フライングガーデン、ハングリータイガー、さわやか、のハンバーグを比べてみる 炭焼きレストランさわやか

 他に食べたいものがたくさんある静岡、行くことが何度あってもなかなか行けなかった店。

 やっと行っての感想は美味しくないでした。

ついでに言えば二度と行かないと思います。

 注文は「げんこつ倶楽部(250g)」という、ドリンク、スープ、ライスまたはパンでのフェアセットメニューで税込み1210円。

それにご飯が大盛りで55円+。

 カナリの期待で行ったのは間違いのない事実。

ですが、自分の好みとは完全に違ったハンバーグで、その自分の好みがわかるきっかけになりました。

 以下、自分の、一個人の感想(好み)ということになりますが、

 まずソースははっきりと美味しくない。

出来合いの、そこらスーパーにて100円200円で売ってる市販品のような味で、日持ちのしない、専門店で食べる味には程遠く感じました。

 そしてこの赤い状態、所謂「生焼け」のモノが自分の好みかどうか、というこの店最大の特長が全く好みじゃなかった

牛肉のタタキのような生に近い肉も好きな自分ですら美味しいとは思えない歯応えのまるでしない食感で、このクチャクチャした状態の食感を気持ち悪いと感じてしまったらもうダメでしょうね。

色が変わっている周りの部分は歯応えがあって普通のハンバーグの感じで食べられますから自分の感想としてはそこまでじゃないんですが、人によっては「不味い」、とそう表現される方が居るのもまあ納得。

この赤い部分だけで食べると舌で感じる温度的にもさすがにちょっと気持ちが悪い感じ。

これを食べて分かりましたが、自分は粗挽きで歯ごたえのしっかりある、ここさわやかで言ったら「よく焼けた」ハンバーグが好みのようです。

 この食べ比べを始める前、ステーキだったら歯応えが違うだけでどの焼き加減であろうと美味しい肉は美味しかったので、ソース(味付け)で店の特色、違いが出るけれど、その味の好み好き嫌いをおけばどこの店だろうとそれぞれ甲乙つけがたく美味しいんだろうなと思っていたので、ハンバーグという食べ物でこんな激しく好き嫌いが出るほどの違いが生じるとは思っていませんでした。

 付け合わせの野菜、美味しかったです。

 

 この3店(4店)、持って来たハンバーグを鉄板の上で真っ二つにする、というパフォーマンスこそ同じですが、完全にベツモンっスね。

 さわやかに関しては既にある程度どういうものだか見聞きして知った状態で行ったんですが、概ね言われている通りで、(どっちが上だのそういう話じゃなくて)ちょっとここだけが持ち上げられすぎって言うか、さわやかしか食べたことがなく物言う人は一度フライングガーデンで食べてみて欲しい。

それで感じた、上下、優劣、好き嫌いはただの「好みの差」っていう話になりますけれど、フライングガーデンのハンバーグが好みのド真ん中だった自分にとっては、静岡県にしかないさわやかのこのハンバーグでこれほど話題になるくらいなら、フライングガーデンのハンバーグだったらどんだけの大騒ぎになるんだよって思いました、しょーじき。

 とにかく驚いたのは平日14時を過ぎてるのに待ちが10組くらいは実際に居たんですよね。それとここの店が特殊(駅近)なのかもしれませんが、他のファミリーレストランでは見たことがないような年輩の、しかも女性の一人客が何人も目についたこと。

 後は自分のように白米食べるのが好きな人にとって、さわやかだとライスの大盛りから別料金がかかるので、フライングガーデンのライスおかわり自由ってのはとんでもなくデカいサービスだと気づかされました。

 

 ちなみに「二度と行かない」カテゴリーに入れた理由は、不味かったから二度と行かない、というのではなくて鰻に餃子、他に食べたいものがいくらでもある中わざわざ静岡まで行ってハンバーグを食べようとはもう思わないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。