IMG_0019 (Large)

三井ガーデンホテル日本橋プレミア モデレートツイン

 久しぶりの外出、外泊。ちょっといつもと気分を変えて日本橋に宿泊。

用事自体は銀座にあったので最初は銀座に泊まろうとしていたのですが、泊まろうとしていた部屋に空きがなかったのと、もう一度銀座に来ることになりそう(iPhone修理)だったので、神田、お茶の水、秋葉原あたりを見ていてここに決定。

IMG_0007 (Large)

 玄関部分は建物の一角、片隅にひっそりあってこじんまり。今のご時世には良い。

 三井ガーデンホテルは自分にとってなかなか縁のあるチェーンでして、その中でもプレミアは気にしているホテルブランドだったのですが、大阪で印象が悪くなりまして

 それでも名古屋に泊まろうとしましたし、神宮外苑の杜も好みの感じっぽかったですし、ここ自体も2年前の開業日の週末に友人と会おうという話があり、それならば「そんな機会もなかなかないので開業日(空いていた)から泊まっちゃうか」と結構楽しみに予約を入れてた事があったり(2~3日前で都合が悪くなりキャンセル)、それぞれあまり用事のない場所なんですが(大阪の事は忘れて)この三つのホテルには行ってみたいと思っていました。

IMG_0011 (Large)

 (あらためて)プレミア、実に良かったです。

 エレベーターを降りて目に飛び込んでくる眺めに銀座プレミアのようなため息が出てしまうような迫力こそありませんが、高い天井にだだっぴろい空間なのはとても好み。

IMG_0032 (Large)

 エレベーターからフロントデスクまで余計なものがないのがいいですね。

色気がないと言えばそうでもありますが、自分にはただのビジネスホテルにはない高級感がしっかり漂っていると感じられました。

ある程度広いとチェックイン時で気持ちがゆったりするんですよね、特にそれまで人が多いとこを通って来てると。

IMG_0012 (Large)

 「新しいホテルいいな」と思ったのは客室までの廊下。小奇麗。

ロビーで感じた高級感のようなものは部屋へ入っても続いていて、開業からもう2年も過ぎているとは思えなかったほど。

IMG_0013 (Large)

ここら辺でもう開業半年くらいで訪れたのに微妙に感じた大阪プレミアとは大きく違っていましたね。

 このホテルではツインを選びました。

IMG_0015 (Large)

その理由は約3平米、畳2枚分ほど広いのと、ベッドがハリウッドツインでその合わせたマットレスの幅がクイーン(151㎝)やダブル(164㎝)の部屋のものより広い246㎝。

 そして他にも一人利用だろうとツインにしようと思うのが、泊まった後これを書きつつ公式ホームページで部屋を見比べていて気づいたことですが、壁一面の大きな窓。

IMG_0016 (Large)

ダブル、クイーンの部屋の窓は半分強くらいといったところで、壁一面が窓の部屋とは見た感じが全然違って、全体の部屋の質感まで違って見えました。

 ツインの部屋は窓際にソファーと椅子があるのも自分にとって好印象。

クイーン、ダブルの部屋はベッドが奥で椅子ソファーは入口ドア側に置かれていて、これは一長一短、好みの差や部屋をどういう使い方するかで変わってくるとこでしょうけれど、大きな窓際から往来を見るのが好きな自分にとってはとても良かった。

 

furo1グーグルストリートビューより

 そしてやっぱり大浴場はイイ。

近所の温泉謳ってる日帰り温泉施設のお湯は塩素臭くてイヤになるんですが、ここのお湯は全くイヤな臭いはしないし、檜の香りもちゃんと感じられた。

 この寝湯が最高で、洗い場の右端にレインシャワーがあるんですがそこで水浴びして冷やして入りを繰り返し、下手な温泉ホテルや混み混みの日帰り温浴施設に行くくらいなら都心のホテルの大浴場でアリだな、と思っちゃったほど気に入ってしまいました。

こういう感じの大浴場だと長湯されない様?にか、高目な湯温の設定にされてるとこが普通な気がしているんですが、ここのは温めで長湯可能なのが嬉しい。

IMG_0018 (Large)

26.4平米の部屋ながらトイレと風呂は分かれており、洗い場付きでレインシャワーと言っていいシャワーのついたもの。

浴槽の長さは短めなんですが幅がかなり広めなせいか、入ってみると見た目であった窮屈そうな感じは一切なく、部屋の風呂だけでも充分なほどの快適さ。

IMG_0017 (Large) IMG_0043 (Large)

 タオルはフロントに聞いてみたら追加を持ってきてもらえたので、なかなかの質のものを気兼ねすることなく使えました。

 

 指定するなら11階です。その理由は製氷機と自販機

キンキンに冷えている飲み物が好みなので、頼んでから持ってきてもらえるまでタイムラグのあるシティホテルのサービスよりビジネスホテルのセルフの方が楽に思ってるくらいかなり頻繁に使うため、わりかし重要視してる点なのです。

IMG_0044 (Large)

 部屋は三方向あり、眺め的に一番良さげな方向はツインに割かれているんでしょう。

#〇〇45の部屋でしたが、向かいはコレド室町テラスなのでコーナールームらしきもののある画像の右手側の角より、交差点で開けているこちら(泊まった)側が一番良いんじゃないかと。

IMG_0024 (Large)

 日本橋プレミア良かったです。

 今はGOTOと地域共通クーポンのおかげで、7~8000円くらいで泊まれる計算になりますが、今回そこそこ周辺をウロウロした結果銀座よりも一人飯は困らなそうだったので、GOTOなしでもこんな宿泊料だったら海外ドラマ一気見に籠りたい。

 どうしても高い宿泊料では辛目に、安く泊まれていると甘めな心情になってしまいがちなのですが、部屋の質感は期待通り良くて、大浴場の寝湯の快適さが半端なくて、かなりの面で満足のいった滞在でした。

だから名古屋と神宮外苑は行ってみたいですねー。名古屋なんか行くことあっても泊まるのは他にしそうですが・・・。

 

 大浴場の写真を拝借してますが、グーグルのストリートビューでホテルのほぼ全てが見れるって面白(便利)過ぎますね。

barグーグルストリートビューより

 BARがカッコよすぎて驚いた(笑。

こんなに雰囲気良いんなら手打ち蕎麦かカツサンド食べに行けばよかった。エレベーター降りた脇がそうであることに気づいてませんでしたが・・・w。

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ ハイアットリージェンシー東京(閉店)

 ※ 元は2014年に投稿したものなのですが、当時の悪癖として1投稿にタイトルとは別の店舗の事も書き入れ文章量を膨らます傾向にあり、そのせいで要らぬ誤解を生じさせていた事に気付いてからは分けるようにしていて、遅ればせながら閉店されたのを機に分割、懐古しながらの改稿になります。

IMG_3421 (Large)

 去年のことになりますが、トロワグロで食べたとうもろこしのパンがすごい美味しくて、どこのだかとかどこかで買えるのか聞いてくればよかったと思ったほど。

翌日電話して聞こうと思いつつとりあえずネットで検索してみたらあっさり見つかりました。ありがたい。

IMG_3422 (Large)

 「表参道にあるパン屋さんのもの」ということで、全く行かないところではないので近くへ行った時には寄ってみようと思って早一年が過ぎ・・・(苦笑。 基本パン食ではないので滅多に食べたいと思うことはないんですが、この日はなぜかパンが食べたくなり、しかもトロワグロのあのパンが食べたい。

と、いうことでトロワグロへ行ったその足でパンを買いに行って来ました。やっとこ。

IMG_3424 (Large)

 トロワグロも1年ぶり。

ランチに限って言えば、全く高いとは思ってません。

IMG_3425 (Large)

この食材を、この空間で、このサービスでこんな皿に仕立て上げて提供してくれるんですからむしろ安いとすら。

 いつ仕入れたかわかんないようなのを似たような値段で出す店とかもありますし。

IMG_3429 (Large)

そういうところと比べてしまえば安く感じてしまう。

と、去年2013年までは思ってたんですが、ちょっと落ちた?

IMG_3428 (Large)

 口に入れた直後から「旨い・・・。来て良かった。。。」というような感動がない上、サービスがちょっと雑い、というか当たった人が品がなく汚らしい。

 去年は「ここまで気を使ってくれるんだ・・・。」と感動しましたが、今回はちょっとフツーのそこいらどこでもあるような高級な店って程度。

IMG_3430 (Large)

あのパンと心地よいまでのサービスのために来てると言っても過言ではないので、あのサービスはかなり残念・・・。

 パンだけ買うこと覚えてしまいましたし、次回も同様にお粗末な感じなら他探しになります。。

IMG_3432 (Large)

 そして2020年追記分。

 2019年末で閉店してしまったんですね。

 「えーっ」残念・・・と思いましたが、それと同時に頷けるような感覚。

それは前回上記2014年の感想まま、料理での感動がなくなり、洗練さを感じない人にサーブをされてしまったのが非常に大きかったんですが、以降自分の足も遠のいてしまっていたから。

 基本、予約が取れないというような気難しい店よりも、その日ふらっと寄って「好きなものを好きなだけ食べる」というこちらの勝手に合わせてくれている店のが好きなため、自分にとって日本で言うグランメゾンは縁遠い存在。

そんな中当日の予約でも嫌な顔をしないここはありがたく、勿論美味しいは美味しいんですが、食事を人生における楽しみにしてる自分にとってある程度以上の食事となれば欲しているものは斬新さや物珍しさといった「驚き」という感動である場合も多く、運ばれてきた皿を見て「どんな味がするんだろう?」とワクワクすることのない、前回と似たような皿を出されたり、またその印象が「柑橘系一色」では「行ったことのない店に行ってみたい」と思う事が多くなってしまうのも仕方がないこと(もちろん「それ」は「そこの色」ということでもあり、その変わらないもの{ここで言えばとうもろこしのブリオッシュはそれにあたる}を求めて行く場合も当然あるのですけれど)

 青山にあったピエールガニェールやコンラッドのゴードンラムゼイもあっという間に無くなってしまいましたが、やはり三ツ星シェフと言えども日本で店を続けるってことは相当厳しいんでしょうね。

二度と行かない店たち

 「二度と来ないな」と思った店を列挙します。

  • ガスト
    学生の頃に一度行き、当時の(今は知らない)ハンバーグのマズさに閉口して「安かろうマズかろう」とはこのことだなと思い、その後の人生でもう一度だけ付き合いで仕方なしに店に入りましたが何も頼まず過ごしたので有言実行の内かと。
  • ふらんす亭
    これも学生の頃、駅前にあり何も考えずに「入りましたが、店内は狭いし、何を食べたか忘れましたが多分レモンステーキで、ただの焼肉定食なような感じと美味しくなさに「これのどこがレモンステーキ・・・」とゲンナリして、以来ステーキからしばらく遠ざかる。今は本場で本場のレモンステーキを食べたいです。
  • 餃子の王将
    これも学生時分。とにかく美味しくなかったというか味がしなかったというか、これも安かろうマズかろうの代表という印象で、餃子と天津飯を注文したと思うんですが全部食べるのが苦痛で仕方なかった。
  • 紅虎餃子房
    とにかくマズかった記憶。有楽町かどっかの3階建てくらいの駅前店だったと思うんですが、接客悪いし、居心地も悪いし、食事しようと思って入ったのに単なる居酒屋で辟易。以降この際コーポレーションの店と知った場合絶対入らないようにしています(そうとは知らずに入ってしまった店が2~3アリ)。
  • サブウェイ
    バンコクにて。とにかくめんどくさかった。
    注文方法がわからなかったというより、店の仕組みからわかっておらず、商品受け取るまであれはこれはと選択させられるのがクソウザくて「いったいいつになったら完了するんだ?もうあの写真と同じものをちょうだい・・・」とひたすらめんどくさくて、やっとこ手にしたサンドイッチは高いのに全くおいしくなかったし。
  • 牛角
    マズかった。というか味がしなかったというべきか。
    何度か見かけた物凄い繁盛具合を見て(車のみならず自転車の数も凄かった)当時はまだ近所に住んで居た友人2名と物見遊山中で。ここも「安かろうマズかろう」。ここの焼肉を5回行ったつもりで良い店に1度行けばいいと思ったというか、安いからって形だけのものなら食べなくていいと思うようになったのはここからか。
  • ステーキのけん
    ここは正確には二度行ってます(笑。
    一度目の時、ハラミというのを知って数年ハラミ好きだった当時の自分はハラミステーキを頼むんですが、その味のしない肉に「二度と来ない」「なんでこんな店流行ってんだ?安いから?世の中舌がバカの奴ばっかかよ」と思ったんですが、その後の炎上騒動の際、時間が経っていたのであらためてきっちり貶すために再訪(苦笑。硬いし味はしなくて不味くて、逆に「よくこんな(味もしなくて硬い)肉見つけてくんな(笑」、とひたすら金をかけずガッツリ儲ける姿勢を素晴らしいとさえ思ったり、家族連れが多いのを見てこんな肉を「ステーキ」として食わされてる子供たちを不憫に思ったり。
  • ゴーゴーカレー
    ウマくなかった。
    二度と行かないというより、この店を見かけて「カレーが食べたい」と思った時は、近くに他のカレー屋がないかと探しここには行かないので、そういう意味で。
  • スシロー
    何を食べたか忘れましたが横須賀の方で。二人で行って会計700円ちょっとで出る。茶碗蒸しとポテトは頼んだのでたぶん1皿か2皿だけでの判断ですが、北海道の回転寿司の後なのでまぁなかった。いろいろ入った回転寿司で唯一はっきりマズいと思った。数ある回転寿司の中で二度と行かないと思ってるのはここだけ。
  • 鳥貴族
    2~3年前。長い間「行ってみたい」と思っていたんですが、当方アルコールは摂らないため中々機会に恵まれず沼津か熱海の旅行への際やっとの思いで行ったんですが、それだけにガッカリ度は
    まず実際行ってみての第一印象が「安くない」。品数多く食べたい派なので1品2本の縛りがウザく、なんかヌルくて焼き立ての感じはしないしタレの味が強いせいか肉の旨味は全く感じなく自分の感覚でどっちかと言えばマズくて、コンビニで売ってる焼き鳥と同レベルかコンビニの方が上に感じた程度で、(近所に鳥貴族のモノと比べると肉は小ぶりだけれど1本120円~150円でめちゃくちゃウマい店があるので全然安いとは思ってませんが)安くてもマズくて結果高く感じるっていう、自分の嫌っている見本のような店。
  • からやま
    テイクアウトの弁当だけで判断してしまってますが、二度と食べたくない。
    系列のかつやは安く美味しいので(近所に)開店したてで大混雑中にもかかわらず期待を抑えきれなくて・・・。そのすぐそばにあるほっともっとの唐揚げ弁当より安くもなくて美味しくもないんじゃ意味がない。