3 岩手 大沢温泉 お食事処やはぎ

 旅館の食事だろうと選択の自由は欲しい。

やはり自分の場合は旅行で旅館の食事だろうと、ここで注文できるような「定食」や「丼物」が食べたい時が多い。特に夕食で。

 帳場で宿泊の手続き後、温泉で時間をつぶし17時過ぎの開店時間と同時にとりあえず昼メシがわりに十割水車そばとやらを更科(570円、以下全て税別)で頼みました。

IMG_2476 (Large)

 「凄いおいしい!!」とはなりませんでしたが、フツーにおいしかった。

特に汁。甘すぎもせず、しょっぱすぎもせず、ちょうどいい塩梅だったので「もみじおろしか珍しいな」と思いつつも使えなくて、蕎麦がなくなった後に使ってみたらウマそうな感じで失敗しました。

 夜は(ラストオーダー21時)鉛温泉藤三旅館に泊まってた時から「あーラーメンが食いてーなー」って思ってたせいで中華そば一択。

IMG_2480 (Large)

 でこの中華そば(450円)が最っっっっっ高にウマかった。

「中華そば」ってこれだよな、っていう期待通りな昔ながらの中華そばが来た。

あれこれ食べましたけどこの中華そばが一番美味かったです。もう一回頼もうかと思ったくらい。しかも450円!

 ドラマの一気見してたり、ゲーム機持ち込んでゲームしながら、深夜にこのラーメンを部屋に出前してもらえたらどれだけ幸せか。21時までなんでできないんですけど。

IMG_2481 (Large)

 数時間前に蕎麦食べたばかりでしたけど麺麺だったので食い過ぎだとは思いつつ、朝は食べないから・・・で頼んでいた「鶏のきじやき重(800円)」も普通にウマかったです。カツ丼なんかも考えたんですが、前日までの夕食が豚しゃぶ豚すきだったので。

 翌昼にはおろし海老天そば、カレーうどん、鍋焼きうどんらと悩みに悩んで・・・

IMG_2530 (Large)

 カレーライス450円!(2回目)。

これもごくごく普通のカレーなんですが、家で作るならこういう味に仕上げたいというお手本のようなカレー。もちろんウマい。値段安いのもあって学食感がありました。

 二度目の夕食にはかつ定食やひっつみ定食も食べてみたくて迷いましたが、生姜焼きが好きでここの生姜焼きを食べてみたくて生姜焼き定食に(950円)。大盛り+95円。

IMG_2532 (Large)

 生姜焼きだけは自分にとってちょっとハズれっぽかったです。

というのは肉が厚目でポークソテーっぽくて、松屋(牛丼屋)の現肩ロースのしょうが焼きみたいな堅めの安っぽい肉?のが好みで、そういうのを期待してたせいかこの厚切りのポークソテーっぽい感じのは求めていなかったといいますか。

でもフツーにおいしかったです。ただ無難に郷土食のひっつみ定食か、これも破格に安いチキンカツ定食(600円)にしといてもよかったかな、と食べながら考えてました。

 次来た時はいわい鶏の石焼ステーキセット、ひっつみ定食、カレーうどんを食べたい。

 部屋への出前に料金が1品100円かかります。3品頼んだら300円かかり、それは焼き鳥1本だろうと1品になり100円かかり、10本の場合10品扱いで1000円になるという融通の利かなさ…。。。

IMG_2479 (Large)ごぼうカリカリ揚げ(285円)

帰って来てから調べた情報によると(未確認)自分で店から持ち出せば無料という話。

店前のショーケースの上に食べ終えた食器が返却されてて不思議に思ってたんですが(出前は部屋の外に出しておけば回収されるので)、どうやらそれのっぽいですね。

注文は店まで行ってレジで口頭でするので、100円200円300円とかかるのが0円になるのならば、そのまま店で出来るまで座って自分で部屋まで持ってきますよね(笑。

 

 旅館に泊まっていようがこういう食事がイイ層って結構居ると思うんですよ。というか旅館の食事が無駄に豪勢で高くて無駄と思って敬遠してる人も必ず居るはず。

自分の旅行の仕方だと朝は食べずに寝てることが多いので、色々なものを時間かけてゆっくり食べるとしたら食べたいのは遅めの昼で、朝に食べちゃうと昼は食べなくてもいいかなくらいになっちゃうんですけど、朝から結構食べてる人って昼はどうしてるんですかね?

 普段外食を全くしないという人だと旅行に出て旅館の会席料理みたいな豪華?な膳を泊まる楽しみにされてる方もいるとは思うので、全部こうしてくれとは言いませんけど、素泊まり含めてこういう日常な感じの食事との選択の自由も設けてくれるととてもありがたいんですが。

情報や自家用車すら少なかった一昔前ならともかく、レンタカーも十分にある今、旅館の経営側目線からではなければ、必ずしも二食付きが必須条件ではないと思いますし、旅行って大半は好きな人が好きでするもんだと思ってるので、好きなもんを食べられる自由が欲しいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。