1513

2019年度用備忘録

 今年度版も去年同様変わりがないので、以前から行ってみたい、ずっと行きたいと思ってたとこを足してみました。新規で興味を持ったのは、フィアーザウォーキングデッドで出て来たメキシコに実在するホテルと、春先に通った時寄ってみたいと思った尾道に、寝台列車(シベリア鉄道)の映像を見ていいなと思ったロシアの3つ。

映像での見え方、気持ちの掻き立てられ方には段違いのものがあるようで、伝わり方の凄さ、入って来方には驚いて(情報を仕入れるためには)テレビを見るようにしないとダメかなーと思いだしています。

思えば雑誌や旅行本の類もここ2年コンビニでパラパラめくるくらいで、大きな書店や図書館で読むことがなかったし、その手の刺激を受ける話をしてくれる人間も今は皆無じゃ、そら新たに何か思う行きたい所が突然湧いて出てくるはずもないっスよねー。

昭和にやってた海外題材クイズ番組が今こそ必要。

  • 愛知(うなぎ)
  • 函館
  • 秋田(田沢湖などIRISロケ地)
  • 軽井沢千住博美術館
  • 尾道
  • 沼津の深海水族館
  • うなぎの養殖場を見学したい(沖縄か静岡)
  • 北陸(富山、石川、福井どこでも。蟹と回転寿司)
  • 香川(うどん)
  • 博多(屋台)
  • 長崎(皿うどん 太・細)
  • 韓国(ホテル・服・冬ソナロケ地)
  • 台湾(食・ホテル)
  • 上海(ホテル・DR)
  • 香港(DR・クルーズ・ホテル)
  • シンガポール(クルーズ・ホテル・食)
  • カンプノウ(スペイン)
  • ケネディスペースセンター(アメリカ)
  • ビルトモア(アメリカ)
  • ロサリトビーチホテル(メキシコ)
  • ロシア
  • 寝台列車旅

 

 2018年、は腰の重い一年でした。

短い日取りでしか組めなかったり、どこかしらキツ目の予定になりそうだと「ならいいや」、となったのが去年は海外のみならず国内でも。

自分の性格上行ってしまえばなんとかなるのは確実なんですが、その行くまでというのがなるべく飛行機に乗りたくない自分にとっては大きな障害になって二の足を踏みがちで、出不精を患ったか気づけば近場ばかり。

  • 大阪(鴨なべ、たこ焼き、串かつ)
  • 愛知(うなぎ)
  • 銀山温泉(もう10年以上言ってる)
  • 沼津の深海水族館
  • 弁天島(泊まりたい民宿がある。うなぎの養殖場を見学したい)
  • 北陸(富山、石川、福井どこでも。蟹と回転寿司)
  • 香川(うどん)
  • 博多(屋台)
  • 長崎(皿うどん 太・細)
  • 沖縄(旧友に会いにとマンゴーを狩に)
  • 韓国(ホテル・服)
  • 台湾(食・ホテル)
  • 上海(ホテル・DR)
  • 香港(DR・クルーズ・ホテル)
  • シンガポール(クルーズ・ホテル・食)
  • スペイン(サッカー観戦)

2018年泊まって一番よかったところは

 ウェスティンホテル仙台です。

あの感じは大宮や名古屋じゃ出せないでしょうし、あの料金と質感は都心じゃ不可能。

1泊完全に寝ただけの滞在だったため細かな感想はなくざっくりした印象が大半なのですが、近くに住んでいようとただホテルに泊まるのみで行こうと思えるくらい全体の雰囲気がとても良くて、気分の良くなるホテルは国内じゃ中々ない。

 ただあれで宿泊料が4万5万となると話が違ってくるので、やはり宿泊料金に対して相対的な見方での部分も大きいんでしょう。そう考えると東京都心で4~5万するホテルに半額以下で泊まってるという感覚なのかもですね。

 シェラトン、ウェスティンを双頭にしたスターウッド系列にあまりいい印象がなかったんですが、「本物は違うんだなー」と格違いの良さがありました。

 次点、というか他に良かったなと思えたのは、奇抜な造りの部屋で意外と良かったホテルキャッスル山形、部屋の居心地の良さが光ったゲートホテル雷門、これぞ求める朝食!と思った浜松のゲンズホテル、あとこれら3ホテルよりは1枚落ちるんですがなぜか妙にツボって良い印象が残っているホテル銀座ダイエー、の4ホテルはそれぞれの良さで記憶に残っていて、どこもまた行きたいと思っているホテルですね。

感動した食べ物・食事

 何かを食べて感動したことってありませんか?

先日、とは言ってももう半年も前なんですが、「確かにここはここでうまいけど感動するほどの美味さじゃないんだよ、わかる?」というような話をしているとこに遭遇しました。

自分は参加することなく「うんうんわかるわー」(例えばアレとか、アレうまかったなー)と頭に浮かべながらそれを聞いていたんですが、話題に加わっている人たちは皆、食に興味を持たずに生きて来た人たちなのか、「何かを食べて感動することってあるじゃん?ない?」という問いに共感、同意はなく、話題の根底が存在してない感じ。

いつだったか生まれた時から目の見えない人に物の色を伝えることの難しさに気づいた時から、感じられない人=その感覚を持ち合わせていない人に、その事の説明をすること=共感を得るって困難どころか出来ないんじゃないかと思うようになっていたんですが、「これ食全般でも言えることだわなー」と久々思い出しました。

 そういう感覚、感情でもそうですが、ソレが芽生えない人間であるのならば、それを感じ取る能力が備わらない限り、感じ取れないし、理解出来ないもんなんだろうな、と

諦観じゃなく達観と思ってますが、同じソレを経験しても同じ感動が得られているとは限らない

 味付けでも好みの差がありますけど、食材の好き嫌いなんかまさにコレ。

食にかけるお金の多寡、人生に置ける食の重要度に差はあると思ってましたけど、確かにある程度同じような味覚を持って同じようなモノを食べても同じように心が動かされてない人もそらいるわな、どころか、えっ?そういう人のが多い?

食べることが好きで食べログみたいなサイトを見てれば同じような価値観の人で溢れていて、一見そうとは見えてもそれが=普通、多数派と思ってたわけじゃないんですが、むしろ少数派?って思わされるくらいその時の対話は成り立ってなかった(笑

 

 分かる人と分からない人の間に優劣は存在しませんけど、共有・共感出来ないのは寂しい。

こう思いつつ話しを聞きながら、自分が感動した食事を思い出していました。

 「世の中にこんなウマイもんあるんだーーー」っていうベタな感動から、「・・・ナニコレ・・・っっっすっげーうまい・・・」と固まってしまう感じのもの、それまで食べてきた同じものの中で一番と思ったもの、今まで「それ」と思って食べてきたものは別の何かと概念を書き換えられたものや「これが本物」と自分の好みを気づかされたものなどなど、それぞれ「どこで」「誰と」食べたのかはっきりと覚えてます(連れられてったおかげで店名がわからないトコもありますが、苦笑)。

自分にとっては「食べることが(も)人生」でこういう色々な感動を与えてくれる楽しみの一つ。大袈裟に書けば生きてる意味で旅先で出会いたいものの一つなんですよねー。