天麩羅 ほり川 ホテルニューオータニ

今回は写真なしです(苦笑

 撮りそびれたのや撮り忘れたというのもありますが(入り口や店内)、ことてんぷらに関してはたいていカメラを手に取ることも忘れ一心不乱に食べますので、撮っても出だしの1枚、一息ついたところに間が合えばってな感じで2~3枚撮る程度。多分食べるのに夢中だったんでしょう。

それで感想になりますが、結構良かったです。

と、いうのも大して期待していないところから始まってるのもありますが(電話での応対やら、席についてからの対応、態度でかなり不安を感じた)、自分の中にある「ホテルの天婦羅屋」の印象をひっくり返してくれました。

HPを見ますと、カウンター席のある普通の天婦羅やさん

次いでメニューをパッと見、安い

7000~、10000~、12000~という感じの認識でいたため5000、7000、9000~というコースの分かれ方にまず

 「おやっホテル(夜)なのにだいぶ安いとこからあるな」

と思った。そして

 「まぁ中身見ないとわかんないよな」

とコースの中身を見比べてみると

 「えっ?こんなにきちゃって!?」

一番安い5000円のコースで海老2本、魚介4種、野菜5種、にかき揚げ+デザート

普段行ってる店だと15000円コースな感じ

約7000円のコースだと、これに魚介と野菜がもう1種ずつと野菜スティックが追加

 

タネの数だけ見て考えると一番安いコースで充分満腹な感じ。初めての店で勝手がわからないまま注文して途中で残す事態は避けたく、油もんは「量」がコワイ。

 

5000円のコースでは自分の好きなタネが入ってないということなので、そのコースに1タネ追加してもらう形でお願いしました。

まずは才巻きからでちゃんと頭も出してくれ、一安心

美味しく、そしてちゃんと頃合見計らって揚げてくれる(当たり前っちゃー当たり前ですけど)
特に記憶に残っているのはイカです

すんごい身厚で(たぶん今までで一番だと)、そして食感が抜群。これは=揚げ加減が抜群ってことなはずで

そしてコースの中には入ってなかったギンポウ

梅雨の時期にわざわざ狙って食べに行ったりしてた天ダネなんですが、まさかこの時期ほぼ飛び込み(部屋から直前で予約は入れましたが)で入ったお店で供されるとは

嬉しかったですねーこれ。ありがとうございました。

満席だったとり芝さんとは逆に、こちらはキャンセルのお客さん出てたんでしょうか。思わぬ幸運で、ごちそうさまでした。

 

食べ終わっての感想は、全体的にタネは小ぶりで、5000円のコースでも「ちょっと多いかなー」って思ってましたが、満足出来た丁度よい量で。

タネが小さいのも値段を考えれば納得、色々な天婦羅を楽しめるというでは利点

最初不安に感じる部分が多々散見されてたんで不安を感じてましたがまったくの杞憂

決して侮ってたわけじゃありませんが、さすがは御三家。いつも行くお店の半額くらいで納得の質。夜としては安く(しかもホテル内)使いやすいのでたまにはアリだなって思えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。