。

 派遣なのかパートタイム従業員なのか、自分の勤めているホテルについてあそこまで無知でいてフロントデスクにいるのは恥ずかしくないのかね?って思いました。

 結局何一つ答えられず「確認してきます」聞きに行く始末で、「なら最初からその人と話させてくれよ・・・」と聞きたいことの説明を二回言わせられる。二度手間。

自分が勤めているホテルについてABCどころかカテゴリー分けもよくわかってないようなので、こちらが話を進めるにつれてどんどんごっちゃになってこんがらがってる受話器の向こう様子が手に取れるよう。

 そして得た回答は全く納得のいかないもので「絶対これいまだに(20分説明しても理解されず)勘違いしてる(この返答内容間違いだよな・・・)」と思いつつもそうは伝えず、もう自分でネットで宿泊した人の写真を探して判断しよう。

と、計30分くらいの通話を切りにかかろうとしたら、「写真を送らせてください」と。

 最初の方に「手間じゃなかったら写真撮って送ってもらうことって出来ませんか?」と言いました。そうすりゃ一発であれこれ聞かずともわかって手っ取り早いからって。

そしたらそれも含めて(検討するので)確認に行かせてくれ、と言われまして、その流れです。

で、送られて来た写真は、その方の説明するとおりの写真だったわけですが、どーにも納得がいかない自分がいました。

 だって送られてきた写真のどこをどー見てもビューバスの部屋の浴室に見えないんだもの。

 窓ドコ??

 こちらは一貫してビューバス(B)の部屋の質問をしていたんですが、ビューバスに見えない浴室、部屋の写真を数枚送ってこられた

 まぁもう出だしの方の電話のやりとりで「こりゃないわ」「フロントデスクにこんな程度の低い人を置いているホテルにゃ泊まりたくないや」と思っていたとこに、どう見てもビューバスではない部屋(浴室)の写真を送られてきて、「こんなどこに窓があるんだかわかんない程度のフロ(ビューバス)なら泊まる意味ないし他のホテルを探そう」とやり取り打ち切ろうとしたんですが、念のため(返答相手が質問の意図を理解できていない、またはずっと勘違いしてる)

「送られてきた写真、窓が写ってないんですがどこに位置してます?」

と、遠回しに

 この写真ビューバスの部屋ですか?(違いますよね?たぶん)

と返信させてもらいました。

これで返信あってもなくてももうどうでもいいやという気持ちで。もう泊まらないし。

 そうしたらその返信が

わかりにくい写真ですみません。スイートの部屋の窓の位置ですが部屋によって異なり、本日は既に客がいるので写真撮れませんから後日改めて

という内容

 いやいやいやいや(笑)

 このホテル、ジュニアスイートにもビューバス設定の部屋があります(そうじゃないジュニアスイートもあり)。それは知ってますし、そちらはわかってるからジュニアスイートの方はどうでもいいんですと、最初から言っております。

 聞きたいのはジュニアスイート(A)の話ではなく、ビューバス(B)の部屋の造りで、しかも部屋の窓の位置(部屋の造り、配置)を聞いているのではなく、風呂のどこに窓ついてんの?って話で、浴室の話をしてるんです。

 ちなみに電話をかけたのはチェックアウト時間を過ぎて、比較的余裕があると思ったチェックイン開始時刻前の午後。

チェックアウトとチェックインの合間なら、その時点で空いている部屋がなくとも、清掃前、中の部屋のでも撮れるのでは?って時間に狙ってかけたわけなんです。

 そして再度新たにジュニアスイートの写真送られてきたらいい加減緒が切れそうだったので、念には念をってやつですね、今までのこのホテルとのやり取りのダメさからしてありうる話なため

 わかってなさそうだから釘刺しとくけど、ジュニアスイート写真送ってきたらキレるからね

という内容を東京-大阪を新幹線とは反対向き、地球一周して行く如くの遠回りさで柔らかく伝えました。

 電話も入れて何度やり取りしたことでしょう。

やっとこ望んでいた回答、というか写真が送られて来たんですが、それでわかったことはビューバスどうこうではなく、このホテルがいい加減でふざけているってこと。

 人のことを馬鹿にしているレベル。

 結局最初に送ってきた写真はビューバスでもスイートでもなんでもない、普通の部屋(C)の写真で、邪推すれば単に空いていた部屋のバスルームの写真を撮ってきただけ。

 なめてる(失礼すぎ)でしょどう考えてもw

 こっちはビューバスの部屋の問い合わせをしてるのに、ビューバスじゃない部屋のバスルームの写真撮ってきて「はいこれビューバスの部屋の写真ね」じゃねーよ(笑。

 最初に電話を受けた人、初日にやりとりしていた人、写真を送ってきた人、1名なのか3名なのかはわかりませんが、全く質問内容理解できていなかった(っていうかそんなに難しい質問してねーんだけども)ってのを最後の最後で露呈してくれた。

 しかもその最後まで部屋カテゴリーを間違えて「ビューバススイート(A)部屋の写真」ですって間違った認識のまま送ってきてたし。。。

 それただのビューバスルームBの写真だから・・・

 

 なんかおかしいな?とスイートでない部屋の説明にジュニアスイートの写真を誤掲載しているからややこしい話になってるわけですけど、「間違った写真使われてるようだから、誤解生じますよ」って伝えてやって早一ヶ月。いまだに訂正されてないからダメ過ぎだろこのホテルw。

 だからもう、「その俺が見たかった写真はスイートのじゃなくてただのビューバスルームの写真だから、今後間違えないようにね。」とは伝えず。

 これだけ時間を無駄にされたと感じたこと今まであったかな?

ホント最初の対応(写真)人のこと馬鹿にしてるとしか思わない(笑)

 これだけ低水準なホテルあるんだから、さすが京都ですわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。