グランドハイアット東京 CHINAROOMへ

ちょっとした中華、小龍包と炒飯なんかが食べたいと思った時には、横浜そごうにある京鼎樓へ行ってたんですが、どうも最近なんか違うなと感じてきてしまい。。

 思い当たるのはやっぱり3.11ですかね

確か落ち着き取り戻し始めた5月くらいに行った時、どうも味が変わったように感じ

炒飯に関してはもとから大して美味くはないんでどうでもいいんですが、烏龍小龍包という

CIMG0778 (Large) 
皮と具に烏龍茶の葉?を練りこんでるやつがありまして

これが(自分は台湾の茶色くない烏龍茶が大好きなので)実に好みで大変美味しい

で小籠包食べるならココ。としてたくらいだったんですが、これがどーも香りがしなくなった・・・

以前は、口に入れるとほのかに烏龍茶の香りが、ホント絶妙な加減でふわっと鼻を抜け、とても美味だったんですが、この5月の時のは色はついてるものの何の香りもしない

CIMG0779 (Large)

口に入れて噛んで

 「美味しい」

と思えるものではなく、色のついてる理由、風味が感じられないという具合になっていて

その他チャーシュー玉や青菜炒めを食べてみても、しょっぱすぎたり、どれもやたら味が濃く、なんかすごい適当に作られてる感じのものばかり。。。

例えて言うなら、プロの料理人が作ってるんじゃなくバイトの学生が急遽見よう見まねで作ったものを出されてそれを食べていると感じるような出来

その後2度か3度は行きましたが、結局評価は変わらず毎回似たような感想を持ち

よく覚えている烏龍小龍包で言えば、最後に行った時のは

 粉っぽかった

もうこの時で諦めました。烏龍茶の味が濃すぎで。更に皮がその烏龍茶葉の粉末なのか、皮の粉なのかわかりませんが、とにかくもうやたら粉っぽくてもう美味しくなかった。

 

理由はわかりませんがこうも行く度味が変わっていては、とてもじゃないけど行く気になれず

その後、反対口の鼎泰豐へも行ってみましたが、店内の間取りからでしょうね。なんか慌しい感じと、サービスがどうも街の定食屋って感じで落ち着けずまた来ようとは思えませんでした

味的にもフツーで、わざわざここまで来て、ここじゃなきゃってほどのものはなく。

というような行きつけてた店を失って、ちょっとした中華の店を探してるところでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。