タイ

40 バンコク カオサンロード

戻ってまいりました、カオサンロードに

iPhone 095 (Large)

去年の日記でどう書いたか覚えてませんが

 「もうここに来ることはそんなないだろうな」

っていうのが、久々訪れての正直な感想

 

前回の2006年、1年ぶりで訪れた時で既に薄っすら感じていたことではありますが、今回はまー浮いてる感が半端ない。自分がここに似つかわしくないというか、ふさわしくないなっていう感

ま、単純に居る人間が若いンですよね。旅したての頃には思いもしなかった

 

カオサンで荷物を預けわざわざ戻って来るようにしたのは、おみやげを買い揃えるためです。あちこち歩き回らずともあれこれ密集してあるから、やっぱ楽で便利なんですよねー

パタヤでは、バークレイ、ルブア、ジ・オークラ、インターコンチネンタル、セントレジスあたりに下見がてらとりあえず移動日の一泊とも考えていたんですが、これから他地区のホテルへ移動というのが億劫な時間帯になってしまったためカオサン周辺でもう1泊することに切り替えました。

それではRIVA SURYAにと真っ先に浮かんだものの前日じゃ川側の部屋に空きがなかったか、レートに納得がいかなくて見送ったんだと思われます(もう3ヶ月も前のことなのでウロになってます)

そしてプラアティット船着場そばにもう1件よさげに見えるホテルがあって、こっちも予約サイトじゃ空きがなかったんだっけかな、リーバスーリヤと違い実際目で見ていなかったのもあって直接行って見てみることにしました(Navalai River Resortです)

通りからロビーのある建物の中に入るまでの導入部分は結構いい感じに見えてたんですが、中に入ってみるとだいぶ安っぽかった(予約サイトにある部屋の写真はよさげでした)

 「部屋ある?」って聞くと

 「ノォー、一応あるけどすっごい高い部屋しか残ってない」と言うので、一応

 「いくら?」と聞けば

 「5800B」と(苦笑)

どのタイプの部屋かまで聞いてませんが、ロビーの感じから言うと2万どころか1万でもちょっと高いように思えていたので部屋を見せてもらう気にもならなかった

 

宿はあれこれあり、食事するにも、必要なものを揃えるにも、何かを手配するにしても大変便利で、好きだったカオサン周辺なんですが、一度浮いてると感じてしまうと妙に居心地が悪い

1、2万出して泊まるのなら上に書いてるようなちゃんとしたホテルへ行こうと思ったんでしょうね

 「もうここに一人で来て泊まることはないかな」

って思ったら、最後思いっきりカオサンらしいとこへ泊まろうとなり

 カオサンらしいとこってなるとどこだ?

 通りに面したとこじゃね?

 でもそれってすげーウルサイよね?

 どうせすぐ寝るわけじゃないし、朝まで寝れなかったら即デュシタニ行っちゃえばいいし

 

ランブトリー通ってカオサンロードへ行く途中、お寺の向かいにタリーズだかスターバックスだかが入ってるバーンチャートホテルというホテルを何度か目にして「またお洒落なホテル(カオサンに似つかわしくない)が出来たもんだな」と気になっていたので、いい機会と思い寄ってみました

1泊3000円くらいのレートを言われ部屋を見せてもらいましたが、なんつーんでしょで妙に中華っぽいんですね。ですごい気になったのが入り口の扉がとんでもなく薄くてガタガタしている

 なんか香港のカンフー映画に出てくるちょっと昔のボロ家みたいだな・・・って思いました。。。

案内にフロントの子が付き添ってくれていて、エレベーターに乗る時「プールもあるんですよ」と言うから「じゃあ」と一応見に行きましたが(5階だっけかな?)、とりあえずあるだけって感じのもので、狭っ苦しいというか無理やり詰め込んだ感がひどく決め手にはならず。。。

まーもう結構歩いていて、めんどくさかったのもあったんで、ここでいーやってなってたんですがここまでなって妥協するとかありえなかったし、もう1軒だけ気になってたホテルがあったんでそこを見に行き泊まることになるんですが、今冷静に考えてもここに妥協はありえない(苦笑

iPhone 093 (Large)

 

39 バンコク 下見其ノ弐(デュシタニバンコクでアフタヌーンティー)

ちょうど2時間くらいでしたね、パタヤからバンコク(タクシーで)

行き先は荷物を預けている宿のあるカオサンロードではなくデュシタニで、目的は2つ

1つはアマリに泊まったことで(デュシタニが斜向かい)、老舗と言われるタイ国内資本のホテルにも興味が沸いて部屋を見せてもらいにと、もう一つがアフタヌーンティー(以下AT)

IMGP5880 (Large)

ところでホテル業界も外資の反対は民族系でいいンすかね?

 次に泊まるホテルを帰りがけの身軽なうちに見ておこうって腹と、タイ3日目に用事がありマンダリンオリエンタルへ出向いてるんですが、その時ATをやめたため

なぜやめたのかというとまずクソ高い。税金考えたらもう5000円で、日本で払う以上

自分の基準はパークハイアット東京のなんですが、あれこれ聞いてみれば最初に選んだ茶葉それのみで交換は出来ないわ、暑い国なのに冷たいものは選べないわ(確かピークラウンジだと頼める飲み物全部アイスにして持ってきてくれたような記憶があります)

おまけに2人でシェア(セットは1人分で、お茶だけを別に追加する形)も出来ないと言う

お茶を交換し放題、飲み放題ってことなら「セットを人数分注文」というのはわかります
1人分の注文を二人以上で楽しまれちゃったら、お店としてはねぇ

この時はわざわざATに来たわけじゃなく、あくまで用事を済ませた後「何か冷たいモノでも飲んで」一休憩したかっただけなので、AT一人分の3段スタンドは量が多いし、食べたくもない

だもんで(席に案内してもらった手前)せっかくだし・・・では飲み物だけでも・・・、と頼もうとしたら

 「セットを注文していただきませんと・・・(困り顔)」

 なんだそれ(笑)

メニューにはそれぞれお茶の値段書いてあったんですよ

平日の午後に行って茶だけ頼めないって、じゃいつなら頼めんだ(苦笑)

頼めないのにメニューには値段の記載ありってわけがわからない

ま、たぶん各種茶の紹介のためにメニューだけ古いのつかったままでそれ以外、オーダーの方式なんかが変わった結果なんだろうとは思いましたけど

 はっきりいって高すぎて価値を見出せない

2人分で1万円@タイってそーとー洒落たとこで充分満足行く夕食を食べれる金額なわけで(実際今回のタイ滞在中、食事の支払いは2000Bちょいが一番高かったはず)

たかがATといったら申し訳ありませんが、物価の高い日本のホテルより環境も条件も(サービス、空間的に。少なくとも自分にとって)悪い上に高いって(笑)。「ついでで寄っただけ」の何の思い入れもない自分にとっては何の価値もないため他ホテルにもっといいATがあるだろと

「それじゃ」と席を立たせてもらいました

日本にも香港にもありますけれどなかなか全く縁がないスね、マンダリンオリエンタルとは

 というようなことがあったので普段なら滅多に行かないATですが、なにかすっきりせず。良いという評判を知っていたデュシタニのATを思い出し、下見ついでにATへ寄ったという感じです

時間的にもチェックアウトが12時でそっから移動で2~3時間。軽食取るにはちょうどよかった

しかしデュシタニ、老舗と言われるだけ「さすがだなー」って思わされてばかりでした

「部屋を見せて欲しいんですが・・・」と言い、見たい部屋のタイプを告げる前に「かしこまりました。少々お待ちください」と3種、3部屋用意してくれて

こちらから何も言わずとも汲み取ってもらえ、要望以上のことしてもらえるのは感激しますねー

結果見せてもらった中で一番高かった部屋へ自分は泊まることになるので商売上手だったということになりますけれど、この時点では気持ちだけですからまー嬉しかった

この見せてもらった部屋がすんごい良すぎて、ここに泊まりたい、もう他は見なくていいやってなってしまい、おなかの方も3部屋回ってたらいっぱいになってしまい(苦笑)

ATは泊まりに来てからゆっくりと楽しむことにしようと、この時は利用せず帰りました

IMGP5884 (Large)

 この氷、薄まらないように氷まで紅茶で作ってくれてるとこにはなかなか出くわさない

少なくとも今までに日本のホテルじゃ見たことない

ピークラウンジの様に茶葉をあれこれ替えて頼み放題というわけではありませんけどまー値段が安い。マンダリンオリエンタルでのお茶1杯と変わらない値段が一人分

そして二人分でも倍にならないってゆー親切価格。マジ惚れれます

どれも美味しかった。どれを食べてもおいしいからおかわりしたいほどで当然ATランキング1位

CIMG1621 (Large)
なんとなーく似てますね、どこかと

 

 あとはドアにいて出迎えてくれた若い子からして抜群で、「部屋を見たいんだ」という要望を伝えると丁寧に引き継いでくれ、帰る時にはしっかり顔を覚えていてくれたようで「部屋はどうでしたか?宿泊お待ちしてます」と声をかけてくれる

彼を筆頭にドアのスタッフ抜群でした。もー安心感がすごいしとても親切にしてくれた

部屋の良さと彼らの良さで決めた滞在でしたね

 

ちなみに「部屋を見せてくれ」と頼んで断られたことが人生で二回だけあるんですが、それがバンコクと台北のマンダリンオリエンタル(笑

CIMG1572 (Large)

38 パタヤ タクシーにてパタヤからバンコク

マークビューからアマリへ行く時バス停のような簡易なタクシー乗り場を見ました

 「へー、ここからバンコク行きのタクシーチャーター出来るんだ」

ビーチロードの脇に椅子とパラソル置いて客待ちしてる(笑

アマリをチェックアウトしてバンコクへ戻るにあたり、ビーチロードまで出たところで「さーて、どーすっかな」と悩みました。というのも

 バスターミナルまで行かないといけない

 「バスターミナル行き」と書いてある乗り合いはない(書いてあっても読めない)ので、要交渉

ビーチロードを行ったり来たりしてるだけなら黙って10B渡してればすみますが、バスターミナルまでとなると50~100Bくらい考える

これでバンコクについてそこが荷物預けてる宿ならいいけど、到着はバンコクのバスターミナル

バンコクのバスターミナルからまたタクシー等、ざっと計算して宿まで350Bくらいはかかる

○○の歩き方によるとスワンナプーム国際空港までは800B程度、バンコクまでは1200~1500程度と書いてありました

後学のためにちょっと聞いてみました「バンコクまで行きたいんだけどいくらで行ってくれる?」

 「いくら出す?」

まよくある返事ですが、歩き方を参考に「1200B」と答えると「オーイ」と驚きの声

ここまでセットですね(苦笑

ちょっとあれこれ話していると彼の車はバンタイプで、ちょっと大きく快適なので高いという話
いくらか聞いてみれば「1600Bはもらわないと行けない(会社的に)」みたいなこと言ってます

最初は全くタクシーで帰る気はなく聞いてみただけなんですが、このドライバーの兄ちゃんが
中々世話焼きのいい奴で「ちょっと待て聞いてみる」なんて言って会社?に問い合わせたり
「俺の知り合いでバンコク行く奴居ないか探してやる」と無線を使ってくれて・・・w

 「1300でどうだ?」

居たようです(苦笑)。ここまでしてもらってしまってはもう断れません(笑)。1300でいいよと

彼の運転で近くのコンビニまで連れて行かれ、曰く小さなタクシー(普通のセダンですが)に
乗り換え(確かに彼の車はでかいし、新車のようで乗り心地もよかった)

バス代1人130Bに、バスターミナルまでとバスターミナルからの交通費を200~300Bとすれば
待ち時間や快適さ、目的地まで運んでくれるのを考えると、3人も居るならタクシーのが気楽

自分の場合は、2人でもタクシー使うかなー

IMGP5564 (Large)

この写真↑空港の看板過ぎたとこで撮ったんですが、900B超え

↓高速?降りたところで撮った写真が、1100B手前

IMGP5565 (Large)

バンコク市内の目的地(デュシタニ)に着いた時には1250Bくらいになってました

これじゃー「1200Bで!」という提示に「オーイ」と呆れ気味の返事されたのも当然でしたね

乗ったとこで多少変わるとはいえ、空港ですら800Bじゃたどり着きそうもない

相場わからず知らないこととは言え、無茶なこと言ってた自分が恥ずかしい(苦笑

にしても空港から市内まで250Bくらい、パタヤまで900B。となると空港から直パタヤへ行き来する人結構いるのもうなずけました。

2014年の相場として、パタヤのビーチロードから空港まで1000B、バンコク市内のどこかだと1300~1400Bです。