オベーション・オブ・ザ・シーズ考 中編

 自分含め周りも学生やってるような年齢で「卒業旅行に」というのなら検討するまでもなく「予算内で許せる一番いい部屋」と答えるんですが、家庭持ちも増え、体力面での負担や人数が増えたことによる好みの多様化などで、そんな分かりきった答えなぞ求められていないのが事実。

仮に自分が実際誘ってみての話と考えれば責任は結構重い。もちろん性格や好みなんかもある程度考慮しての提案だとしても、自分の選択にしたがってくれた結果「大満足」となるのか、「ぜんぜんよくなかった・・・」となってしまうのか。

 これが普通の都市での話なら「違うトコ(ホテル、部屋、街)行ったら?」と言いますが、そうもいかないであろう船旅なので、乗る前からきっちり下調べをした上での「納得材料」が欲しい。

払った金額に比例して満足度も45度で上がり続けるなら楽な話ですが、払った金額が大きいほど求めるものも大きくなり、ある点からは反比例するもんだと思ってるので難しい。

実際このクルーズ、本来の正しい意味でのスイートしかないような豪華客船では、部屋にいるか、食事するか、ギャンブルするかしかすることがないように思え魅力的には見えてこない。

ゴミゴミ混んでるところで並んでまでするかどうかは置いといて、エンターテインメント、アミューズメント、レジャーと呼ばれる娯楽施設への旅行と考え、ロイヤルカリビアンインターナショナルの船を選ぶに至りました。

まぁあとは世界一デカイ船だったり、質的な豪華さより見た目的な豪華さ(施設の多さ)のが、色んな人へ満遍なくわかりやすくていいだろうと。軽いですけど売りが多いのは話を広げやすい。

とそんなこんなでオアシスオブザシーズ→ハーモニーオブザシーズからアジアで航行しているオベーションオブザシーズに移り、部屋割りとそれぞれどんな部屋なのか、差を見てみます。

 

 一番安い部屋は当然窓なしの部屋で、最初のシングルルームらしき設定の部屋以外はどの部屋も90cm幅のシングルベッドが2つで、それらをつなげた180cm幅の1ベッドとどちらでも好きな方にしてもらえるため、ツイン、キングという部屋割りはなし。

その一番安い部屋でのクルーズ料金を見てみると(2人分US$)、香港を出港して南シナ海をぐるっと回って香港に戻ってくる2泊3日が556US$(17時出港、翌々日8時帰港)。

シンガポール発着の3泊、4泊がそれぞれ最安で712US$に824US$。

5泊になるとシンガポール-バンコク-シンガポールやシンガポール-プーケット(ペナン)-ペナン(プーケット)-シンガポールといった、クルーズらしく周遊してるっぽいのが選べるようになり、自分がこの船でクルーズを体験するとしたらこれにしますかね。

香港の2泊だととても近いし、料金的にも某ねずみの国へ1泊2日するくらいな感じの手軽さですが、2泊じゃ慌しすぎて船旅気分を味わってるうちにそれだけで終わりそうですし、わざわざこのクルーズのために香港へ行くんであれば、日本の近場の港発着を選んだ方がお手軽でしょうし。

ただ自分が節約旅行してた時の感覚からすれば、5泊だとちょっと短いかなーって思ってます。

これより長い7泊8日の香港発シンガポール着のクルーズ(1668$~)も考えたんですが、これにすると香港3日にシンガポールで4日か5日は欲しいので2週間は必要。そして2週間もみるんであればフロリダ行って7日間のカリブ海クルーズでも行けるだろ、となってしまう・・・。

でバンコク、プーケット+ペナンの方に話を戻しますが、それぞれの滞在時間はバンコクの方が3日目11時着の翌正午発で25時間、プーケットには15時間のペナンは9時間。

滞在時間がこれだけあれば十分なようにも見えるんですが、たぶんこれ乗り降りにかかる時間も入るんでしょうし、港から行きたいところへの所要時間も考えなくちゃならないとなると、6時間くらいは差っ引いて見るべきなんでしょう。

そうなるとたとえ丸一日あったとしても港が街の中心部近くでないと、せっかくそれまでしてきたのんびりとした船旅と真逆なセカセカした時間になるのは目に見えてるので、がんばらない(降りない)って選択肢もアリでしょうね。

これもこの5泊のクルーズを選択してみた理由の一つで、一度は滞在したことのある街なので寄港した時「まぁ降りなくともいいか」と無理しようと思わない、余裕さを考えてです。

 

 公式HP、クルーズ販売サイトとも出てる料金は一緒(ただし変動がカナリある)。

  • Interior (船内側、窓なし)
  • Outside View (海の見える部屋)
  • Balcony (バルコニー付の部屋)
  • Suites

と大きく分けられていて、ホテル同様部屋の大きさや眺めの違いによって分かれてます。

 

内側窓なしの部屋だと(以下公式HPよりスクエアフィートを平方メートル換算)(シンガポール発着5泊6日プーケット、ペナン寄港のクルーズを調べた時点での1室2名分の料金で入港費用、チップ等含まず。赤点がその時に予約出来る空き部屋で、同色の部屋は同カテゴリー同料金)。

  • Studio Interior Stateroom with Virtual View (9.3㎡)(掲載なし)
  • Interior Stateroom with Virtual Balcony (15.4㎡)(854878$)
  • Large Interior Stateroom with Virtual Balcony (16.5㎡)(900960$)

大きな違いは部屋の面積とリアルタイムで外の映像が映し出されるらしいヴァーチャル窓の大きさにソファの有無(この3種の他にコネクトルームや車椅子用の広めの部屋もあり)。

9.3㎡のヴァーチャルビューの部屋は設定的にシングルルームなんだと思います(2人まで寝れるよとは書いてある)。腰上辺りから天井まで40インチくらいの窓スクリーンがあって、ヴァーチャルバルコニーの方の2部屋は床から天井までのスクリーンとソファがあります。

広さ的に日本のビジネスホテルを思い浮かべてちょうどかと。それぞれフルバスルームと書いてあるんですがバスタブがある部屋じゃありません(タブがある部屋にはそう記載がある)。

 

Outside Viewと書いてあったのでそのまま写しましたが、オーシャンビューの部屋ですね。

  • Ocean View Stateroom (16.9㎡)(9781032$)
  • Large Ocean View Stateroom (19.8㎡)(1056$)
  • Superior Ocean View Stateroom (28㎡)(1116$)

HPの写真では小さな海の見える窓があるだけで、そこにチェアーがあったりなかったり。

特筆すべきことが一切ないですね。一番選ぶ意味がない部屋だと思います。

料金を見ても窓が欲しいなら200ドル追加してバルコニーのある部屋にした方が絶対いいでしょうし、節約したいのなら割り切って窓なしにした方がいいと思うんです。とにかく中途半端に思う。

 

バルコニー付の部屋(+B○㎡はバルコニーの広さです)。

  • Super Studio Ocean View Stateroom with Balcony (11㎡+B5.1㎡)(掲載なし)
  • Obstructed Ocean View Stateroom with Balcony (18.3㎡+B5.1㎡)(1222$)
  • Deluxe Ocean View Stateroom with Balcony (16.4㎡+B7.6㎡)(1258$)
  • Superior Ocean View Stateroom with Balcony (18.3㎡+B5.1㎡)(12221258$)
  • Superior Ocean View Stateroom with Balcony (18.3㎡+B5.1㎡)(1318$)

Superior Ocean View Stateroom with Balcony(以下SOVSルーム)という広さも全く同じ部屋が二つありますが、その中でも一番高い料金設定は、上のLarge Interior StateroomやOcean View Stateroom同様ソファーベッドの有無による差と判断して分けました。

このSOVSルーム、6つ以上(たぶん7つ+α)のカテゴリーに分かれて料金設定されているんですが書いてある内容はほぼ一緒。

基本として上の方のデッキ(階)になるほど価格も上がり、ちなみに6~10デッキの部屋が1222ドルで、11デッキが1234ドル、12デッキが1246ドル、13デッキで1258ドルとなってます。

 あえて料金を二人分で書いたんですが、それに入港費用やチップなどなんやかやで200ドルは加算されると最低5泊で10万円くらい~となり、食事付、各種施設利用料込みとはいえ1泊あたりの金額は2万円。

これが高いとなるか、安いとなるかなんですが、日本の港発、日本籍の船でのクルーズとの料金差は主に食事面でついていると思っていて、施設重視のこちらの会社の船の場合だと、安かろう悪かろうと削減されている部分ではないかと考えてしまいまして(アメリカの会社ですし)。

「美味しい食事が24時間食べ放題」と言える状態ならば間違いなく安いと思いますが、舌の肥えてる日本人としては単純に手放しで「爆安!」と喜べるほど安くはないんじゃないかな、というのが公式HPで部屋や料金を調べてみただけでの現時点の心境です。

そしてここまで書いてきた部屋にはバスタブの記載なし。

 

 横浜や香港をぶらぶらしててドデカイ客船と出くわしたことがありますけど、ああいう街のど真ん中にあれだけ大きい客船が寄せれる港+鉄道の駅がすぐそばって便利でイイっスねー。

~つづく~

 スイートまで書ききれなかったのでさらに分けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。