ベッド

IMG_0014 (Large)

ベッド 三井ガーデンホテル日本橋プレミア モデレートツイン

 三井ガーデンホテルはサータ社統一のようですね。

IMG_0046 (Large)

 公式ホームページを見てるとプレミアのマットレスはただのガーデンホテルのそれより7㎝厚く58300円高い、LS-7000Pサータラグジュアリースイート/ピローソフトというのを使用してることになっています。

厚みはカタログで28㎝で実寸だと23~4㎝といったところ。

IMG_0051 (Large)

 気になったのはシングルクッションなんですよね。

大阪や銀座はちゃんとした台板があってダブルクッションだったと思いましたが、公式ホームページで見ると名古屋はダブルで、神宮外苑はシングルのようなのでここを境に変わったのかもしれませんね。

 寝心地は、前日の睡眠不足、久々の外泊で当日の疲れとぐっすり寝れる要素はこれ以上ないくらいありましたが、途中で覚醒することもなく朝に電話がかかってくるまでふかーく寝てましたんで、銀座プレミアでも思ったことですがサータのものは合ってるんでしょうね。

IMG_0048 (Large)

 にしてもこのマットレスローテーション、(10月宿泊)一見でわかるんだからわざわざ貼り付けるのならしっかりしててくれないかなぁ。

IMG_4244 (Large)

ベッド むさしのグランドホテル&スパ ツインルーム

 ホテルでよくみる仕様で、実測でおよそ20㎝のマットレス。

IMG_4255 (Large)

実測・およそというのは巻き尺で測ってもカタログやタグに書いてあるのと同じ厚さになることがないのと、手をものさしがわりにあてただけですませているのが理由になります。

 予約サイトのプラン説明内にもシモンズ社のマットレスであることが書かれてありましたし、公式ホームページの部屋の紹介のところにも2行目に「全室シモンズベッド」と記載されていて、力を入れた「売り」な部分なんでしょう。

 直近なのでつい比べて(浮かべて)しまったヒルトンお台場のマットレスより厚いか(縫い目の数を比べると一本多い)同等なので、がんばってると言えなくもない(ヒルトンのがちょっと力抜き過ぎなんじゃとも言えます)。

IMG_4254 (Large)

 その寝心地は硬いというのではなく「しっかり」。

寝転がってみた瞬間から好みな寝心地でよく寝れそうな気がしていましたが、食事前に1~2時間睡眠を取るつもりで寝たら起きたのは真夜中2時過ぎと、寝すぎてしまったほどよく寝れました。

IMG_4044 (Large)

ベッド ヒルトン東京お台場 スーペリアデラックスツイン

 ファインダーを覗いていて「ん?」と奥と手前のマットレスの見え方に若干の違いを感じました。

 めくってみるとやはり奥のはスタッキングベッド。

IMG_4096 (Large)

 マットレスはシモンズ。

上のマットレスにはビューティーレストのタグがありましたが、生地からしてビジネスホテルでよく見かける一番安上がりに見える仕様のもので、厚さは実測で17㎝くらい。

IMG_4092 (Large)

 下のマットレスはシーツ越しに測ってですが13~14㎝くらいだったので浦安の東京ベイ東急で見たものと同じやつで、上19㎝と下14㎝の組み合わせなのかなと思いました。