タイ

48 バンコク ベッド デュシタニバンコク タイヘリテージスイート

IMGP5933 (Large)

シーリーでした(画像の上下ひっくり返したら気持ち悪くなったのでやめました)

IMGP5934 (Large)

マットレスの厚さは20cmくらいですが、その分なのかベッドパッドが敷布団のように厚い!

ここの後泊まる香港のハイアットリージェンシーのベッドもここと同じようにベッドパッドが厚くてそちらに細かい感想を書いているのではぶきますが、実にいい

最初から詰め物の厚いマットレスを買わずに、敷布団(このベッドパッド)や、厚さ数cmの低反発マットレスといったものを自分の好みで合わせた方が微調整出来てよいと思います

IMGP5930 (Large)

手入れにもう一手間加わることになりますが、これは寝心地考えるとがんばれるはず

日本でも売ってるのかなこういうの。昔結構探しましたがこんな厚いのはなかった

IMGP5902 (Large)

47 バンコク デュシタニバンコク タイヘリテージスイート 其ノ弐

来てよかったです。

タイは「微笑みの国」って言われてますけど、そのタイで一流と言われるホテルに泊まったらこうなんだろうなって想像してるとおりのホテルで、泊まってよかった

設備は若い(新しい)方が間違いなく優れていると思いますが、人は若けりゃいいとは限らない

もちろん才能に溢れ、若くして優れた気配りで奉仕できる方もいるでしょうけど、何十年って経験がモノを言う安心感とでもいいましょかそれと、昨日今日建ったホテルでは感ぜられない「ここで働くのが何より大好きだ」っていうような、誇りみたいなものを感じました

毎日楽しそうに働いている人を見るのは気分がいい

IMGP5908 (Large)

夜のが映えますね、この部屋の色味だと

そう高い天井ではないと思いますが、窓が大きいからか部屋が広いからか気にならず

IMGP5910 (Large)

夜景の面では目の前が公園で開けている分パタヤ同様さみしいもんありますが、夜景目当てでバンコクに滞在してるわけでもないし(この後行ったレストランで充分堪能しましたし)

IMGP5852 (Large)

一応予定的には1週に1日はホテルから出なくていい休養日を作っておいたんですが、数年ぶりのバンコクだと全然部屋でゆっくりすごす気にはなりませんで毎日どこかしらには行っていた

IMGP5918 (Large)

写真見てて思い出したのが、コンセント

IMGP5928 (Large)

この机にノーパソ置いて翌日の~、とはいかなくて

空いてるところを探すとテレビの裏くらいにしか見当たらず(電気ポットの横にもありますが)

IMGP5870 (Large)

テレビ裏から電源取るとアダプターのコードの長さが足りずっていう、広すぎる弊害(苦笑

IMGP5912 (Large)

シャンプー類はデパートで見かけたことのあるHARNNのもの

香りはレモングラス臭、っていうか昔の駄菓子のなにか(ガムかアイス)にそっくりな感じ

IMGP5913 (Large)

その国のブランドのものだと嬉しいんですよね。気取った欧米産のものよりありがたい

何より知ることが出来るし、試しておみやげにも出来るし、せっかくその国に来てるんですから何の縁もない他国のものよりその国のものを使いたい(ちなみに中国での中国産だけは嫌です(苦笑

逆に欧米に行ってまでアジア産のや日本のメーカーのシャンプーには出会いたくありませんし

 IMGP5888 (Large)

到着時にはこんな豪華な花輪をいただきまして、持って帰れそうはなかったのでお供えしてきましたが、どうするのが正解でしたかね(タクシーの運ちゃんにあげようかとも考えた)

IMGP5899 (Large)
あとこれ↑ロビーラウンジでいただいたレッドブルなんですが、やっぱ日本のとは味違うんだよなーなんでだろ

 

にしても、このクラスのホテルからだとどこへ行くにしてもタクシーのナンバーだか運転手のIDをメモってくれているんで、トラブルになりそうな感じがしないのは気楽でいいスね

だいたい近場まで行ければ・・・と目印になるものを伝えそこから歩き探そうというような所でもドアマンに理解してもらえさえすれば、きちんとタイ語で「そこ」を運転手に伝えてくれる

朝から空港へ行ってくれる運転手を探すことも値段交渉もしなくていいのはすごい楽で(笑)、言葉に不安がある方が日本語の使えるホテルというのを選ぶ理由を理解できました。

IMGP5936 (Large)

IMGP5796 (Large)

46 バンコク デュシタニバンコク タイヘリテージスイート 其ノ壱

とまぁ部屋が落ち着くまですったもんだありましたが、従業員の良さに惹かれたこと、それがこのホテルへの滞在を決めた半分ですから、ここにしてよかったと思える快適な滞在でした

あとの半分は部屋と地の利と屋台飯

屋台飯っつってもほぼバーミーナームなんですが、こればっかりは屋台のが好きだし美味い

目の前がルンピニーパークということに眺め以外の重要な点があって、それが食事の出来る屋台があるということ。周りに屋台があるかないかってのが自分の場合結構重要で(あっても夜だけとか朝だけとか)

BTS駅はすぐそばだし、駅のあるシーロム通りは夜になると露店で埋まり土産物に困らないから、出国前の宿としてはこれ以上ない完璧さ

デラックス、エグゼクティブスイート、タイヘリテージスイートの3部屋を前日パタヤからの帰りに見せてもらい、その中のタイヘリテージスイートが今回のタイ旅行の〆にふさわしく思え

IMGP5772 (Large)
部屋の扉を開けた瞬間の感覚はホントこの写真みたいな感じ

思えば、ここも一目惚れ状態でした

他の二部屋はチラっと覗いた程度でほとんど記憶にありません

IMGP5780 (Large)

デラックスは一番最後だったか、ドア開けて「あーはいはい(日本でもよく見る感じだ)」で終わり

エグゼクティブスイートは、どっかのジュニアスイート(バンヤンツリーだっけかなぁ)に見えて、面白みのなさと肝心の風呂が非ビューバスで興味を失い・・・w

出てた値段がデラックス1万5千、Eスイートが2万くらいだったでしょうか(円)

この2部屋しか見せられてなかったらどこへ泊まっていたか?

他にスーペリアというカテゴリが別棟であるようで、デラックスより5㎡広くHPにある写真からだけですが、昔ながらのって感じでそちらの部屋の方が結構好み(確か12000円くらい)

ですが、どの部屋もイマイチ。

パタヤのアマリの後だと泊まる気になれず、どこか他もう1軒見に行ってたろうと思います

ルブア、セントレジス、インターコンチネンタル、オークラ、ハイアットにコンラッド

インターコンチネンタルかオークラを見に行ったとして、これに最初は泊まるつもりでいたハイアットとコンラッドを入れた中から・・・話戻します(苦笑

IMGP5763 (Large)

このタイヘリテージスイート、HP見ると4種類(ロッブリー、ランナー、スコータイ、アユタヤ)あって自分が見学させてもらった#1617の部屋はスコータイスイートとのことでした(泊まった部屋は聞いていない)

都合3部屋移り歩いてる最中、違いは頭にまるで入ってきてません

○○17の部屋は3階分見ましたが、どれも同じ感じですね

そしてたぶん他の3種の部屋のが、感じだったり、家具の配置だったり好みに思いました(苦笑

IMGP5781 (Large)

まーとにかく広い部屋(80㎡)で持て余しました

椅子の数見ても思いましたが、やはり4人くらいの家族でつかってちょうどよいでしょうね

上の写真のソファーの後ろに洗面台がある形で、通路から右側が水周り。荷台もチラッと見えてるんですが、左側がクローゼットで一番奥に寝室

IMGP5770 (Large)

寝室からの眺めは○○10の部屋と大差ないかも知れませんね

IMGP5792 (Large)

むしろこっちのが背の高い建物近くに見えてるだけに悪いのかな

IMGP5791 (Large)

このテレビの位置は#10の部屋とは違いますね(にしても小さいテレビです・・・苦笑)

IMGP5793 (Large)

この部屋に決めた理由、それは案内された部屋が眺めの良い#○○17の部屋だった、というのもありますが、一番惹かれたのは

IMGP5737 (Large)

あぁ・・・この風呂につかりたいって思ったからです

特別眺めがいいということもないし、サッシが二重なせいか、ガラスの色か?はたまた単に汚れているだけか(黄色っぽい)わかりませんが、とにかくグッときた

IMGP5784 (Large)

 

この部屋滞在してあらためて強く感じましたが、自分には広い部屋は必要ないですね。それに喜びや贅沢さは感じないんでしょう、むしろ寂しさがつのってきてしまってダメ。居間部分をコンセントぐらいでほとんど使いませんでしたから(苦笑

IMGP5794 (Large)