石松(ぎょうざ) JR浜松駅店

 前回浜松に来た時食べたら美味しくてハマってしまいもう一度食べたくて途中下車。

なぎを抑えて。

 もちろん他の浜松餃子の店へも考えましたが、その前にもう一度同じものを食べてみてまず「浜松餃子の基準」を固めるつもりで再訪しました。

IMG_2017 (Large)

あと年始で営業してるかの確認が手間な中、年中無休と通し営業が頼もしかった。

改札出て駅ビル内にあるのが相当便利ですね。並んでまで食べたいものとは思ってませんが、暑くても寒くても屋内だから待てることもある。

 一番上の写真の行列は「年始」だからで、普段だった前回はこんな混んでません。

普段そこらで食べている餃子だと5個もあれば充分で、とても10個も食べたくはならないんですが浜松餃子の特徴なんでしょうかね、10個ならば軽く食べられる。油っぽさがないからですかね?食後、食中の感想から重くなくって食べやすい。

シュウマイや肉まんのどっしりした感じと違いご飯の供というよりおやつ感覚で、そう思うと酒のアテとしても物足らなそうだけど、はしごする前提の前後にはいいのかな。

IMG_2019 (Large)

前回とは変え焼焼(石松餃子と肉餃子)にしてみましたが、交互に食べればそれぞれの違いはわかるものの、どっちがどっちで、はっきりどっちの方がウマいと決めきれるほどの差はなく「強いていうならこっち(の方が好み)かなー」という感じでして、もしかするとこれは、写真の餃子の上段下段、焼きに差があるように見えませんか?前回他の人のを見ても思ったんですが結構焼け(あえて「焼き」ではなく)に差があるように見えていて、ちょっと焼け過ぎってくらいしっかり焼けてる方が油が切れてるということがあるのか、あっさりとして食べやすくおいしいと感じてます。

 最後に、定食で食べるよりかは餃子単品と炒飯をおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。