IMG_0231 (Large)

グランドハイアット東京 キング

 千住博さんの作品を気楽に見れる場所の一つであり、気に入ってるホテルの一つで、自分にとっては特別なホテルの一つ。

気に入ってる理由はどこでも太っ腹なハイアットグループなのとレストランが和・洋・中揃っていて鮨や鉄板焼きもあってどこも美味しいから。

IMGP7693 (Large)

 開業から17年。コンラッド東京同様それだけの年月は感じません。

ですがこれは開業したてのホテルに泊まっておらず最新鋭を知らないだけなのかも。

と思ったのは今回新しいとは言えないホテルに間を置かずに泊まって思ったことで、「”慣れ”というものの悪い面が”緊張感の無さ”として出ている」、のであるならば良くはないな、と一長一短を感じるところがありました。

IMG_0170 (Large)

 42平米の部屋は特徴がないわけではありませんが、2020年の今足を踏み入れ目が引かれる部分はなく、古いビジネスホテル並みに書くことが浮かんで来ない。

 狭くなく広くもない自分にとって丁度いい広さの部屋なんですが、惜しむべきは梁の目立つ窓。

 実際そこまで小さな窓ではありませんし、六本木ヒルズとは反対の西側で開けた方の眺め(と希望を出していた)なので写真で見るほど残念な感じはないのですが、横が大分削られているのは見ての通りですし、膝上くらいからな窓だとどうしても足元付近から窓の部屋と比べて迫力不足は否めません。

IMG_0173 (Large)

 この部屋の良さは広めにとられている浴室だと思ってます。

一番奥に浴槽、壁には鏡。香港のリッツカールトンを思い出しました。

IMG_0176 (Large)

似てなくはないですよね。

 パッと見昔と違うと気づいたのは机の下、鏡面加工された引き出しとトイレの扉。

IMG_0174 (Large)

最初からそうだったかのように巧い具合に後付けされてますが、なぜに戸なしで開けっ広げな造りにするのかわからない。

どんなに親しい間柄であろうと扉があった方が落ち着くと思うんですけどね・・・。

IMG_0180 (Large)

 あとバスアメニティが見知らぬブランド、バルマンに変わっていました。

バニラや生クリームのようなお菓子系統に感じる甘めの香りで、マレーシア製。

IMG_0181 (Large)

普段使わないものに出会えるのもホテルに泊まる楽しみの一つだと思ってますから、聞いたことも見たこともないのは素直に嬉しいもんです。

ただ逆に気に入っていたものがあり、それを楽しみに行ったら突然見知らぬ中国製のものに変わっていてガッカリしたこともありますので(インターコンチネンタルのエレミスがそう)、これも一長一短。

IMG_0273 (Large)

 カーテンの遮光具合はほぼ完璧。

コンラッドのと比べれば一目瞭然。

 

IMG_0282 (Large)

 

 下が今回泊まった西側で、上が六本木ヒルズが被さっている東京タワー側です。

次に泊まる時は上の画像の#13の部屋か低層の3階か6階を一度見てみたいと思いましたが、今度また六本木に泊まるなら前を通った感じ悪くなかったカンデオホテルズのスカイスパを利用してみたい。

 サウナ好きになってわかったのが水風呂のあるなしは大きい、というかないと全く別物ですね。サウナに入るのは水風呂に入るためという話を見たことがあるんですが、それがコンラッド東京でよくわかったので、ここに泊まるにあたって水風呂の有無を確認しました。

 広くて空いてるのは良かったですし、受付に人が居てしっかり検温などをするのは時期的に安心だったのですが、利用頻度が高くなるほど時間が区切られていてフラっと気軽に行けないのは足枷になりもしたので、やはり一長一短がある。

IMG_0281 (Large)

 机の上にあったこれを眺めていてちょうど季節外れの汗をかいて欲しかった制汗剤をお願いしようとしたら「スプレータイプのと塗るタイプのがある」と言われたので、使い切り1回分のだと思い「両方ください」と頼んだらとても数日じゃ使い切れない大容量のモノが届いて驚きました。

乳液なんかはたまに必要となるので化粧品セットくらい置いといてくれよと思うことはあったのですが、ヘアスプレーや衣類用洗剤なんかも貰え、カミソリは部屋にあるのにおかしいなと思ったら部屋にあるカミソリ負けする安っぽいものではなくドラッグストアで1000円くらいしそうなちゃんとしたやつらしく。。。

 最初から置いといてください。

今でこそ電動カミソリを持って行きますが、結構嵩張るし重いので好かないんですよ。

 これだけのモノだとしっかり宿泊料やサービス料に含まれている部分だと思うので、それを知ってる人と知らない人とで差がつくっていうのがどうにも馴染めなくて、何よりそのサービスを隠してるように思えて哀しくなるんですよねー。使う使わないは自由なんで。

一蘭ラーメン ちぢれ麺

 一蘭の所謂袋麺です。

IMG_5513 (Large)

一蘭にはスマートフォン用の公式アプリがありまして、来店ごとにもらえるポイントを集め好きなトッピングに替えるという形のものなんですが、今年は60周年ということでそのアプリにくじ券が届いたので食べに行って引いて来たらこれが当たりました。

ハズレなし(はずれは1つもらえる)なので、数が多いだけなのですが一つ400円もするんですよこれ。

 試しに一つ食べてみましたが、スープはとても一蘭。

袋麺のスープでこれほど寄せられてたら上出来、再現度凄いと思った。

 ただ麺がいただけなかった

 一蘭と言ったら真っすぐな細麺なのになぜにこれちぢれ麺にしたんだろうか?

食べててちぢれ麺での良さは全くわからずじまいで、食べながら「これ次食べる時棒ラーメンの麺を使った方がいいんじゃ」と思ってしまったくらい。

ホームページの商品ページを見ると「モチモチとした食感にこだわった」とあり、それはその通りなのだけれどどうしても細麺の印象なのでとても合っているとは感じ難く、特に自分の場合はあの細麺のかためを選択した際のプツプツとした食感が好きなため、余計わざわざちぢれさせてモチモチとした食感の麺にした理由がわからなかった。

 にしてもこれが400円て。

コロナ禍

 まず日々の報道を見ていて毎度思うのは、「いい加減”感染者数”ではなく、1日の検査人数に対しての陽性者の割合」を報道してほしい。

いくら検査する人間を厳選してようと1日300人~500人しか検査をしていない中の100人250人と、3000人~6000人と検査をしてる中での300人600人では全く意味は違って、検査をする人間の数が多くなればなるほど感度100%の検査じゃないんだからそりゃ偽も含め陽性となる人の数は多くなってくるわけで。

 中国の報道は信じるに値しませんが、日本の報道も信じるに値しないと思ったのは昔からつづくやらせの発覚でではなく震災の時で、原子炉容器に冷却のため水を毎日毎日注入しているとの報道だったが、いくら熱くてかけるそばから蒸発しようと密閉されてるはずの容器に水を入れ続けられるのはおかしい、穴が空いてるんじゃないの?、逆に穴でも空いてないと入っていかないよね?なんて疑問は小学生でも思ったはず。

 また原子炉冷却機能を失って何日目かの昼、株式市場が昼休みの時間だったと思いましたが、突然何号機かの窯の蓋が爆発したんでしょう、原子炉建屋が吹っ飛んだように見えた衝撃的なその映像、それは海外では普通に生中継されていて報道されていたんでしょうが、日本の昼の報道番組では福島原発を遠目から見守るような映像こそありましたがその肝心なシーンはどの局でも流れることなく、戦時中はこうやってありのままを伝えることなく捻じ曲げていたんだろうなと、いまだ変わっていない姿勢を気持ち悪く感じたものです。

 時事ネタですがこれほどの災厄、自分の当時の感情の記録として。

Go Toについても自分の実体験とともに書き残しておこうと思ってます。