オベーション・オブ・ザ・シーズ考 前編

 「クルーズに行きたい」という話をされ、興味がなかったわけではなかったので後学のため「自分が行く気で」大雑把な説明が出来るくらい調べてみることにしました。

 この時点での自分の知識は、フロリダ辺り発?の「1週間くらいのカリブ海クルーズ」みたいなのであれば、いわゆる(デカイ)豪華客船だろうと1人頭1000ドル以下からある。ということと、日本発の日本籍の船のクルーズは普通に高いということ。

まず乗船してしまうまでの手軽さを考え日本発着のクルーズがどれくらいあるのか調べてみると、港を選ばなければという前提ですが思っていたよりもだいぶありました。

  • コスタビクトリア(全長252m 全幅32m 75166トン) 
  • ダイヤモンドプリンセス(290m 37m 115875トン)
  • セレブリティミレニアム(294m 32m 91000トン)

ダイヤモンドプリンセスが一番デカイんだろうなってことはわかりますが、イマイチ大きさがつかめない(HPよりフィートをメーター換算、小数点以下切り捨て)。

voy

確か「なんとかオブザシーズ(ボイジャーオブザシーズ 310m 48m 138000トン)が一番デカイんじゃなかったか世界一の豪華客船を調べてみればさらに大きい船が就航されていました。以下写真全て© Royal Caribbean International

  • オアシスオブザシーズ(361m 64m 225282トン)

oa

数年前に横浜ベイブリッジをくぐれなくて、大さん橋じゃなく貨物用の埠頭にってニュースを思い出しましたが、そら日本の「まともな」港に寄れないんじゃ相手にされるわけもなく、当然この○○オブザシーズの日本発、着クルーズは一切見当たらず。

自分の好みだと、たぶん全室スイートのちょいと小さめな「本来の意味での豪華客船」よりも、こういったラスベガスのホテルの様な家族向けに色々な施設があって賑やかそうな、(設備が)豪華な船の方が楽しめそうだと思いました。

「いいホテルでホテル内のレストランでいい食事をして、ホテルの敷地から一歩も出ない」という感じの真の豪華客船の旅よりは、あちこち船内で遊び倒して部屋に居るのは主に寝る時だけという方でありたい。

し、まだこういうものを求める年齢だと思っているので、この○○オブザシーズのロイヤルカリビアンインターナショナルという会社の船でのクルーズに絞っていきます。

アメリカの会社でしたが、やはりこういう娯楽モノはアメリカが強いんでしょうね。

 ググってみるとオアシスオブザシーズ、2009年、6年以上前に就航してました。

 ホテルでそう思うので船でも新しい方のが設備がいいのは確かでしょう。それとこういうファミリー向けと思われる船の客室の劣化はとんでもなく速いと予想

 同型の船なら新しい方がいいよなあ

ありました。タイミングよくついこないだ、2016年5月就航の

  • ハーモニーオブザシーズ(361m 64m 226000トン)

hm

この船に乗るつもりでクルーズを検索してみましたが、イタリアやスペインといった地中海方面へもありましたが、やはりカリブ海が中心の航行している模様。

harmony

 で、どんな客室があるのかチラっと見てみましたが、思ってた以上に細かく分かれていて、把握するのだけでも大変。

デッキがデッキ3からデッキ18まであり、デッキ15より上はいくつかのバー(16、17)があるのとウォータースライダーの滑り出し口(18)に、ロフトのある3種類のスイートがあるのみのようで、デッキを階と言い換えれば一部分15階まである、基本は12階建ての巨大な建物(デッキ13はないので)。

さらに船体中央を吹き抜けにしている設計のため、従来の単なる長方形のビルみたいな船にはなかった、船内側の庭園眺めやバルコニーのある部屋が取れて、その分多様に。

 船の内側の窓なし部屋、窓なしだけどヴァーチャルバルコニー(リアルタイム映像と書いてあった)のある部屋、船体中央にある商店街に面した窓のある部屋、海の見える窓のある部屋、(回転木馬のある)散歩道が見える窓のある部屋、中央公園の見える部屋、(海・散歩道・中央公園ビューの)各種バルコニーのある部屋、そして9種のスイート。

 

 自分が泊まるならどこにしよう。

それを選ぶために細かい違いを大差のない英文から探し出そうとしましたが、どうも気分がノッテこない。

というのも、アメリカ自体に行ってみたいとこはいっぱいあるし、中米へ行くのに船に乗ってるだけなんて贅沢すぎというか、行くまでにや、行った後の行程が次々浮かんできてしまって集中できやしない。

そこでもっと身近な香港、シンガポール、上海とアジアの港まで広げれば活気(お金)もあって良さそうな所が結構あるだろうから、「アジア発着の○○オブザシーズはないかな」と検索してみたら

  • オベーションオブザシーズ(347m 41m 168666トン)

ov

という、一番大きな22万トンのオアシスクラスと、13.8万トンのボイジャーオブザシーズのボイジャークラスとの間にあたるクァンタムクラスに、就航間もない(2016年)船がシンガポール発着(ペナン島やプーケット、バンコク寄港)でありました。

一番大きな船よりサイズは一回り小さくなりますが、行き帰りにかかる時間や総日数を考えればより現実的で、このオベーションオブザシーズで考察してみようと思います。

~つづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。