ベッド ストリングスホテル東京インターコンチネンタル プレミアツイン

部屋の方で書いたことですが「考え方のよくわからないホテルだな」というそれがこの部屋のベッドで最も現れているように見え、いい加減というか中途半端というか、ホテル全体としてなにか残念な感じの象徴と思えたんです

IMGP4374 (Large)

たしかエースベッドという初めて見るメーカーのマットレスで、調べた結果、韓国のメーカーなんですかね

なにゆえここのメーカー採用したんでしょか

日本国内資本のホテルが同じ国内資本のメーカーを採用するのはわかります

またベッド文化の長い欧米のメーカーに一日の長ということで、そちらを採用。もわかります

そして自国以外に展開しているホテルが、自国のメーカーを贔屓に採用するのもわかります。例えば母体がアシアナ航空のホテルというなら納得できることですが、開業当時全日空でしょ

こだわっての結果なのか、全くこだわらずコストを優先したのか

こだわりが全くわからない

ベッドとしての感想は可もなく不可もなく

1泊程度の慌しい滞在かつ、以前のように購入前でガッついてる状態じゃないため感想が淡白になってきているのかもしれません。やはりベッドを買ってしまってからは、試すように細かく味わうといった感じにあれこれチェックするといったことはしなくなったと思います

寝返り打った時の感じだとか、ベッドに腰掛けた時の沈み込む感覚とか、いろいろな点から、自分の好みはどういう感じで、どれくらいなのかと

今思えば、寝て起きるまでまさに「試し寝」してる感覚でしたね(笑

安ベッドと比べていれば、感じる違いも大きく感動もあり書こうとしなくともスラスラ出てくるんでしょうが、慣れって怖いなと思う部分です

 
ここのベッドですがごくごく普通で印象が薄い(堅くもなく柔らかくもなく好印象も悪印象もない)

IMGP4376 (Large)

この膝の沈み込み方を見ると若干堅そうに見えますが、硬くはなかったですね

右のベッドと左のベッドでマットレスの厚みが違うんですが

IMGP4377 (Large)
                                              こちらが右の薄い方

薄い方のベッドは使ってないんでわかりませんが、これで見ると薄い右側のマットレスの方がやや深く沈んで柔らかいように見える

と、書いてて思いましたが、ちょっとでも試してくるべきでしたねブログ的には

IMGP4371 (Large)

下に隠れてたマットレス、ひっぱりだして見たらこれだけシーリーのだったんですが、これが一番寝心地よかったりして・・・と思ったり(試してません

にしても、ここまであれこれバラバラになってるってのはホテルとして格好が悪すぎですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。