2021年泊まって一番よかったところは

 該当なしです。

 予定はもう少し組んでいましたが実際泊まったホテルは2つのみ。

その片方の期待していたホテルは全くの期待外れでときたら、自動的にもう一つのエルシエント大阪が該当。

あると思っていなかったサウナ用の水風呂があって大満足したホテルではありましたが、「今年泊まったホテルの中では」文字通り間違いなく一番なのですが、ただそうすんなり一番とは決め難い。

その理由の一つとしては、コロナ下という異常な状況に影響を受けたサウナと水風呂の快適度(混んでない具合)と破格の宿泊料による好印象によるものが大きく、似たような状況下ではありましたが去年選んだ三井ガーデンホテル日本橋プレミアと同等のモノだったか?と問われると、いくらサウナ水風呂が良かったとはいえホテル全体で考えれば1枚2枚落ちますから止む無しかなとなりました。

 

 日々の感染者数がはっきりと減少し始め、「こんな機会(観光客のいない京都)はもう二度とないかもしれない」と思い1年半ぶりに遠出した京都は空いてはいましたが、その一年半で旅行力(基礎体力や好奇心といった気持ちの部分)がだいぶ低下してしまっていたようで、久々の旅行で気持ちが上がり張り切りすぎた反動も出たのか初日の大阪では確かにあった、あれほど楽しみにしていた「食事を楽しもうとする気持ち」が2日目、3日目と日を追うごとにドンドンなくなっていき、4泊~6泊のつもりで行った旅程を3泊で切り上げ帰宅する始末。

 もう好転してるかと思っていた2021年、いろいろと慣れてきた部分もありましたが気持ち的には去年よりキツかったのが投稿の少なさに現れてたかと。

また新株流行の兆しが見え暗雲立ち込めてる感じもありますが、来年こそと計画している旅行のいくつかを「楽しい旅行」として実現出来たらと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。