north-star

オベーション・オブ・ザ・シーズ考 後編

 残すスイートの部屋を見てく前に中編を書き始めた時点で気づいたことを。

 オベーションオブザシーズ、同社のオアシス級の船ハーモニーオブザシーズと比べて全幅が20m以上小さく、オアシス級にある船体中央の吹き抜け部分が存在しておらず中庭部分が存在しない

HM_Deck15

そのためパークビューバルコニー(画像)やボードウォークビューバルコニーという船内向きのバルコニー付部屋もない(以下画像は全て© 2016 Royal Caribbean Internationalより)

 

お酒入ってる人も多いでしょうし、子供も多いでしょうから、要の防音具合、実際のうるささを知らない自分がこれらの部屋を勧めることはないんですが、まぁ自分が行くなら?の興味ですね

短い航海ならば海側にバルコニーのある部屋一択だと思います。が、1週間くらいになるとさすがに海だけで変化のない眺めは飽きそうなので、人の観察が出来るこれらのバルコニー部屋をよさげだなと思っていましたが、なかった。

 

 スイートはSEA、SKY、STARという3クラスありそれぞれ以下のように分かれています。(公式HPよりスクエアフィートを平方メートル換算+Bはバルコニーの広さ)(シンガポール発東南アジア周遊5泊のクルーズを調べた時点での1室2名の参考料金。赤点がそのカテゴリーの部屋)

 

SEA CLASS

SEAクラスの特典として、夕食をスイート専用のレストランで、バスローブ、マットレスがピロートップ、バスアメニティがロクシタン。

  • SPA JUNIOR BALCONY SUITE (24.8㎡+B7.5㎡)(2210$)

spa-junior-suite001

ここから料金グッと上がってきますがその分部屋も広くなり、特典もあってスイート以外のカテゴリーの部屋とわかりやすい差がついてます。

このスパジュニアスイートとジュニアスイートは6~13デッキ(層)の各デッキにあり、船体中央部、エレベーターを囲うように様々なスイートが配置されてます。

spa junior

中編までで書いてきたバルコニー付の部屋とかとここからの各種スイートでの大きな違いはバスタブの有無ですかね。

そしてこの部屋が「スパ」と冠している理由はシャワーブースになるのかな

 

  • JUNIOR BALCONY SUITE (25.6㎡+B14.9㎡)(2518$)

junior-suite001

スパジュニアスイートとの違いは、シャワー、トイレがまとまったのとバルコニーが広くなった点

バルコニーの面積は増えてますが、デッキプランや下の画像のとおり四角ではないため外への間口は狭まってます。

junior

使い勝手はシャワーブースがあって、テレビがベッドの足元にある上のスパジュニアスイートの方が良さそうですが、意外とこういうのがしっくりくることもあり部屋の感じ的にはこちらのが好み

ここの3部屋、中央の部屋も入れたら4部屋の出入り口の密集度。実際どうなってるんですかね

 

  • FAMILY JUNIOR BALCONY SUITE (27.9㎡+B7.5㎡)(2798$)

family-junior-suite

上の二つの部屋より部屋の面積が広くなってる分「ファミリー向け」ってことなんでしょう。

この部屋だけ定員5人となってます。

が、今まで書いてきたほとんどの部屋(内側窓なしの部屋でも)の定員は4人なので、この部屋じゃないと4人家族が1部屋だけで、が不可能ということじゃないです。

family junior

似た感じに見える一番上のスパジュニアスイートの部屋と比べて、クローゼットらしき部分が長かったり、ソファが違って見えますからその分部屋も長くゆったりしてるんだと思います。

そしてViewがパノラミックオーシャン(だそう)

デッキ10(10204~10624の濃い緑)デッキ9(9210~9624)で向かいに部屋のあるなしが違っているので、選ぶとしたら考える点だと思われます(実際デッキ9のが空きがない)。

 

SKY CLASS

SKYクラスの特典は、コンシェルジュ、スイート専用レストランでの食事、インターネット利用無制限、スイートラウンジ、フローライダー(サーフィン)リップコード(スカイダイビング)ロッククライミング等各施設への優先予約?、優先乗船下船、特選の水、スイート用サンデッキ、ピロートップのマットレス、バスアメニティロクシタン

  • GRAND BALCONY SUITE (32.6㎡+B10.1㎡)(3288$)

grand-suite

ダブルベッドになるソファと書いてありました

grand

バスルームを見てもだいぶ普通のホテルでのスイートルームらしくなり、バルコニーからしてもこれまでの部屋よりはっきりと2人以上で「2部屋」としての利用も見越された造りな部屋

この部屋のクラスから特典からだいぶ増えてますが、1泊あたり500US$を軽く超えて来てるので、食事が口に合わなかった時にはだいぶ贅沢な旅行になると思います。

デッキ12のフロアプランを見るにだいぶ大きく感じる下二桁#46の部屋。同カテゴリーで同料金っぽいんですが、バルコニーだけでなく居室部分も相当違いそうなんですけどナゾ

 

  • SUPERIOR GRAND BALCONY SUITE (32.6㎡+B24㎡)(3680$)

grand-suite001

このスカイクラスのスイートだとバルコニーで食事も摂れるようで、そう書いてあります。

この画像だと上のグランドバルコニーとの違いは全く見て取れないんですが、たぶんこれはデッキ13の部屋だけがこうなんだと推測しました。

superior grand

さすがにこれでバルコニーが倍以上違うのはちょっとおかしいので、別のページにあったようにバルコニーの広さが15.4㎡と24.4㎡の2タイプあるという記載のが正しそう

デッキ8のフロアプランでは13のと違い、部屋横の三角形になってるバルコニーもつながってこれなら24㎡あるように見えますから

 

royal family

ベッドルーム2つにバスルームも2つで、最大定員8人!

デッキ9と10の左右に1部屋ずつ、計4部屋確認出来ただけでその数の少なさからか空いてる部屋が見当たらなく料金わからず。

バルコニーが24㎡となったらやはりこれくらいの見た目があっていいはず

ただすごい気になるのが上のスーペリアグランドスイートと部屋の面積、1辺の長さが大分違うのにもかかわらず(デッキプランで比べてもその差は歴然)バルコニーの面積まで同じって・・・

他、入り口に大理石とかどうでもいい、まぁ自分にとっては縁遠い部屋なので、流して次に

 

  • OWNER’S BALCONY SUITE (50.2㎡+B15.4㎡or24.4㎡)(4492$)

owner-suite001

デッキ11に2部屋、デッキ12に4部屋

デッキ12の方は船体が細くなる境の部分にあるバルコニーが多角形の部屋があるためバルコニーの広さに2種類あるこの部屋の表記が一番正しいと思います。。

owner's

上のロイヤルファミリースイートと同じ大きさの部屋なんだと思いますが、トイレこそ入り口横のとで2つあるものの、ベッドルーム、バスルームともに1つずつ。

ちょっとした違い(そこがベッドルームかダイニングテーブルがあるか)ですけど、かなり性格の違った部屋になってるのはわかります。

家族構成よりも、年齢と社交性によるんですかね

8人部屋の方は大家族、3世代のご家庭、こちらの部屋はカップルや夫婦の利用で他のペアを呼んで一緒に食事という光景が真っ先に浮かんだんですが、子供二人の4人家族もよく似合う

 

STAR CLASS

STARクラスの特典、色々ありすぎるので割愛

 

  • SKY LOFT BALCONY SUITE (62.5㎡+B17㎡)(5612$)

sky-loft-suite001

オベーションオブザシーズのSTARクラスは=ロフト部屋になってるようで、このクラスのスイートは全室船体後部のデッキ8と10に

スカイロフトスイートはデッキ8に1部屋、デッキ10に2部屋の計3部屋ですかね

skyloft

(以下左の図が1階、右の図が2階)

1階と2階どちらにもバスルームがあるっていうのが贅沢というか無駄というか。

気になるのはどちらの画像にもバスタブがあるように見えない(記載もなしだし)

賃貸でもメゾネットタイプってのに憧れたことありますけど、1日2日ならともかく過ごす時間が長くなればなるほど階段の昇り降りが億劫になっているのは想像に容易く

1泊10万円超えでも3食付ですし、その他特典の数々を考えれば一概に高いとは言えないと思いますし、一生に一度くらいはとこんな旅行を推奨したい人間なのですが、1泊10万円払ってシャワーのみってのは砂漠のど真ん中とか以外に考えたくない

隙間が目立つ分、ただ広いだけで実用的に感じさせないところでそう感じるのか、とにかく自分の目には魅力的な部屋に見えてこない

 

  • GRAND LOFT BALCONY SUITE (73.8㎡+B20㎡)(6592$ )

grand-loft-bedroom

全く同じなのでリンクミスか画像の上げ間違え(公式が)のはずです。

grandloft

まぁデッキプランで見てもちょっと広いかな程度なのと、角部屋もあるっていう違いがあるだけで中身は一緒なのかも(と思って先に進めた)

デッキ8の部屋にある部屋が73㎡に20㎡のバルコニーで、デッキ10の中央の部屋(324と724)は78㎡に20㎡のバルコニー、角部屋(320と720)が64㎡とちょっと狭くなるもののバルコニーが約22+6㎡に約5㎡アッパーサイドバルコニー

こちらのスイートにはwith tubの文字があったので風呂桶はあるっぽい。がしかし逆に書いてなかったスカイロフトスイートの方はホントにシャワーだけっぽく

 

  • OWNER’S LOFT BALCONY SUITE (90.5㎡+B28.1+10.1+8.2㎡)(8132$)

owner-loft-bedroom

デッキ8後部に2つある角部屋の片側

owner'sloft

画像ではあるように見えないけれどバスタブの文字があったのであるんでしょう。CG画像が正しいとなるとスタークラス4つ中3つのスイートには風呂桶がないということに・・・。

それにしてもこのオベーションオブザシーズのクアンタム級、、最上級のスイートルームでもどれも大差がないというか、それぞれどのスイートにも泊まってみたいと思うような特色、違いが見えてこなくてつまらない

うまい表現が見つからないんですが、部屋に面白みがないっつーか、凝ってる、変わってる!って驚けるのと反対の感じで、施設・設備の充実さそのまま、部屋にも突拍子のないものを求めてたせいか、フツーのホテルやマンションの部屋のようなやたらあっさりした平凡さに冷めだす

こうやって部屋をちゃんと見るまでは「どうせならスイートでもロフトのあるスイートがいいよな」と思っていたんですが、単に安い方のスイートを広くして階段つけて二階があるだけっていう違いのなさなら、そらガッカリもするってもんです。広いことに豪華さは感じないので。

使いやすさや快適さ、機能美だったり考え抜かれた妙とか、言葉の漏れるほどの大胆な造りといった自分の琴線に触れ感動させてくれる部分が見当たらないんでしょうね、フツーすぎて

今日のレートで58万~84万ですからね、階段があるだけの無駄に広い部屋に5泊が。

 

  • ROYAL LOFT BALCONY SUITE (152㎡+B38+10+8㎡)

royalloft

この船の中で一番高い部屋で一番広い部屋。とりあえず売ってるとこを見たことがありません。販売と同時に真っ先に売れていってるのか、どこかで押さえられているのかわかりませんが。

自分が選んだクルーズだったら1万ドルくらいになるんでしょうかね、売ってたとしてら。

他界しちゃってますが、是非旅行好きのお爺にこの部屋取ってもらって、食事の時に1~2度お呼ばれ程度の間接的な利用で充分ス。こういう部屋って4-2-1みたいな一人っ子一人っ子の3世代じゃなく、もっと大家族でワイワイとパーティなんかで賑わってるのが似合うと思います。

パーティなんぞ開くつもりのない自分には上の3つの部屋同様、特筆すべきものが見当たらないのでこれでおしまい。

結論としてこの船のスタークラスのスイートは他の部屋と比べ広いのはわかったけど、どうもそれ以外に贅沢感がないというか、トキメクものがなく、カッコいい部屋に見えないんですよねー

ovs

オベーション・オブ・ザ・シーズ考 中編

 自分含め周りも学生やってるような年齢で「卒業旅行に」というのなら検討するまでもなく「予算内で許せる一番いい部屋」と答えるんですが、家庭持ちも増え、体力面での負担や人数が増えたことによる好みの多様化などで、そんな分かりきった答えなぞ求められていないのが事実。

仮に自分が実際誘ってみての話と考えれば責任は結構重い。もちろん性格や好みなんかもある程度考慮しての提案だとしても、自分の選択にしたがってくれた結果「大満足」となるのか、「ぜんぜんよくなかった・・・」となってしまうのか。

 これが普通の都市での話なら「違うトコ(ホテル、部屋、街)行ったら?」と言いますが、そうもいかないであろう船旅なので、乗る前からきっちり下調べをした上での「納得材料」が欲しい。

払った金額に比例して満足度も45度で上がり続けるなら楽な話ですが、払った金額が大きいほど求めるものも大きくなり、ある点からは反比例するもんだと思ってるので難しい。

実際このクルーズ、本来の正しい意味でのスイートしかないような豪華客船では、部屋にいるか、食事するか、ギャンブルするかしかすることがないように思え魅力的には見えてこない。

ゴミゴミ混んでるところで並んでまでするかどうかは置いといて、エンターテインメント、アミューズメント、レジャーと呼ばれる娯楽施設への旅行と考え、ロイヤルカリビアンインターナショナルの船を選ぶに至りました。

まぁあとは世界一デカイ船だったり、質的な豪華さより見た目的な豪華さ(施設の多さ)のが、色んな人へ満遍なくわかりやすくていいだろうと。軽いですけど売りが多いのは話を広げやすい。

とそんなこんなでオアシスオブザシーズ→ハーモニーオブザシーズからアジアで航行しているオベーションオブザシーズに移り、部屋割りとそれぞれどんな部屋なのか、差を見てみます。

 

 一番安い部屋は当然窓なしの部屋で、最初のシングルルームらしき設定の部屋以外はどの部屋も90cm幅のシングルベッドが2つで、それらをつなげた180cm幅の1ベッドとどちらでも好きな方にしてもらえるため、ツイン、キングという部屋割りはなし。

その一番安い部屋でのクルーズ料金を見てみると(2人分US$)、香港を出港して南シナ海をぐるっと回って香港に戻ってくる2泊3日が556US$(17時出港、翌々日8時帰港)。

シンガポール発着の3泊、4泊がそれぞれ最安で712US$に824US$。

5泊になるとシンガポール-バンコク-シンガポールやシンガポール-プーケット(ペナン)-ペナン(プーケット)-シンガポールといった、クルーズらしく周遊してるっぽいのが選べるようになり、自分がこの船でクルーズを体験するとしたらこれにしますかね。

香港の2泊だととても近いし、料金的にも某ねずみの国へ1泊2日するくらいな感じの手軽さですが、2泊じゃ慌しすぎて船旅気分を味わってるうちにそれだけで終わりそうですし、わざわざこのクルーズのために香港へ行くんであれば、日本の近場の港発着を選んだ方がお手軽でしょうし。

ただ自分が節約旅行してた時の感覚からすれば、5泊だとちょっと短いかなーって思ってます。

これより長い7泊8日の香港発シンガポール着のクルーズ(1668$~)も考えたんですが、これにすると香港3日にシンガポールで4日か5日は欲しいので2週間は必要。そして2週間もみるんであればフロリダ行って7日間のカリブ海クルーズでも行けるだろ、となってしまう・・・。

でバンコク、プーケット+ペナンの方に話を戻しますが、それぞれの滞在時間はバンコクの方が3日目11時着の翌正午発で25時間、プーケットには15時間のペナンは9時間。

滞在時間がこれだけあれば十分なようにも見えるんですが、たぶんこれ乗り降りにかかる時間も入るんでしょうし、港から行きたいところへの所要時間も考えなくちゃならないとなると、6時間くらいは差っ引いて見るべきなんでしょう。

そうなるとたとえ丸一日あったとしても港が街の中心部近くでないと、せっかくそれまでしてきたのんびりとした船旅と真逆なセカセカした時間になるのは目に見えてるので、がんばらない(降りない)って選択肢もアリでしょうね。

これもこの5泊のクルーズを選択してみた理由の一つで、一度は滞在したことのある街なので寄港した時「まぁ降りなくともいいか」と無理しようと思わない、余裕さを考えてです。

 

 公式HP、クルーズ販売サイトとも出てる料金は一緒(ただし変動がカナリある)。

  • Interior (船内側、窓なし)
  • Outside View (海の見える部屋)
  • Balcony (バルコニー付の部屋)
  • Suites

と大きく分けられていて、ホテル同様部屋の大きさや眺めの違いによって分かれてます。

 

内側窓なしの部屋だと(以下公式HPよりスクエアフィートを平方メートル換算)(シンガポール発着5泊6日プーケット、ペナン寄港のクルーズを調べた時点での1室2名分の料金で入港費用、チップ等含まず。赤点がその時に予約出来る空き部屋で、同色の部屋は同カテゴリー同料金)。

  • Studio Interior Stateroom with Virtual View (9.3㎡)(掲載なし)
  • Interior Stateroom with Virtual Balcony (15.4㎡)(854878$)
  • Large Interior Stateroom with Virtual Balcony (16.5㎡)(900960$)

大きな違いは部屋の面積とリアルタイムで外の映像が映し出されるらしいヴァーチャル窓の大きさにソファの有無(この3種の他にコネクトルームや車椅子用の広めの部屋もあり)。

9.3㎡のヴァーチャルビューの部屋は設定的にシングルルームなんだと思います(2人まで寝れるよとは書いてある)。腰上辺りから天井まで40インチくらいの窓スクリーンがあって、ヴァーチャルバルコニーの方の2部屋は床から天井までのスクリーンとソファがあります。

広さ的に日本のビジネスホテルを思い浮かべてちょうどかと。それぞれフルバスルームと書いてあるんですがバスタブがある部屋じゃありません(タブがある部屋にはそう記載がある)。

 

Outside Viewと書いてあったのでそのまま写しましたが、オーシャンビューの部屋ですね。

  • Ocean View Stateroom (16.9㎡)(9781032$)
  • Large Ocean View Stateroom (19.8㎡)(1056$)
  • Superior Ocean View Stateroom (28㎡)(1116$)

HPの写真では小さな海の見える窓があるだけで、そこにチェアーがあったりなかったり。

特筆すべきことが一切ないですね。一番選ぶ意味がない部屋だと思います。

料金を見ても窓が欲しいなら200ドル追加してバルコニーのある部屋にした方が絶対いいでしょうし、節約したいのなら割り切って窓なしにした方がいいと思うんです。とにかく中途半端に思う。

 

バルコニー付の部屋(+B○㎡はバルコニーの広さです)。

  • Super Studio Ocean View Stateroom with Balcony (11㎡+B5.1㎡)(掲載なし)
  • Obstructed Ocean View Stateroom with Balcony (18.3㎡+B5.1㎡)(1222$)
  • Deluxe Ocean View Stateroom with Balcony (16.4㎡+B7.6㎡)(1258$)
  • Superior Ocean View Stateroom with Balcony (18.3㎡+B5.1㎡)(12221258$)
  • Superior Ocean View Stateroom with Balcony (18.3㎡+B5.1㎡)(1318$)

Superior Ocean View Stateroom with Balcony(以下SOVSルーム)という広さも全く同じ部屋が二つありますが、その中でも一番高い料金設定は、上のLarge Interior StateroomやOcean View Stateroom同様ソファーベッドの有無による差と判断して分けました。

このSOVSルーム、6つ以上(たぶん7つ+α)のカテゴリーに分かれて料金設定されているんですが書いてある内容はほぼ一緒。

基本として上の方のデッキ(階)になるほど価格も上がり、ちなみに6~10デッキの部屋が1222ドルで、11デッキが1234ドル、12デッキが1246ドル、13デッキで1258ドルとなってます。

 あえて料金を二人分で書いたんですが、それに入港費用やチップなどなんやかやで200ドルは加算されると最低5泊で10万円くらい~となり、食事付、各種施設利用料込みとはいえ1泊あたりの金額は2万円。

これが高いとなるか、安いとなるかなんですが、日本の港発、日本籍の船でのクルーズとの料金差は主に食事面でついていると思っていて、施設重視のこちらの会社の船の場合だと、安かろう悪かろうと削減されている部分ではないかと考えてしまいまして(アメリカの会社ですし)。

「美味しい食事が24時間食べ放題」と言える状態ならば間違いなく安いと思いますが、舌の肥えてる日本人としては単純に手放しで「爆安!」と喜べるほど安くはないんじゃないかな、というのが公式HPで部屋や料金を調べてみただけでの現時点の心境です。

そしてここまで書いてきた部屋にはバスタブの記載なし。

 

 横浜や香港をぶらぶらしててドデカイ客船と出くわしたことがありますけど、ああいう街のど真ん中にあれだけ大きい客船が寄せれる港+鉄道の駅がすぐそばって便利でイイっスねー。

~つづく~

 スイートまで書ききれなかったのでさらに分けます。

オベーション・オブ・ザ・シーズ考 前編

 「クルーズに行きたい」という話をされ、興味がなかったわけではなかったので後学のため「自分が行く気で」大雑把な説明が出来るくらい調べてみることにしました。

 この時点での自分の知識は、フロリダ辺り発?の「1週間くらいのカリブ海クルーズ」みたいなのであれば、いわゆる(デカイ)豪華客船だろうと1人頭1000ドル以下からある。ということと、日本発の日本籍の船のクルーズは普通に高いということ。

まず乗船してしまうまでの手軽さを考え日本発着のクルーズがどれくらいあるのか調べてみると、港を選ばなければという前提ですが思っていたよりもだいぶありました。

  • コスタビクトリア(全長252m 全幅32m 75166トン) 
  • ダイヤモンドプリンセス(290m 37m 115875トン)
  • セレブリティミレニアム(294m 32m 91000トン)

ダイヤモンドプリンセスが一番デカイんだろうなってことはわかりますが、イマイチ大きさがつかめない(HPよりフィートをメーター換算、小数点以下切り捨て)。

voy

確か「なんとかオブザシーズ(ボイジャーオブザシーズ 310m 48m 138000トン)が一番デカイんじゃなかったか世界一の豪華客船を調べてみればさらに大きい船が就航されていました。以下写真全て© Royal Caribbean International

  • オアシスオブザシーズ(361m 64m 225282トン)

oa

数年前に横浜ベイブリッジをくぐれなくて、大さん橋じゃなく貨物用の埠頭にってニュースを思い出しましたが、そら日本の「まともな」港に寄れないんじゃ相手にされるわけもなく、当然この○○オブザシーズの日本発、着クルーズは一切見当たらず。

自分の好みだと、たぶん全室スイートのちょいと小さめな「本来の意味での豪華客船」よりも、こういったラスベガスのホテルの様な家族向けに色々な施設があって賑やかそうな、(設備が)豪華な船の方が楽しめそうだと思いました。

「いいホテルでホテル内のレストランでいい食事をして、ホテルの敷地から一歩も出ない」という感じの真の豪華客船の旅よりは、あちこち船内で遊び倒して部屋に居るのは主に寝る時だけという方でありたい。

し、まだこういうものを求める年齢だと思っているので、この○○オブザシーズのロイヤルカリビアンインターナショナルという会社の船でのクルーズに絞っていきます。

アメリカの会社でしたが、やはりこういう娯楽モノはアメリカが強いんでしょうね。

 ググってみるとオアシスオブザシーズ、2009年、6年以上前に就航してました。

 ホテルでそう思うので船でも新しい方のが設備がいいのは確かでしょう。それとこういうファミリー向けと思われる船の客室の劣化はとんでもなく速いと予想

 同型の船なら新しい方がいいよなあ

ありました。タイミングよくついこないだ、2016年5月就航の

  • ハーモニーオブザシーズ(361m 64m 226000トン)

hm

この船に乗るつもりでクルーズを検索してみましたが、イタリアやスペインといった地中海方面へもありましたが、やはりカリブ海が中心の航行している模様。

harmony

 で、どんな客室があるのかチラっと見てみましたが、思ってた以上に細かく分かれていて、把握するのだけでも大変。

デッキがデッキ3からデッキ18まであり、デッキ15より上はいくつかのバー(16、17)があるのとウォータースライダーの滑り出し口(18)に、ロフトのある3種類のスイートがあるのみのようで、デッキを階と言い換えれば一部分15階まである、基本は12階建ての巨大な建物(デッキ13はないので)。

さらに船体中央を吹き抜けにしている設計のため、従来の単なる長方形のビルみたいな船にはなかった、船内側の庭園眺めやバルコニーのある部屋が取れて、その分多様に。

 船の内側の窓なし部屋、窓なしだけどヴァーチャルバルコニー(リアルタイム映像と書いてあった)のある部屋、船体中央にある商店街に面した窓のある部屋、海の見える窓のある部屋、(回転木馬のある)散歩道が見える窓のある部屋、中央公園の見える部屋、(海・散歩道・中央公園ビューの)各種バルコニーのある部屋、そして9種のスイート。

 

 自分が泊まるならどこにしよう。

それを選ぶために細かい違いを大差のない英文から探し出そうとしましたが、どうも気分がノッテこない。

というのも、アメリカ自体に行ってみたいとこはいっぱいあるし、中米へ行くのに船に乗ってるだけなんて贅沢すぎというか、行くまでにや、行った後の行程が次々浮かんできてしまって集中できやしない。

そこでもっと身近な香港、シンガポール、上海とアジアの港まで広げれば活気(お金)もあって良さそうな所が結構あるだろうから、「アジア発着の○○オブザシーズはないかな」と検索してみたら

  • オベーションオブザシーズ(347m 41m 168666トン)

ov

という、一番大きな22万トンのオアシスクラスと、13.8万トンのボイジャーオブザシーズのボイジャークラスとの間にあたるクァンタムクラスに、就航間もない(2016年)船がシンガポール発着(ペナン島やプーケット、バンコク寄港)でありました。

一番大きな船よりサイズは一回り小さくなりますが、行き帰りにかかる時間や総日数を考えればより現実的で、このオベーションオブザシーズで考察してみようと思います。

~つづく~