国内

IMG_0190 (Large)

けやき坂 グランドハイアット東京

 「さほど混んでいない」というのを確認しつつ空いてる時間、野菜と魚を食べに。

客は他に1組の姿が目に入っただけで、出る時にもう一組居たかなー程度。

IMG_0196 (Large)

 事前に流し見ましたが、ランチ、ディナーともにあまり好きでない食材の献立の月

 食わず嫌いが微妙に多いので相談して調整してもらうことはよくするんですが、けやき坂の場合食後の甘味に魅力がない時が多く(甘いものが大好物ではないというのが大きいんでしょうけれど、仙台の一舞庵のような鉄板を使ったものだったり、ニューオータニの石心亭のような和を基本とした口直しだったりすれば楽しめるんですが・・・)残念ながらこの月もそうだったので、食後の甘味はチャイナルームのマンゴープリンかフィオレンティーナのペストリーブティックで仕入れて部屋で食べることにして、コースではなく単品から自分で組み立てる。

IMG_0203 (Large)

 以前はあった鶏や豚の料理が無くなっちゃってましたが、メニュー見ながらその時の気分にあった献立を自分で考えるの楽しくてかなり好きなんですよねー。

 この時の魚介は自分的にイマイチな感じだったので、サラダでなく焼き野菜5種に、毎回頼むようにしている特殊な透明フィルムを使った蒸し焼きと、一番安い国産牛のサーロインで注文。

IMG_0197 (Large)

 野菜はアスパラ以外は勧められたものの中から食べたことのない知らないものを選んだのですが、翌昼か翌々昼に天麩羅を食べる予定だったので、なすや玉ねぎ、れんこん、さつまいもあたりを避けていたら、頼み終えた時には(肉に付属の3種も入れ)芋っぽいものばかりになってしまってましたが、それはそれで楽しめました。

雪室じゃがいもが一番おいしかったです、おススメ。

IMG_0200 (Large)

 この時の「〇〇季節野菜の蒸し焼き トリュフストックソース」は”勘八”です。

 「勘八であれってどうなんだ?」という杞憂。

季節野菜の彩りの悪さも相まって以前春に食べたものとは残念なくらい別物で、魚の風味の良さが引き出されておらず悪さが強調されてるようで、自分としてはハズレ。

自分の感覚では金目鯛やもったいないですけどキンキ、もしくは生で食べたことはないんですが、鱈とかスズキなんかの方が合いそうかなと思うんですが。

IMG_0201 (Large)

 コロナ下の影響で最近は自分でもステーキ肉を焼くようになったので、今回目線は勉強のつもりで見つめてたんですが、やっぱりプロの仕事は違いますね。

230gで6600円(消費税サービス料込8349円)の肉でしたが充分ウマい。歯が入っていく食感が気持ちのいい身のしまった噛み応えの焼き具合。

IMG_0202 (Large)

いつからかお好み4種を30gずつで食べ比べを出来るようになってるんですが、一番安い肉でこれくらい美味かったら目隠しでやったら「まるで当たらないんじゃ?」って思ったくらい好みの食感でウマかった。

 ガーリックライスでなくご飯と味噌汁の方がいいのも自分流。

 さくっと1時間程で席を立つほど短い夕食でしたが、充分楽しめました。

時期が時期だけに部屋での食事と悩んでいましたが、やっぱり目の前で調理してもらう程嬉しいものはなく。

 次夜に来ることあったら次こそは4種食べ比べに挑戦してみようかなー。

IMG_0231 (Large)

グランドハイアット東京 キング

 千住博さんの作品を気楽に見れる場所の一つであり、気に入ってるホテルの一つで、自分にとっては特別なホテルの一つ。

気に入ってる理由はどこでも太っ腹なハイアットグループなのとレストランが和・洋・中揃っていて鮨や鉄板焼きもあってどこも美味しいから。

IMGP7693 (Large)

 開業から17年。コンラッド東京同様それだけの年月は感じません。

ですがこれは開業したてのホテルに泊まっておらず最新鋭を知らないだけなのかも。

と思ったのは今回新しいとは言えないホテルに間を置かずに泊まって思ったことで、「”慣れ”というものの悪い面が”緊張感の無さ”として出ている」、のであるならば良くはないな、と一長一短を感じるところがありました。

IMG_0170 (Large)

 42平米の部屋は特徴がないわけではありませんが、2020年の今足を踏み入れ目が引かれる部分はなく、古いビジネスホテル並みに書くことが浮かんで来ない。

 狭くなく広くもない自分にとって丁度いい広さの部屋なんですが、惜しむべきは梁の目立つ窓。

 実際そこまで小さな窓ではありませんし、六本木ヒルズとは反対の西側で開けた方の眺め(と希望を出していた)なので写真で見るほど残念な感じはないのですが、横が大分削られているのは見ての通りですし、膝上くらいからな窓だとどうしても足元付近から窓の部屋と比べて迫力不足は否めません。

IMG_0173 (Large)

 この部屋の良さは広めにとられている浴室だと思ってます。

一番奥に浴槽、壁には鏡。香港のリッツカールトンを思い出しました。

IMG_0176 (Large)

似てなくはないですよね。

 パッと見昔と違うと気づいたのは机の下、鏡面加工された引き出しとトイレの扉。

IMG_0174 (Large)

最初からそうだったかのように巧い具合に後付けされてますが、なぜに戸なしで開けっ広げな造りにするのかわからない。

どんなに親しい間柄であろうと扉があった方が落ち着くと思うんですけどね・・・。

IMG_0180 (Large)

 あとバスアメニティが見知らぬブランド、バルマンに変わっていました。

バニラや生クリームのようなお菓子系統に感じる甘めの香りで、マレーシア製。

IMG_0181 (Large)

普段使わないものに出会えるのもホテルに泊まる楽しみの一つだと思ってますから、聞いたことも見たこともないのは素直に嬉しいもんです。

ただ逆に気に入っていたものがあり、それを楽しみに行ったら突然見知らぬ中国製のものに変わっていてガッカリしたこともありますので(インターコンチネンタルのエレミスがそう)、これも一長一短。

IMG_0273 (Large)

 カーテンの遮光具合はほぼ完璧。

コンラッドのと比べれば一目瞭然。

 

IMG_0282 (Large)

 

 下が今回泊まった西側で、上が六本木ヒルズが被さっている東京タワー側です。

次に泊まる時は上の画像の#13の部屋か低層の3階か6階を一度見てみたいと思いましたが、今度また六本木に泊まるなら前を通った感じ悪くなかったカンデオホテルズのスカイスパを利用してみたい。

 サウナ好きになってわかったのが水風呂のあるなしは大きい、というかないと全く別物ですね。サウナに入るのは水風呂に入るためという話を見たことがあるんですが、それがコンラッド東京でよくわかったので、ここに泊まるにあたって水風呂の有無を確認しました。

 広くて空いてるのは良かったですし、受付に人が居てしっかり検温などをするのは時期的に安心だったのですが、利用頻度が高くなるほど時間が区切られていてフラっと気軽に行けないのは足枷になりもしたので、やはり一長一短がある。

IMG_0281 (Large)

 机の上にあったこれを眺めていてちょうど季節外れの汗をかいて欲しかった制汗剤をお願いしようとしたら「スプレータイプのと塗るタイプのがある」と言われたので、使い切り1回分のだと思い「両方ください」と頼んだらとても数日じゃ使い切れない大容量のモノが届いて驚きました。

乳液なんかはたまに必要となるので化粧品セットくらい置いといてくれよと思うことはあったのですが、ヘアスプレーや衣類用洗剤なんかも貰え、カミソリは部屋にあるのにおかしいなと思ったら部屋にあるカミソリ負けする安っぽいものではなくドラッグストアで1000円くらいしそうなちゃんとしたやつらしく。。。

 最初から置いといてください。

今でこそ電動カミソリを持って行きますが、結構嵩張るし重いので好かないんですよ。

 これだけのモノだとしっかり宿泊料やサービス料に含まれている部分だと思うので、それを知ってる人と知らない人とで差がつくっていうのがどうにも馴染めなくて、何よりそのサービスを隠してるように思えて哀しくなるんですよねー。使う使わないは自由なんで。

一蘭ラーメン ちぢれ麺

 一蘭の所謂袋麺です。

IMG_5513 (Large)

一蘭にはスマートフォン用の公式アプリがありまして、来店ごとにもらえるポイントを集め好きなトッピングに替えるという形のものなんですが、今年は60周年ということでそのアプリにくじ券が届いたので食べに行って引いて来たらこれが当たりました。

ハズレなし(はずれは1つもらえる)なので、数が多いだけなのですが一つ400円もするんですよこれ。

 試しに一つ食べてみましたが、スープはとても一蘭。

袋麺のスープでこれほど寄せられてたら上出来、再現度凄いと思った。

 ただ麺がいただけなかった

 一蘭と言ったら真っすぐな細麺なのになぜにこれちぢれ麺にしたんだろうか?

食べててちぢれ麺での良さは全くわからずじまいで、食べながら「これ次食べる時棒ラーメンの麺を使った方がいいんじゃ」と思ってしまったくらい。

ホームページの商品ページを見ると「モチモチとした食感にこだわった」とあり、それはその通りなのだけれどどうしても細麺の印象なのでとても合っているとは感じ難く、特に自分の場合はあの細麺のかためを選択した際のプツプツとした食感が好きなため、余計わざわざちぢれさせてモチモチとした食感の麺にした理由がわからなかった。

 にしてもこれが400円て。