60 香港 食

タイでは夕飯以外はかなり適当で、ふらふらふらふら目についたとこで食べたい時食べるといった感じに過ごしていました。

 昼前くらいに起きてそこから出かける途中の屋台で軽く朝食がわりを。その後ちょっと疲れれば休憩がてら甘味やクラブハウスサンドイッチ的なものとか、屋台での買い食いが主ですが、何を頼んでも小量なので買いやすいし、食べやすいしで充実した食べ歩き生活を送っていて

そんなタイから香港へとなりましたが、このペースが抜けずに結構変なもんを食べていました

iPhone 114 (Large)
隣に蝦餃

この小龍包をめちゃくちゃ楽しみにしてたんですが、ひさびさに食べたセブンイレブンの小龍包はスープがまったく入っていない単なるシュウマイとなってしまっててガッカリ・・・

15年前に初めて食べて以来、ずっとこの時までこの小龍包が一番ウマイと思ってたのに。。。

昔のと違い容器にすらスープが全く残らなかったので、中身が変わってしまったんでしょね

日本だとスープの抜けてるシュウマイみたいな小龍包のが多かったから、香港に来て
「本場?はコンビニ小龍包ですらスープがたっぷりっ!」
って大感激してたんだけど・・・

日本でも最近美味しい小龍包食べれていないし、ちょっと寂しかったですね。不味くはないんだけど

 

iPhone 125 (Large)牛のたたき丼だったかな?(笑

男人街に居たら雨がポツポツ降り始めたので「どこかで様子見がてらの雨宿りと休憩を」と考え、日本風の変な居酒屋みたいな所を見つけて、メニューを見たら面白そうだったので入店

iPhone 127 (Large)

今までなら入らないような店でも、今回の旅行では異なった目線から新たな発見を引き出すことが多く、時間が時間で(23時くらい)ガラガラさに不安は感じたもののかなり楽しんでました

iPhone 124 (Large)

たとえばこれ日本風な焼き餃子ですが、ナンコツが入っていて超ウマい。新発見!というか新食感(餃子として)というか、なんで日本にないんだろ?ってくらいのウマさで

たたき丼も美味しかったし、一昔前と違ってなんか妖しげなものを食べても美味しい

そういやこの日は煲仔飯のお店が一番賑わってましたね、遅い時間のせいかもしれないけど

 

昔は街の喫茶店風のとこや、壁にメニューがびっしりの定食屋みたいなところに好んで入ってましたが、炒飯頼むとさらっと3人前くらいのが来るんで今は食い切る自信がなく入れない(苦笑

IMGP5400 (Large)

そんな理由もあって今回結構気に入ってしまったのがここ「丼丼屋」さん

 

リッツカールトンに泊まっていた時、ついプールでのんびりしていたらランチタイムの時間が終ってしまい、天龍軒の替わりの飲茶を求めて下のショッピングモールで探した結果入ったお店

インフォメーションで聞けば飲茶をやってるところは2軒あるとのことで、近い方へ行ってみると「いま休憩中だから17時過ぎたらまた来て」と言われてしまい・・・

よく見るとなんとなくどこも休憩時間といった感じがして、もう一つのとこも似たようにどうせ休憩中だろな。。。と探して行くのがめんどくさくなってしまい。。。とにかくここエレメンツは広すぎる

IMGP5399 (Large)

ここ降りてすぐで、一番最初に目に付いてたってのもでかかったですね

周りは宝飾店とかなのに、なぜかいきなり飲食店というインパクトのでかさ

香港資本のお店に見えたんで「まいっかもうここで。。。おなかすきすぎ・・・」ってな勢いで入店

IMGP5401 (Large)

とりあえずもう食べれればいいと入ったお店でしたが、これが実にしっかりした牛丼で驚きました

決して安くはないので(1000円ちょっとってとこでしたかね。確認中)、日本でこれくらいのもん出されても驚きませんが、香港でここまでしっかり日本の味を食べれるとは思ってませんでした

IMGP5402 (Large)

この鯛釜飯も「炊き上げるから時間かかるけどいいか?」と聞かれたほどちゃんとしたもので、日本で食べても美味しいと思えたほど

 

そしてあとは当時を懐かしんで入ったところ、マックと吉野家w

 何も香港来てまでこんなとこで1食使うことないのに・・・

と都度思い、止めとこうとしてるんですが当時の日曜昼とか、深夜に同じようにテクテク歩いて行って食べてたのを思い出したら、懐かしくて懐かしくて(笑)ついつい入って持ち帰り 

昔は「せっかく異国へ来てるんだから!」となるべく日本食や、日本にもあるようなお店のものは食べないようにと旅行していたもんですが、変わるもんですね。今回は軽い日本食ブーム

思えば最初に香港に訪れた時は、日式ラーメンが密かな流行?って感じでしたが、今は日本食自体が流行ってるようで、目に入る頻度にも時の流れ感じてました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。