IMG_9682 (Large)

大江戸温泉物語 浦安万華鏡 露天風呂付き和室6畳

 浦安に3泊。

当初の考えでは以前より興味のあった幕張のアパホテルに泊まりたかったんですが空きがなく断念したものの、大浴場への思いが断ち切れず泊まっていたホテルからすぐそばにあった大江戸温泉物語グループの施設を初訪問することにしました。

 しかも泊まりで。

IMG_2690 (Large)

 どちらも利用したことはなかったんですがもう一つの似たような再生ホテルグループと共にあまり良い評判を聞いたことも見たこともなかったので、自分で確かめるいい機会かなと思って思い切って移動することにしました。

綺麗だしこれといった文句もそれほどなかったホテルだったのですが、どこか居心地が良くなくて変えたくなっていました。

巷で言われるほどのことはなく、イイ感じに過ごせるんじゃないかと根拠のない安易な考えで宿を変えましたが、去年の春利用した神戸の神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿京都の日本館が良かったので、抵抗なく変えることが出来たんだと思います。

IMG_2693 (Large)

 部屋風呂の有無にこだわりはありませんでしたが今回露天風呂付き客室にしました。

「ととのう」という言葉を知って以来サウナを利用したくてたまらなくて、サウナ目当てと言っても過言ではない選択だったので、露天と言っても無理矢理露天にしてるような部屋の小さなフロには入らないかなーと思っていたんですが、これが大間違い。

IMG_2692 (Large)

 部屋の大きさというか狭さは思ってたとおりだったんですが、フロスペースの開放さ加減と風呂桶のデカさは想像以上で快適で、さらに気に入って部屋風呂ばかり入っていた理由は部屋の風呂の湯も水道水なんかではなくちゃんとした温泉。

 実際行くまでは「どうせ温泉と言っても塩素臭い循環湯。。。」に「部屋のフロに引かれているのは普通の水道」と思っていたんですが、だけに蛇口をひねって出てくるのが塩素の臭いなぞ一切ない塩っ気のある湯水だったのは嬉しい誤算。

IMG_2694 (Large)

細かい泉質なんぞは全く気にしないので、とにかく何度だろうと真新しい湯に入れ替えられるし、誰のことを気にすることなく自分好みの湯温に調整し放題なのがこれほど幸福とは。スマホは使えるし飲み食いするのも自由(笑。

それに翌日大浴場の方の露天風呂へ行ってみたんですが、あまり清掃状況が良くないというか、流れが澱んでしまう造りのようで色んなゴミがやたら目につく感じだったので、好き勝手に出来てた部屋の露天とは天地の違い。

 トイレは部屋にはありません。ですが、宿泊用区域に部屋が10室くらいあってそれら部屋の中心あたりにトイレが位置しているので、部屋の戸を開ければどの部屋からも20~30歩はあれば行ける近さにあって不便さは感じませんでした。

露天風呂付きの部屋でなくともよかったと思っていましたが、部屋の風呂まで温泉なれば部屋にある露天風呂が最高ですね。断然いい。

IMG_9683 (Large)

 いくつかある食事処は期待しないようにといいますか、現在のではなく一昔前の「決しておいしくはない」高速道路のサービスエリア程度の食事です。

焼肉屋や本格的な中華料理屋もあったのを見て、店内でではなく「くつろぎ処」という大広間で中華を中心に他の店からのものとも合わせて食べようと考えましたが、テイクアウトは20時半でラストオーダーと書かれてあって諦めて近くのテーブルでたこ焼きやフライドポテトを食べていたら、「もう閉店?」と言ってる方が居ましたが、ホント同じ感想。

フロ入ってのんびりマッサージでもうけてさあじゃあそろそろ食事にするかと思った頃にはラストオーダーの時間か閉店を気にする時間という感じになってるはずで、宿泊者の外出(それまでの利用を精算して)出来ますが、近くにはコンビニくらいしかありませんから、食事面ではあまり頼りにならないと思って注意が必要です。

意外というか、前日食べていたあれこれがイマイチどころかイマニジュウゴくらい期待外れ(今まで行った日帰り温浴施設の食事処としては最低レベル)だったため、朝食付きプランだからとありがたく食べに行った、期待してない朝食がかなり美味しかった。

IMG_2720 (Large)

やはりこれもビジネスホテルクラスの朝食と考えると4つ星ホテルのそれよりはるかに特色が出ていて、しかも美味。

例によってシラスが取り放題だったため写真右端に大根おろしとともにてんこ盛りにしてますが、味噌汁がちゃんとしていてとてもおいしく具の豆腐が際立ってウマかった。

IMG_2721 (Large)

並ぶおかずの中に豆腐コーナーがあって「京都でもないのに珍しいな、こだわってんのかな?」と気にはなってたんですが、納得。朝食だけでいくらなのかわかっていませんが差額1000円程度ならば、付きのプランを選択しても損はないとおススメします。

 

 その他注意点として翌日の入館(フロ利用)も込みのプランだったんですが、チェックアウトが9時で、施設の営業時間が9時まで営業の再開が11時からとなっており、再入館できるようになるまでの2時間空白の時間が発生というか、追い出されます(笑。

ただ開園と同時にTDRへ行くような方たちには丁度良くもあるのかな、と思いました。

 日帰り温泉施設が好きで利用を考えている人の場合、その空白の2時間さえどうにかなる算段がついていれば、露天風呂付きの部屋での宿泊はかなり快適な気分転換になるのではと思えます。

たぶん隣に小さい子連れのご夫婦が泊られていたと思うのですが、物音や話し声が気になることもなく過ごせて、思いのほかくつろげていました。

 あと、どこかのホテルでここ用に使い捨てのスリッパを持ち帰り持参しましょう。

 

 追記

 大事なことを書き忘れていました。

ここは「”泊まれることの出来る”日帰り入浴施設」なだけで間違ってもホテルではありません。飲食とマッサージを除いた接客は、サービス業の中で最低水準と言える態度、対応、やる気のないしゃべり方なので、普段の生活で在る普通の感覚で行くと腹立たしく思えることばかりで温泉につかれても精神面が不健康になります。

特に受付(会計)に居る男性従業員、3人と言葉を交わしましたがどれも最悪で失礼と思うくらいの応対をされ嫌な気分になりますので、一切言葉を交わさないくらいのつもりで行って極力何かを尋ねたりするのはやめましょう。自分で調べた方が快適です。

 それと連泊の場合はカプセルホテルのように追い出されることなく室内に居続けられるそうです(「同じ””カテゴリーの””部屋の場合に限り」と念を押されましたがそんなことわかっとるっちゅーねん。。。)。

IMG_2662 (Large)

炭火焼肉新羅 新浦安本店

 もう一度行くことはないと思います。

 新浦安の駅までは遠く、21時過ぎてから行ける店がありそうもなかったのでホテルから歩いて行けるここに行ったんですが、値段の割に・・・という感想。

IMG_2109 (Large)

 オイキムチだけはおいしかったですけど、どの肉も自分の感覚では2段階から3段階くらい低い肉を提供されてるような感じで満足できませんでした。

段階というのは、普通の店の特上>上>並>安い焼肉チェーン店の特上または上>上または並、という具合に、上を頼んだのに食べた感じ安い焼肉屋で食べる上や並の肉に思えたってことですどれも。

 写真は左上から時計回りに、並タン、上カルビ上ハラミ、タマゴスープ、のどぶえ(味噌)で、並タンは頼んだことを後悔するほどはっきりと不味く、上カルビは見た目どおり脂だらけで「うーん・・・」という感じで、上ハラミはもともと安い部位だと思っているのですが安い(マズい)店でもこれくらいのは出てくるんじゃ・・・という程度のものではっきり言ってしまえば「どこが上?」「並ハラミはどんなのくんだ?」とか、上と並を間違えられてるのかもと思っていました。

タマゴスープはとても普通で何か言うほど美味しくもないけれど文句を言うほどまずくはなくて、のどぶえは味が強すぎ。味噌が濃過ぎで食べるのが苦痛なくらいで、思ってたものとは違うものが来たというのをさっぴいて考えてもどっちかと言えばマズイ方。

 店の雰囲気は悪くなかったし、接客も悪くなかった。ただ「おいしい!!!」と興奮するほどじゃなかったけれどマズかったというわけでもなくて、値段から期待したほど美味しいことはなくて、食後の感想として「高い」。

この程度の肉を出されるなら外食として食べに行くことはないなと思ったわけです。

わざわざ美味くもない焼肉(しかも安くない)を食べに行くなんてこと、それが事前に分かってたらしませんよね普通。まぁ安かったら最初から行ってないんですけど。

 チェックイン前に新浦安の駅前で店を探していた時、焼肉と釜飯で迷って釜飯を食べたんですが、そこ(炭家米蔵)もマズくて久々の金溝。

釜飯類の値段が微妙というか安すぎて不安を感じたんですが、焼き鳥の方は1本199円からと高かったので、「量が少ないだけだろう」と前向きな都合の良い解釈をして、鶏釜飯と砂肝を注文。

 砂肝は生臭い?ような、実際生焼けでクソマズく、きちんと中心まで火が通ってないせいで独特の歯応えが気持ち悪く感じてしまうほどの逸品と、釜飯の鶏もいまだにこんな生臭くてクソマズイ鶏いるんだ・・・って今時こんな作り物みたいな色の鶏、安弁当ですら見かけないだろっていうくらい呆れるほどマズイ鶏肉の釜飯で、ダシもへったくれもあったもんじゃなかった。

ってかひさびさ残して帰ったんですけど、それくらい新浦安で食事ってのはどこ行ってもハズレだらけ。TDRが隣にあるおかげでそういう(美食を求める)街ではないんでしょう。味気ないけどどこにでもある安定の全国チェーン店に行った方がよかった。

 

 追記

 街路樹のせいで見えて(認識)なかったけど、道路の反対側にある店の方がよかったかなーとは思いました。

両方知ってて見比べて行ったとしても店構えからこちらの店へ行ってたでしょうけど。

IMG_2661 (Large)

ベッド 東京ベイ東急ホテル スーペリアフロア

 ベッドで見てもビジネスホテルでした。

IMG_2657 (Large)

マットレスはシモンズで、(タグに書かれている)厚さは19㎝。

詰め物もなくピロートップでもないビジネスホテルでよく見かけるタイプのもの。

IMG_2659 (Large)

 2泊中の睡眠の浅さから判断するとあまり眠れておらず良くはないとなってしまうのですが、寝心地が悪いわけでも、弾み具合が悪いわけでもなく、新品の硬さが取れて自分としてはちょうどいい具合の硬さのマットレス。

 この部屋の奥行がベッド4つ分にちょうどよい程度なのと、ベッドボードが3ベッド分の長さで3人以上用の部屋として造られていると書きましたが、写真を撮っていて左右のベッドでマットレスの厚さが違うことに気付きました。

IMG_2647 (Large)

右の薄い方のスカートをめくってみるとスタッキングベッド。

親ベッドのマットレスの厚さは14㎝(タグ)で、子ベッドの方も14㎝のシモンズ。

IMG_2667 (Large)

これだけ薄いマットレスでシモンズのものは初めて見ました。ここまで薄いマットレス自体中々お目にかからず、パッと思い出すのは京都の(今はなき)ロイヤルホテル&スパ。それと自ブログを軽く見返したところ横浜のローズホテルが似たような薄さ。

 やはり場所柄から大勢で来て雑魚寝のような感じが似合うと思う瞬間があったのですが、寝心地、部屋での居心地の良さよりも、寝れる人数やその用意の簡易さの方が重要で需要もあるということだと思いました。