日本料理「さくら」天ぷらカウンター ヒルトン東京お台場

 気に入ってるホテルの一つで、気に入ってる天麩羅屋の一つ。

以前日航東京時代は日本料理さくらとは分かれた、「天麩羅 吉野」と独立した店名でやられてましたが、経営がヒルトンに変わった際寿司や鉄板焼同様、さくらの奥にあるお店の位置に合わせた店名に改め、「さくらの中(奥)に別店舗」があったややこしさはなくしたよう。

 予約の取りやすさは以前と変わらずでしたが、人気がないというわけではないと思いますので(実際空いてはいない)、早めの予約しといた方が良いのは確かです。

 店の位置、ここと言ってまず思い浮かべる絵画の様な借景も変わらず。

それとコースの料金も吉野時代とほぼ変わらず(夜が1000円上がってました)

IMG_4054 (Large)追加のめごち

 季節の魚(2種と3種)の違いを聞き、5000円の九重(キスと白魚)にとりあえずめごちを追加してもらい、後はお腹の膨れ具合と相談ということにしてもらったんですが、結果穴子と食事(ご飯)にかき揚げも追加したら8000円の東山ほぼ同じ献立に。

 初めて見る顔の方に揚げてもらってましたが、自分の天麩羅に関しては概ね満足。

IMG_4057 (Large)

専門店に来る以外で天茶を食べる機会はなかなかないのでつい天茶にしてしまうんですが、やっぱり出汁じゃなくお茶天茶は好みではないのもあって、ここでは天バラかかき揚げ定食の形をおススメします。

 初めて単品の品書きを見たんですが、かき揚げ高っかいですね(笑。

IMG_4056 (Large)

これならかき揚げ無しのご飯と味噌汁でいいから季節の魚介をもう2品追加でより幸せになれると思います。

 

 ここからは蛇足になりまして「自分の」というおかしな物言いについて。

たまたま隙間な時間でかき揚げ手前まで他に客の居ない状況だったんですが、そこから3組6人とテーブル席から4人前の注文が入りまして、それらの捌きをのんびり眺めていると、空いてる時で良かったな・・・と思う雑さが見えてしまいました。

 急に10人分が追加されるのですから慌ただしくなるのは当然だと思います。

ただ以前名人と言われる人の店に19名で押しかけたことがあり、その時幹事だった自分は鍋の前の特等席に陣取らせてもらい名人の仕事っぷりを見ていましたが、それまでに訪れた時と何ら変わらない、いつも通りの、余裕で普通の姿がありました。

その当時の自分はそれを見ても何とも思ってなかったんですが、その後色々経験して見えなかった「差」を感じるようになると、そんな色々な状況の違いでも変わらない「凄さ」に気付かされ、今回再びその名人の「さすが」なを姿を思い出し、「混んでる時は他でもいいかもな」と思ってしまったって話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。