1513

2020年泊まって一番よかったところは

 当然のことですが、外泊、外出すら少なかった年でした。

後でもう少し丁寧に書き残しておきたいと思っていますが、この武漢肺炎禍のコロナ下で馴染みのある店が閉業、閉業、また閉業と身近で重なってくるにつれ「引き籠っているだけではダメ」という結論に至りました。

食べログのようなサイトが出来、今のようにほとんどの人がカメラ付きの携帯電話、スマートフォンを持ちツイッターのようなSNSを利用されていて、最近目立つのは閉業を決めたお店に群がる惜しむ声。

実際にその情報がSNSを通じ拡散されていくとその店に行ったことのない自分から見ても「こんなに人が来るのなら(勿論体調面の問題でない場合ですが)閉める必要ないんじゃないか」なんてありきたりのことをやっぱり思ってしまうんですが、手厳しい方のの意見の中で「「昔よく行ってたのに・・・」とそうやって(懐かしむ)あなた方が行かなくなった結果(つぶれた)」というのをよく見かけます。

 これはきっとその通りなんだと思います。

閉店、閉業となると懐かしむ勢が押し寄せるけれど、それはやっぱり一過性のもので持続は望めない。

年齢による引退、後継者が居なくて閉業という場合は仕方ないと思いますが、自分が知ってる限り、少なくとも1年前の状態では何の問題も感じられなかった店が次々と閉店していくのを見たら、自分で出来る限りの守りは固め、それでもある程度の危険があることは承知した上で、他の誰かに任せるんでなく、自分一人でも行くことがどんだけ細かろうと支えの一つになるはずだ、と。

 

 話を戻して、GOTOトラベルで3分の1ほど割り引かれてる料金は、その印象をガラっと変えるほど大きかったと思います。

というよりビジネスホテルを中心にちょっと安すぎるように見えるホテルも多かったですが、自分が泊まって知っているホテルの中には3割引きくらいの「今の」宿泊料こそが適正に見えるホテルが少なくなかった。

 今年の一番は三井ガーデンホテル日本橋プレミアです

宿泊料に対しての全体的な質感の高さ。コンパクトな部屋ながら洗い場付きの浴室に個別のトイレ。最大の理由は塩素臭くなくひのきの匂いが香る寝湯まである大浴場。

 このコロナ下の状況を「戦時中」と表現して10か月間過ごしてきましたが、その特異な状況下の割安な宿泊料だから普段より余計に(安さ故)良く感じてしまったのかもしれませんが、今年泊まった中で一番というのは確かです。

 次点は伊香保の横手館

一番良いと思える部屋に、良く気を使ってもらえたので本来なら一番でもおかしくはないのですが、これはGOTOトラベル以前の普通の宿泊料で、次行った時も昔は特別室だったというその同じ部屋になるかどうかが不確定なため、その特別な配慮、ホテルで言うアップグレードのようなものはなかった状態で考えさせてもらった結果になります。

2019年泊まって一番よかったところは

 該当なし。とさせてください。

と言うのも今年泊まった宿泊施設はどこも良かった。

年始のセントレジス、森秋旅館、ウェスティン仙台、鉛温泉藤三旅館、大沢温泉、メトロポリタン仙台、東京ベイ東急、浦安万華郷、ステイビューいかほ、ムスビー浜松町、ヒルトンお台場、それぞれが用途に分かれ違った価格帯で展開していてそれぞれ泊まってその理由に納得で、「大満足!」とまではいかないまでも満足感のある滞在が出来ていました。

 その中でも勿論群を抜いて良かったのはウェスティンホテル仙台なのですが、二年連続というのがブログ的にどうなんだとこの一か月以上考えてまして、12月31日の現時点でまだ「これでいいのか???」と迷ってはいるものの、とりあえず今年は該当なしと書いておかせてください。気持ちの上では今年で一番良かったのは文句なくウェスティンホテル仙台です。

2019年度用備忘録

 今年度版も去年同様変わりがないので、以前から行ってみたい、ずっと行きたいと思ってたとこを足してみました。新規で興味を持ったのは、フィアーザウォーキングデッドで出て来たメキシコに実在するホテルと、春先に通った時寄ってみたいと思った尾道に、寝台列車(シベリア鉄道)の映像を見ていいなと思ったロシアの3つ。

映像での見え方、気持ちの掻き立てられ方には段違いのものがあるようで、伝わり方の凄さ、入って来方には驚いて(情報を仕入れるためには)テレビを見るようにしないとダメかなーと思いだしています。

思えば雑誌や旅行本の類もここ2年コンビニでパラパラめくるくらいで、大きな書店や図書館で読むことがなかったし、その手の刺激を受ける話をしてくれる人間も今は皆無じゃ、そら新たに何か思う行きたい所が突然湧いて出てくるはずもないっスよねー。

昭和にやってた海外題材クイズ番組が今こそ必要。

  • 愛知(うなぎ)
  • 函館
  • 秋田(田沢湖などIRISロケ地)
  • 軽井沢千住博美術館
  • 尾道
  • 沼津の深海水族館
  • うなぎの養殖場を見学したい(沖縄か静岡)
  • 北陸(富山、石川、福井どこでも。蟹と回転寿司)
  • 香川(うどん)
  • 博多(屋台)
  • 長崎(皿うどん 太・細)
  • 韓国(ホテル・服・冬ソナロケ地)
  • 台湾(食・ホテル)
  • 上海(ホテル・DR)
  • 香港(DR・クルーズ・ホテル)
  • シンガポール(クルーズ・ホテル・食)
  • カンプノウ(スペイン)
  • ケネディスペースセンター(アメリカ)
  • ビルトモア(アメリカ)
  • ロサリトビーチホテル(メキシコ)
  • ロシア
  • 寝台列車旅

 

 2018年、は腰の重い一年でした。

短い日取りでしか組めなかったり、どこかしらキツ目の予定になりそうだと「ならいいや」、となったのが去年は海外のみならず国内でも。

自分の性格上行ってしまえばなんとかなるのは確実なんですが、その行くまでというのがなるべく飛行機に乗りたくない自分にとっては大きな障害になって二の足を踏みがちで、出不精を患ったか気づけば近場ばかり。

  • 大阪(鴨なべ、たこ焼き、串かつ)
  • 愛知(うなぎ)
  • 銀山温泉(もう10年以上言ってる)
  • 沼津の深海水族館
  • 弁天島(泊まりたい民宿がある。うなぎの養殖場を見学したい)
  • 北陸(富山、石川、福井どこでも。蟹と回転寿司)
  • 香川(うどん)
  • 博多(屋台)
  • 長崎(皿うどん 太・細)
  • 沖縄(旧友に会いにとマンゴーを狩に)
  • 韓国(ホテル・服)
  • 台湾(食・ホテル)
  • 上海(ホテル・DR)
  • 香港(DR・クルーズ・ホテル)
  • シンガポール(クルーズ・ホテル・食)
  • スペイン(サッカー観戦)