ベッド ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラシックツイン

 書くか悩んでました。

もうこのホテルを特殊な理由なしに利用することはないだろうから書かなくてもいいかなー、て

それでもベッドのことだけは書こうかと書き始めたら「ついでに書き留めておこう」という気になりました。のでいってみます

IMGP3733 (Large)

 あまり薄くは見えませんね。これでも薄く撮るのにすごい苦心しました

どう撮っても肉眼で見えてる驚きの薄さがカメラの小さなプレビュー画面ですら出ない

というのもあり今回はきちんと手を当てて測ってきてます

だいたい15cm

 びっくりしました。薄くて

しかもどこのメーカーのものだかわからない

目に見えないところだから手を抜いているんだなと思えてしまうホテルに出くわすと、今時ビジネスホテルでも○○社のベッドと売りにして謳っている所が結構目に付くのに。。と毎回必ず思う

特にこういう宿泊料金を安く思えないホテルでは「客をなめてるんだろうな」としか見えなくて

エアライン系の冠ついてて、しかもインターコンチネンタルまでついてる

少なくとも4つ星ですよね

料金も周辺のビジネスの倍くらいなはずで、この薄さ

アリエナイすね

3つあるカテゴリ内で一番下だとはいえ「え?ここインターコンチネンタルだよね?」と呆れました

 

 寝心地は硬いのか柔らかいのかイマイチはっきりわからない

というのも、右のベッドと左のベッドで感じが違う。最初右のベッドに寝転び適度な柔目と感じてたのですが、寝るのに使った壁際の左のベッドで横になったらなんか硬い?

 あれ?硬い???さっき柔らかいと思ってたけど意外と硬い?

IMGP3739 (Large)

いつもやるように全体重を片膝に。でこの沈み具合は明らかに硬いはずの部類

自分なりの結論としては、腰をかけられがちな端っこやベッドの中央など特定のよく使われてる部分はヘタって柔くなってるものの、基本の仕様は硬めなんじゃないかと

 よくわかんないすね

硬いって言ってもしっかり目なだけで、ガッチガチとかそういうんじゃないですし、寝心地として悪かったわけじゃなく(かといって決して良かったわけじゃないです)

 竹芝のインターコンチネンタル東京ベイの印象がよかっただけにインターコンチネンタルの看板に好印象を持ち直してたんですが、同じような価格帯の割にガッカリなことが多かったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。