IMG_0099 (Large)

中蘭 有楽町本店

 ホームページを見てみると一蘭の本家本元はこちらだと言わんばかりに、正真正銘、正統な味の継承をしてるのはウチらだ、みたいなことが書いてあります。

ただ食後の自分の感想は「一蘭でいいな」になりました。

 いつだか「一蘭が好きでよく行く」というようなことを言ってたんだと思いますが、ある日友人から「銀座(正確には有楽町)に中蘭(じゅらん)って一蘭の基になったとこがあるから行ってみて」とメッセージが来ていて、それを思い出し行って来ました。

IMG_0100 (Large)

 当たり前なんですがとにかくとっても似てますね、一蘭に。

どことなく味集中カウンターを彷彿とさせるような造りまで寄せる必要はないんじゃないかと思ったのが第一印象。

二人掛けのベンチ風な椅子ですが真ん中がゴツ目のスチール枠で間仕切られていて、どちらかと言えば何もない逆側、間の空いている方の隣の席のが気になる感じ。

IMG_0101 (Large)

 そして気になるラーメンは、一蘭のに似ていた。

ただこれは「良くできたフェイク」に通ずる感想で良い意味ではなく、コンビニで売られている本店監修再現ラーメンとその本店のラーメンのような(たぶん)、とても似てるが(なんか違う)非なるものという感想。

少なくともこれだけ後発で本流のようなことを言いたいのであれば、似ているだけじゃなく何かしら一蘭よりかも優れていると感じられるところが欲しかった。というのが行く前からあった期待でして。

自分が一蘭で感じる唯一の欠点、改善すべき点、上回るんであればここだなと思ってたチャーシューも・・・。見た目から違うので使ってる部位を違えてるんだと期待したんですけどね。麺と一緒に食べた感じなんでか似てた。

 一蘭のように「辛いんだけどウマくて止められない。ウマいんだけど辛いっ。」っていう止まらない旨味、最後の最後口の中に残るコクのようなものが足らない感じで、けっして美味しくないわけじゃないんだけれど一蘭を食べてる時の感じと比べると全体的にちょっとずつ劣っているのか、何か物足りなくて「どこをとっても一蘭より優っているところがない」という感想になり、「なら一蘭でいいや」と。

仮に全く別物だとしても源流たる何かを感ぜられればと行きましたが、実際はただの支流。

 

 全盛期の弟子と遥か昔に一線を退き衰えた師匠との差といいましょうか。

替え玉1玉無料なのはいいですが、これも自信あるならそんなことせずやって欲しいとこでもあるし、そんなことをするなら替え玉分と言わなくとも一蘭より安い値段でやってて欲しかった。

 (大元のお店の事は何一つ知らずに書きますが)Wikiによると現在の一蘭からとありましたので、好みを記入するオーダー用紙、味集中カウンターもどき、とあれこれ似せる必要あったのかなぁという疑問。

そこらを真似といてあんな恨み節めいたトップページははっきり言ってカッコ悪い。

IMG_0102 (Large)

 有楽町駅から5分。こういうのぼり旗も店の品を下げてると感じました。

IMG_0072 (Large)

ベッド コンラッド東京 

 寝心地よかったです。

自分の表現力では「しっとり」という感触で、連日ぐっすり寝れました。

IMG_0096 (Large)

 シーツを剥ぐとマットレスはスランバーランド。

あまり見かけることのないマットレスですが、当ブログでは3回目の登場(台北のパレデシン雷門のゲートホテル)。

IMG_0098 (Large)

 こういう詰め物で膨らんでるタイプはどこからどこまで測ればいいのかわかりづらくて、計測はしていませんがざっと30㎝くらいはある。

そしてここも下段はスプリングなし木枠のシングルクッション。

シングルでパッと浮かぶのはパークハイアット東京と香港のハイアットにちょっと前に書いた三井ガーデン日本橋プレミア

 自分としては硬めのマットレスが好みで、弾みの減るシングルクッションの方がしっかり感が出る分寝やすいといいますか、よく寝れることが多いといいますか。

 大阪のインターコンチネンタルもシングルでしたし、シングルは最近の流行りなんですかね。

IMG_0111 (Large)

コンラッド東京 ベイビュールームキング

 もう15年も経ってるんですよね。

いまだに「まだついこないだ開業したばかりの新しいホテル」のような気がしているんですが、開業から15年経っていると聞けば「そこそこ古いんだな」というのが自分の第一感で、開業から5年過ぎたホテルならもう新しいとは思いませんし、15年という長さになると振り返る歴史もある結構な年月に感じました。実際古臭いかどうかは別で。

IMG_0064 (Large)

 普段ならシティビューで予約をしているのですが、今回は海が見たかったのでベイビューを予約。アプリから見ると5900円だか5800円だか約6000円の差があります。

 事前に電話で確認した時はヒルトンアプリのデジタルキーを使えると聞いていたので楽しみにしていたのですが、実際出来たのはチェックインまででキーは使えず。

このスマホを鍵代わりにというシステムが使いたくて、導入されてる舞浜のハイアットに泊まろうとしてたくらい(コロナ下で春からずっと休館中)だったので、今回の宿泊を未導入のパークハイアット東京でもなくここにしたんですが・・・、「デジタルキーは使えません。」と言われた瞬間「飛行機に乗ったとしても大阪のコンラッドに行くべきだったか」と思ったりしちゃいました。

IMG_0066 (Large)

 48平米と狭くはない部屋ですが、都心のちょっといいホテルの部屋としては標準的な広さと造りで、部屋の写真撮影なんと3分で終了(笑。

数年ぶりに新しくしたiPhoneが素早く綺麗に撮ってくれるおかげもあって、我ながら「すんごい早く終わった」と思ってましたが普段は10分以内を心掛けているので3分未満あっさりしすぎてたかも。

IMG_0067 (Large)

 というのも書く前から思っていた「よく見る感じの造り」の部屋という印象のせいもあるかと思うんですが、このブログ上だと大阪のインターコンチネンタルが同じような感じですし、これを書きながら写真を見ていたら仙台のウェスティンの方により似てるなと思いました。

42平米と一回り小さくて、すりガラスで疑似ビューバスですらないですが、まぁ似てはいますね。初めてウェスティン仙台に泊まった時質感の高さを感じたのはコンラッドに似てたからかもしれません。

IMG_0068 (Large)

このホテルで狙うんだったらビューバスのデラックスベイビュースイート一択だと思いますが、アプリを開くとアップグレード可能な部屋にはなっておらず、電話して聞いてみましたがやはり滞在中での空きはないとのこと。

数少ないビューバスの部屋ですから競争率は高いんでしょう。

まぁ部屋ブロ(ビューバス)に重点置くなら他にしてますから特に問題なし。

IMG_0070 (Large)

今回はここへは籠もるつもり+サウナ目当てで行ったんですが、やっぱり水風呂がないとダメですね。水シャワーじゃ体は冷えてもぜんぜん来なかった。

 少々悲しかったのが、部屋のバスアメニティの上海灘がメイドインチャイナなのは致し方なくても替わりに持ってきてもらったテンプルスパのまでまさかの中国製。ついでにアロマセラピーアソシエイツのフォーメンのものもメイドインチャイナ・・・。

IMG_0113 (Large)

 浜離宮の緑もいいですがお台場まで見えるところが気に入っていて、夜景的には海の黒が間に入り灯りが際立ちまぁまぁなんじゃないかと思っています。

 無線LANの速度は普通でそこらのビジホ並。

 

IMG_0083 (Large)

この数字が昼夜問わず安定して出るのであれば通常困りはしないはずですけど、この数字が最大でこれを何人かで分け合うとなると少々物足らない。

 

 部屋に15年前の古臭さを感じないから余計それだけの時間が流れてることに驚くんですが、15年の月日相応の劣化では片づけられない、明らかなメンテ不足を見つけてしまいこれでもガッカリしました。「ボロく」見えるところは即補修しておいて欲しい。

 昼前の遮光具合はこんな感じに若干漏れがあって、日頃完全な真っ暗闇な中で寝ている自分にとっては明かりをつけずに行動できる程度には薄明るい。

IMG_0093 (Large)

 基本的にベタベタまとわりつかれるような接客は好みじゃないので、あまり利用はしないんですが好きなホテルで、今回は海と風花でこちらに決めいくつかのわがままをしっかり聞いてもらったものの、未熟な応対とメンテナンス不十分なせいか起こったトラブルに対しケチくさい対応をされてしまい「やっぱりパークハイアット行ってれば良かったなー」とつい思ってしまってしまい、チェックイン時でも他のホテルを浮かべましたが少々気分が落ちた。

 部屋の感想らしい感想もなくただの訪問報告のようになってしまいましたが、やっぱりヒルトンはどっかしらでセコイなと感じてしまう事が今回に限らず多々あって、その都市にハイアットがあるならばヒルトンには泊まろうと思わないくらいハイアット贔屓になってるのはそこの差だと思うんですよね、ハイアットはどこも太っ腹。

IMG_0094 (Large)

それでもまぁ小田原と大阪のコンラッドに行く可能性はあります。