トリプルC(シャンプー) ホテル龍名館

 やはりペリカン石鹸が好きすぎて。

IMG_5512 (Large)

横浜ロイヤルパークとパークハイアット東京で出会って以降、最近では薬用せっけんもペリカン石鹸のにしていますが、以前日比谷かな?のremmで買ったシャンプーはタンポポっぽい香り(カモミール)が好きになれなくて、洗髪後は気にならなくても洗っている最中薫る香りを気に入れないとさあこれから使おうという時に気分が上がって来なくて、ほんのり香る紅茶の香りが素晴らしかった田町にあるセレスティンホテルのジャルダンアンソレイユの替わりにはなりませんでした。

 結構前、通りがかりにremmでシャンプーの自販機を見かけた時にはホテル龍名館(東京)でもペリカン石鹸を採用していてしかも(オンラインでも)販売しているのはジャルダンアンソレイユが買えないとなった時に調べて知っていたと思うんですが、ビジネスホテルにしては面白い部屋があると知っていてそこに泊まって試そうとでも思っていたのか、近くに行ってもすっぽり忘れ帰って来て思い出す感じを繰り返し、やっと立ち寄り買って来ました。もう一つ購入出来るペリカン石鹸製のホテルオリジナルシャンプー、トリプルC1500円。

 前回のremmでは香りを確かめずに横着してまとめ買いをした結果使い切るのにえらい苦労しましたので、「グリーンティー」という間違いなく好きであろう香りながら慎重を期して1本のみ購入(3本まとめてだと500円安い)。

 とりあえず一回使った後これを書いているんですが、泡立ちの良さは今まで使ってきた他のシャンプー同様相性の良い安定のペリカン石鹸製で、香りはほのかにというかかすかに緑茶が浮かぶ感じで、乾燥後の匂いも薄めな印象。

 使い続けていると感想が変わってくることもあるので、3分の1を使った頃にあらためて追記したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。