ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラシックツイン

 感想を一言で言うと  ケチい

これにつきます。

 ある程度から上のホテルに期待するのは「豪華さ」のようなものだと思ってます。

そういうのが必要ないならばまっすぐビジネスホテルで充分なわけですし、様々な面で「ケチケチしていない」ところに惹かれるといいますか、「さすがは一流ホテル(高いけれど太っ腹)」と思わされるわけで。

IMGP3687 (Large)

 部屋に特別不満はありません。眺望もまぁ悪くはない(決して良くもない)。

IMGP3689 (Large)

「こんなもんでしょう」という平均的なというか、無難な感じ。

ただベッドがやたら薄くてガッカリ

IMGP3695 (Large)

 フロントで上のカテゴリを紹介された時「アメニティが違う」と説明あったんですが、なんとシャンプー類が使いきりじゃなく壁に据付のボトル・・・。

IMGP3685 (Large)

てっきりエレミスからブルガリという風に「上に」変わるもんだと思ってましたが、まさか一つ上のカテゴリが想像していた通常営業のモノで、そこから下がるとは(苦笑。

 ビジネスホテルかよ

 

 エレミスの香りを一番の楽しみにしていたと言っても過言ではなかったので、相当ガッカリしましたねこれ。すっげぇ冷めて全てがどうでもよくなりました。

IMGP3684 (Large)

 公式見ると平米数に28~32と書いてあり、2タイプあるような感じですがどちらの部屋かはわかりません。まぁ居室部分の差でしょうから気にしなかった。というよりもうどうでもいい(苦笑。

ちなみにチェックイン時、シャワーブースが有る部屋はこのカテゴリーにないと聞きました。

IMGP3692 (Large)

 特段広くも感じませんでしたが、狭くも感ぜず居室部分はちょうどよい感じ。

IMGP3701 (Large)

ですが、バスルームは息苦しいというほどじゃないにしろ最低レベルに狭い。

 そしてボトル(苦笑。そこそこの宿泊料金取るくせに

 

 他にも色々細かいところで気になったことがいくつかありましたが、はぶきます。

 サービスは気を回してもらってる感じが終始して、とても気分よかったのですが、まぁ・・・なんか・・・全体的に残念な気分にさせられることが多く、次にここ界隈で用事があったとしても、もうここには泊まらないと思います。

 実に中途半端に思いました。

仮にここでクラブフロア使うならもうちょい出してグランドハイアットかリッツカールトンにすると思いますし、この料金でこんな気分にさせられるなら半額のモントレでも大差ないんじゃまいか?とは思いませんかね?

実際の状況にもよりますから使ってみないと実感でどうかはわかんないですけどね。

 

以下2016年追記

 やはり中途半端というのが一番しっくり来ます。

20年前の20世紀ならこのホテルを選ぶこともあると思いますが、21世紀の現時点だと部屋には豪華さを微塵も感じませんし、贅沢をというならリッツカールトンを選択するべきだというのが結論です。

 レストランで見れば低層ですがグランドハイアットの方が魅力ありますし、商業施設的にミッドタウンやヒルズの方が面白みありますし、周囲は全く持ってつまらない。

たぶんそれら2ホテルではなくオークラを相手にしてるんだなと思ったんですが、ここに泊まってガッカリしない人にとって単なるプリンスホテルはどういう評価になるんでしょうかね。

IMGP3699 (Large)

 この写真、ちょっと通路の幅を狭めたらビジネスホテルに見えると思うんですよね。マットレスが薄すぎて貧相だから。

IMGP3693 (Large)

 この奥に鎮座してるソファーとテーブルに必要性を感じなければやはりモントレでいいと思います。(銀座のモントレ泊まった感じでははちょっとダメすぎかも)

 泊まった感想として単なるプリンスホテルにこそ勝つ豪華さはあるものの、所詮その程度なので得られる満足度は低く、宿泊料金に納得するよりも逆に高く感じるくらい。

 この日の夕飯(といっても22時過ぎだったと思いますけど)が牛丼だったのが懐かしい思い出。「無駄遣いした」とよっぽどここにしたことを反省したんでしょう(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。