二度と行かない

二度と行かない店たち

 「二度と来ないな」と思った店を列挙します。

  • ガスト
    学生の頃に一度行き、当時の(今は知らない)ハンバーグのマズさに閉口して「安かろうマズかろう」とはこのことだなと思い、その後の人生でもう一度だけ付き合いで仕方なしに店に入りましたが何も頼まず過ごしたので有言実行の内かと。
  • ふらんす亭
    これも学生の頃、駅前にあり何も考えずに「入りましたが、店内は狭いし、何を食べたか忘れましたが多分レモンステーキで、ただの焼肉定食なような感じと美味しくなさに「これのどこがレモンステーキ・・・」とゲンナリして、以来ステーキからしばらく遠ざかる。今は本場で本場のレモンステーキを食べたいです。
  • 餃子の王将
    これも学生時分。とにかく美味しくなかったというか味がしなかったというか、これも安かろうマズかろうの代表という印象で、餃子と天津飯を注文したと思うんですが全部食べるのが苦痛で仕方なかった。
  • 紅虎餃子房
    とにかくマズかった記憶。有楽町かどっかの3階建てくらいの駅前店だったと思うんですが、接客悪いし、居心地も悪いし、食事しようと思って入ったのに単なる居酒屋で辟易。以降この際コーポレーションの店と知った場合絶対入らないようにしています(そうとは知らずに入ってしまった店が2~3アリ)。
  • サブウェイ
    バンコクにて。とにかくめんどくさかった。
    注文方法がわからなかったというより、店の仕組みからわかっておらず、商品受け取るまであれはこれはと選択させられるのがクソウザくて「いったいいつになったら完了するんだ?もうあの写真と同じものをちょうだい・・・」とひたすらめんどくさくて、やっとこ手にしたサンドイッチは高いのに全くおいしくなかったし。
  • 牛角
    マズかった。というか味がしなかったというべきか。
    何度か見かけた物凄い繁盛具合を見て(車のみならず自転車の数も凄かった)当時はまだ近所に住んで居た友人2名と物見遊山中で。ここも「安かろうマズかろう」。ここの焼肉を5回行ったつもりで良い店に1度行けばいいと思ったというか、安いからって形だけのものなら食べなくていいと思うようになったのはここからか。
  • ステーキのけん
    ここは正確には二度行ってます(笑。
    一度目の時、ハラミというのを知って数年ハラミ好きだった当時の自分はハラミステーキを頼むんですが、その味のしない肉に「二度と来ない」「なんでこんな店流行ってんだ?安いから?世の中舌がバカの奴ばっかかよ」と思ったんですが、その後の炎上騒動の際、時間が経っていたのであらためてきっちり貶すために再訪(苦笑。硬いし味はしなくて不味くて、逆に「よくこんな(味もしなくて硬い)肉見つけてくんな(笑」、とひたすら金をかけずガッツリ儲ける姿勢を素晴らしいとさえ思ったり、家族連れが多いのを見てこんな肉を「ステーキ」として食わされてる子供たちを不憫に思ったり。
  • ゴーゴーカレー
    ウマくなかった。
    二度と行かないというより、この店を見かけて「カレーが食べたい」と思った時は、近くに他のカレー屋がないかと探しここには行かないので、そういう意味で。
  • スシロー
    何を食べたか忘れましたが横須賀の方で。二人で行って会計700円ちょっとで出る。茶碗蒸しとポテトは頼んだのでたぶん1皿か2皿だけでの判断ですが、北海道の回転寿司の後なのでまぁなかった。いろいろ入った回転寿司で唯一はっきりマズいと思った。数ある回転寿司の中で二度と行かないと思ってるのはここだけ。
  • 鳥貴族
    2~3年前。長い間「行ってみたい」と思っていたんですが、当方アルコールは摂らないため中々機会に恵まれず沼津か熱海の旅行への際やっとの思いで行ったんですが、それだけにガッカリ度は
    まず実際行ってみての第一印象が「安くない」。品数多く食べたい派なので1品2本の縛りがウザく、なんかヌルくて焼き立ての感じはしないしタレの味が強いせいか肉の旨味は全く感じなく自分の感覚でどっちかと言えばマズくて、コンビニで売ってる焼き鳥と同レベルかコンビニの方が上に感じた程度で、(近所に鳥貴族のモノと比べると肉は小ぶりだけれど1本120円~150円でめちゃくちゃウマい店があるので全然安いとは思ってませんが)安くてもマズくて結果高く感じるっていう、自分の嫌っている見本のような店。
  • からやま
    テイクアウトの弁当だけで判断してしまってますが、二度と食べたくない。
    系列のかつやは安く美味しいので(近所に)開店したてで大混雑中にもかかわらず期待を抑えきれなくて・・・。そのすぐそばにあるほっともっとの唐揚げ弁当より安くもなくて美味しくもないんじゃ意味がない。
IMG_1667 (Large)

高尾 岸本屋

 寄り道途中下車。

駅前(JR)をウロついた限り、岸本屋と玉川亭の二択で、蕎麦しかなさげな武骨な飾りっ気のなさで駅舎正面の岸本屋を選びました。

IMG_1668 (Large)

店内の雰囲気も品書きの少なさもその通りな感じで、これで後は肝心の蕎麦が美味けりゃ大当たり。

 やたら丸っこくつるつるしたのど越しや独特の弾力から、家で食べた乾麺の蕎麦や立ち食いそばが浮かんだんですが、乾麺だったりはしませんよね?さすがに。

IMG_1669 (Large)

 本来書く水準ではないんですが、立ち食いそばは除いてここのとこずっと手打ちのそばしか食べてなかったのもあってか、とにかく衝撃的でまぁなんか驚きました(さすがにこれは手打ちではないと思う)。

 

 京王線に乗り換えて高尾山口まで行った方がよかったかも知れません。それとも高尾(山)自体観光地、ということなのかどうかは、登山がてらまた来た時にでも。

一度も行ってないのに二度と行かねえと思った店の話

 去年博多へ行った後探して次回行こうと思って楽しみにしていた店での話です。

過去「二度と行かない」と堅く誓う店やホテルに行き嫌な思いをする度書き綴って来て一カテゴリーに昇格させましたが、まさかこんな目に合うとは思ってもいなかった。

 

以下「 」は電話のやりとり

 

 「すみません、今からなんですが席ありますか?」

 「ーえーと・・・21時閉店でもうラストオーダーなので・・・」

 

19:56分の話でラストオーダー20:30です。

 

 「それでもいいんです。お店まで100~200mあたりまで来ているんですが、今の時点で席に空きはありませんか?」

 「ー本日少々混みあってまして・・・お待ちいただくにも時間が・・・」

 「蕎麦だけ食べられれば…と思っているんですが・・・」

 「ーおそばも温かいもので今日はもう出てしまったものもありますので・・・」

 「蕎麦自体がなくなってしまったんですか?長居はしませんしカウンターでも良いのですが・・・。その・・・特別な蕎麦、例えば鴨せいろの鴨がないとか、ねぎがないとかでせいろ(蕎麦)はいただけるんですよね?」

 「ー少々込み合ってまして~なんたら」

 「わかりました。」

 

切りました。

とりあえず店の前まで歩いて行き(2分間)店を通りから覗いたら奥のテーブル席は空いていたし、カウンターも埋まっていませんでした。

 

自分の話し言葉から地元の客でないことは伝わっていたと思います。

確かに一観光客の一見客です。間違いありません。

ただ、限りある3度の夕食(3泊なので)のうちの1回をはるばるあなた方のお店の蕎麦を食べてみたいと思い足を運んだんですよ、遠くから。

一度きりの人生。記憶に残る夕食って何回あると思いますか?

旅行で訪れた僕がそこで食べられる蕎麦は一生の内何度あると思われますか?

 

人を相手に、ものをつくって商売する資格がないと思うよ、尾崎さん。

今までの人生でこれほど悲しい気持ちにさせられた記憶がない。

蕎麦屋名乗らず居酒屋と言ってて下さい。それなら行こうと思わなかったから。