IMG_9682 (Large)

大江戸温泉物語 浦安万華郷 露天風呂付き和室6畳

 浦安に3泊。

当初の考えでは以前より興味のあった幕張のアパホテルに泊まりたかったんですが空きがなく、断念したものの大浴場への思いが断ち切れず泊まっていたホテルからすぐそばにあった大江戸温泉物語グループの施設を初訪問することにしました。

 泊まりで。

IMG_2690 (Large)

 ここともう一つ似たような再生ホテルグループと共にあまり良い評判を聞いたことも見たこともなかったので、自分で確かめるいい機会かなと思って思い切って移動することにしました。綺麗だしこれといった文句もそれほどなかったホテルに居ましたが、どこか居心地が良くなくてもう一泊する気にはなれなかった。

「巷で言われるほどのことはなくイイ感じに過ごせるんじゃないか?」と楽観出来ていたのは、去年の春利用した神戸の神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿京都の日本館での滞在が思いのほか良かったというのがあったと思います。

IMG_2693 (Large)

 大浴場を使うので部屋風呂はなくてもよかったんですが、あっても困りはしないので露天風呂付き客室にしました。

 「ととのう」という言葉を知って以来サウナを利用したくてたまらなくて、サウナ目当てと言っても過言ではない選択で、露天と言っても無理矢理露天にしてるような、部屋の小さなフロには入らないかなーと思っていたんですが、これが大きな間違い。

IMG_2692 (Large)

 部屋の大きさというか狭さは思ってたとおりだったんですが、フロスペースの開放さ加減と風呂桶のデカさは想像以上で快適。とても気に入り部屋風呂にしか入らなくなるんですが、その理由の一つは部屋の風呂の湯も水道水ではなくちゃんとした温泉。

 実際行くまでは「どうせ温泉と言っても塩素臭い循環湯。。。」に「部屋のフロに引かれているのは普通の水道」と思っていたんですが、だけに蛇口をひねって出てくるのが塩素の臭いなぞ一切ない塩っ気のある湯水だったのは嬉しい誤算。

IMG_2694 (Large)

細かい泉質なんぞは全く気にしませんがとにかく何回だろうと好きに真新しい湯に入れ替えられるのと、誰を気にすることなく自分好みの湯温に調整し放題なのがこれほど幸福に感ぜられるとは。

 つかりながらスマホは使えるし、湯船で飲み食いするのも自由(笑。

 大浴場の方を全く利用しなかったのにも理由があって残念な点でもあったのですが、あまり清掃状況が良くないというか、流れが澱んでしまう造りのようで色んなゴミがやたら目につく感じだったので、好き勝手に出来てた部屋の露天とは天地の違い。

 

 露天風呂付きの客室にトイレはありません。

ですが、宿泊用区域に部屋が10室くらいあるのですが、それら各部屋の中心あたりにトイレが位置しているので、部屋の戸を開ければどの部屋からも20~30歩はあれば行ける近さで不便さは感じませんでした。

 行くまでは露天風呂付きの部屋でなくともよかったと思っていましたが、部屋の風呂まで温泉となるならそれが最高ですね。断然イイ。

IMG_9683 (Large)

 いくつかある食事処は期待しないように、といいますかそれを例えるなら”現在のではなく一昔前の”「決しておいしくはない」高速道路のサービスエリアの食事です。

焼肉屋や本格的な中華料理屋もあったのを見て、店内でではなく「くつろぎ処」という大広間にて、中華を中心に他の店からも頼んで食べようと考えたんですが、まずその中華のテイクアウトは20時半でラストオーダーと書かれてあって諦め、近くのテーブルでたこ焼きやフライドポテトを食べながらどーするか悩んでいると、その中華の店の前で「もう閉店?」と言ってる方が居たんですが、ホントに同じ感想。

フロ入ってのんびりマッサージでも受けて「さあじゃあそろそろ食事にするか」と思った頃にはラストオーダーの時間か閉店が気になる時間という感じなはずで、宿泊者の外出(そこまでの利用料金を精算した後)出来るのですが、近くにはコンビニくらいしかありませんから、食事面ではあまり頼りにならないと考え、注意が必要です。

 意外というか、前日食べていたあれこれがイマイチどころかイマニジュウゴくらい期待外れ(今まで行った日帰り温浴施設の食事処としては最低レベル)だったため、朝食付きプランだったのでありがたく食べに行った期待してない朝食がかなり美味でした。

IMG_2720 (Large)

やはりここもビジネスホテルの朝食として考えると、4つ星ホテルのそれよりはるかに特色が出ていて食べる(選ぶ)楽しみがあって、しかもおいしい。

特に味噌汁がちゃんとしているものでとてもおいしく具の豆腐が際立ってウマかった。

IMG_2721 (Large)

並ぶおかずの中に冷奴だけが置いてあって「京都でもないのに珍しいな、こだわってんのかな?」と気にはなってたんですが、納得。朝食だけでいくらなのかわかっていませんが差額1000円程度ならば、付きのプランを選択して損はないとおススメします。

 

 その他注意点として翌日の入館(フロ利用)も込みのプランだったんですが、チェックアウトが9時で、施設の営業時間が9時まで営業の再開が11時からとなっており、再入館できるようになるまでの2時間空白の時間が発生、というか追い出されます(笑。

ただ開園と同時にTDRへ行くような方たちには丁度良くもあるのかな、と思いました。

 日帰り温泉施設が好きで利用を考えている人の場合、その空白の2時間さえどうにかなる算段がついていれば、露天風呂付きの部屋での宿泊はかなり快適で、良い気分転換になるはずです。

 実際利用してみた感想として、たぶん隣に小さい子連れのご夫婦が泊られていたと思うのですが、物音や話し声が気になることもなく過ごせて、思いのほかくつろげていました。

 あと、どこかのホテルの使い捨てのスリッパをここ用に持ち帰って持参しましょう。

 

 追記

 大事なことを書き忘れていました。

 ここは「”泊まることが出来る”日帰り入浴施設」なだけで、ホテルではありません

飲食とマッサージを除いた接客はサービス業の中で最低水準と言える態度、対応。そのやる気のないしゃべり方は、普段の生活で在る普通の感覚で行くと腹立たしく思えることばかりで、温泉につかれても精神面で疲れて精神衛生上よろしくありません。

特に受付(会計)、に居る男性従業員3人と言葉を交わしましたが、3人とも最悪で失礼と思うくらいの応対をされ嫌な気分になりますから、一切言葉を交わさないつもりで行って極力何かを尋ねたりするのはやめましょう。自分で調べた方がマシです。

 それと連泊の場合はカプセルホテルのように追い出されることなく室内に居続けられるそうなので。(注 「 お な じ カ テ ゴ リ ー の部屋の場合に限り」と念を押されましたがそんなことわかっとるっちゅーねん。。。)。

IMG_2678 (Large)

東京ベイ東急ホテル スーペリアラージコーナーツイン

 ここもビジネスホテルでした。

と書きましたが前回(メトロポリタン仙台)と違って今回のは下調べ不足。

IMG_2673 (Large)

部屋からの眺めで気になった建物があってマップで調べても表示されなかったので散歩がてら見に行ったら開業前のハイアットプレイス東京ベイで、そこのホームページを見ていて「新浦安のホテルはどこもこういうビジネスホテルより」な感じで特化型なんだなと気づかされました。

  • レストランがない、またはあっても一つ
  • 先払い
  • ルームサービスがない
  • 何かを頼むと自分で取りに行くことになる
  • コインランドリーがある

自分の場合ここらの条件の中から2~3当てはまるとビジネスホテルだと判断しまして、このホテルの場合5つ全てが当てはまり、ビジネスホテルの定義がきっちりと定まっていないためと推測できますけれど、ビジネスホテルじゃない枠の中にここまでビジネスホテルなビジネスホテルを混ぜておかないで欲しい。

「急いでいた」「乗り気な滞在ではなかった」など調べることを怠った自業自得ではあるのですが、「(ビジネスホテル)なら他にしたのに・・・・・」と後悔しました。

IMG_2654 (Large)

 駅からは直線2キロちょいで歩けない距離ではないですが、新興住宅地ならではの綺麗だけどつまらない大変苦痛な道のり。駅から30分に1本シャトルバスがあります。

 部屋はさすがに開業して1年なため真新しく綺麗。

IMG_2636 (Large)

今思えば「角部屋で窓が大きく明るげな部屋」という予約サイトの写真を見て予約を入れましたが、全室禁煙、洗い場付きの浴室、バルコニーがある部屋だったのは好みな喜べる要素でしたが、どうにも味気ない。

この味気無いという感想はコンビニのある1階やロビー階の2階からあったもので、ビジネスホテルと思って見れば至極当然な状態なのですが、普通のホテルのつもりで訪れてしまった自分は「アレ?」という感じで、その飾り気のなさに気分が落ちました(笑。

IMG_2643 (Large)

 広いし(開業間もないから)綺麗なんだけど全く写真を撮る気がおきない。

まあ大半の客はそれらの成分をディズニーリゾートで摂るつもりでいるから全く必要としていないのかもしれませんから、用途、選択を間違えた感は否めません。

IMG_2644 (Large)

 広い部屋というよりスカスカした感じの部屋は43平米。

部屋に入ってまず気になったのは部屋の広さや窓の大きさではなく、配置の偏り。家具の量に対して不釣り合いな広さがあるのに意図的に無駄な空きを作っている様。

IMG_2646 (Large)

ベッドをもう2つ、4つ横に並べてちょうどいい奥行きはそれ用で、本来4人用の部屋を兼ねているんでしょう。ヘッドボードが3人分までの長さしかないのはナゾです。

 洗い場付きの浴室には他では見ないかなりゆったりとした浴槽でなかなか。

IMG_2638 (Large)

このホテル東西南と三方向がとんでもなく開けていてその遮るもののなさを目の当たりにすると、4つある角の一部屋はビューバスにしてくれてても、特に海側だったらその部屋に滞在目当てで来るほどになったんじゃないかと思えたほどに「何もないけど」見晴らしはいい。

IMG_2637 (Large)

トイレが独立して囲われているかどうかというのは、どういう間柄であろうと2人以上で泊まる際には重要な要素だと思うのですが、出入りする戸が引き戸で部屋と直接面しているので音が聞こえそうなのが結構気になる造りで、開き戸にするとか、洗面の方に戸を設けていれば二重になっていたのに、とものすごい細かい部分からイマイチなところがつながってるように感じる。

IMG_2671 (Large)

 東西をそれぞれ墓地と公園に挟まれている埋め立て地の中でも海っぺりに建っているので、遮るもののない抜群?の見晴らしでどの部屋に泊まっても海が見えるはず。

今回泊まった部屋は#31の部屋で、画像の上側#32から#07の側が東向きで駐車場や墓地ビュー、下側の#31~#08が西向きで公園ビューの方になっていて、北側(正確には北西)は#31、32の方で、南の海っぺり側は#07、08の部屋は180度一面海な眺めがあると思われます。

IMG_2669 (Large)

最上階の18階で公園に面した#08と#31の角部屋がスイートで、後は全て同じ造りのようなので、選べるなら公園側(画像で言う下側#08~31まで)の「墓地ビューでない」のカテゴリーの部屋を予約された方が良いかと。

その中でも角部屋がいいのはもちろんですが、北(#31)か南(#08)かは迷います。

北側の場合、道を挟んだ向かいのディズニーホテルが5階建てなのを考えると8階くらいから上のがいいでしょうね。ちなみにですがスーペリアフロアの3~5階を「UMI」、6~11階を「NAGI」として主にカーペットなどの色調を変えていて(泊まったのはNAGI)、12~17階は「KAZE」、18階は「AKANE」となってました。

そして南、海側の場合は「特に」なんですが、一概に高層階のが良いかというとそうとは言えない経験がありまして、一面海で全く何もないと高度感がなく低層の方が良さ気と思っていまして、ですので自分にとってこのホテルで一番イイと思う部屋は最上階#1831のパークビュースイートですが、海側を希望するなら3~5階UMIの角部屋でと希望を出すと思います。

IMG_2650 (Large)二つ上の写真と同じ公園側

一面海の端から端まで海「だけ」の部屋というのは昼間はタンカーのような大型船がプカプカ浮かんでいるのが見られると思いますが、夜はほぼ真っ黒。

かといって街のある北側の眺めが夜景を含めて楽しい、綺麗かと言うと・・・。

 ホテルは埋め立て地の端っこにあって宿泊特化型なので用のない車はほぼ来ませんし、周囲の交通量自体が皆無と思えるくらい少なく、環境としてはとても静かで過ごしやすいと思えたのですが、反対に冒頭で書いたとおりレストランは朝、昼、夕、夜と終始ブッフェ形式のレストランが一つあるのみで、周辺(歩いて行ける範囲)に食事を楽しめそうなレストランもなくてホテル選びに失敗したと思ったところで、代わりにと言わんばかりに1階建物内に入り口のあるコンビニが24時間で便利だと思いますが、そのためかルームサービスもなく一長一短。

隣駅が舞浜、車で20分で東京ディズニーリゾートという土地柄、部屋でのんびり過ごそうという方はそう居ないでしょうし、泊まった感じ「滞在を楽しむ」という感じの施設(ホテル)ではないんだなという感想で、新浦安に泊まるとしても駅前のホテルを選ぶべきだったようです。

IMG_2675 (Large)

 備考として冷蔵庫は空で、上に2ℓペットボトルの水が置いてあります(笑。

他、一階にコインランドリーがあり、氷は製氷機まで自分で取りに行くビジネスホテルスタイルですが、各階に設置されているわけではなく二階だけにあるので大変不便ではありますが、ついでにコンビニというよりコンビニ帰りに忘れず氷を取りに寄る具合にしたらなんとか面倒には思わず使えるのではないかと思います。

IMG_2606 (Large)

4 メトロポリタン仙台 エグゼクティブシングル

 ビジネスホテルでした。

ガッカリこそしませんでしたが、反対口の真新しいイーストか、連泊という条件下で5割(6000円)増しなウェスティン仙台にした方がいいだろうという感想になりました。

 当然第一候補としてウェスティンは考えてましたが、前回の宿泊がほんの一月前だったのと、仙台で他のホテルを知らないまま同じホテルに三度続けてというのがつまらなくて、ウェスティン仙台の向かいにあった仙台国際ホテル、泊まった駅近のメトロポリタン仙台、それにメトロポリタン仙台イーストの3ホテルから、立地面(散歩的)で面白くなかったウェスティンの方(国際ホテル)はやめて、ルームサービスの有無(21時まで)でイーストでない、古くからある方のメトロポリタンを選びました。

IMG_2556 (Large)S-PAL仙台1階連絡口。無印良品の奥(笑

 エグゼクティブフロアを選んだ理由はその日一番安く泊まれる部屋だったんですが、ホームページで見た改装されて間もない(1年ほど)部屋の感じは好みでした。

そしてエグゼクティブフロアの特典は以下ホームページより

  • フロアのエントランスにカードセキュリティードアを採用
  • レインシャワー完備
  • 日本酒「伯楽星」のエキスを使ったオリジナルバスアメニティ
  • シモンズの8.25インチポケットコイルベッド
  • 宮城にまつわるお菓子をご用意(一人一滞在につき一つ)
  • 部屋の冷蔵庫の飲物無料

とあり、宿泊料金からするととてもがんばってると思えたものなのですがその感想は少々否定目で、以下ぞれぞれ

  • 銃の所持がまずありえない治安の良い日本において、機械の力のみで高めたセキュリティは面倒なだけでただの恰好つけに見え真に安全を考えてのものと思えない
  • シングルの浴室には洗い場がなく(ツインは洗い場あり)、浴槽のシャワーと一体型のレインシャワーは使い心地良くなくやはり見た目だけ
  • シャンプーは日本酒臭く感じただけであまり良さを感じられなかった
  • ベッドについては次のベッドの方
  • ちょっとしたお土産にもなるので一瞬良いと思えますが、これ目当てで泊まるわけはなく、サービス(無料)品でない、宿泊料に含まれた自ら購入しているものと考えたらあってもなくても・・・
  • これも料金に含まれていると考えれば、選択肢のなさはアルコールを飲まない人間にとって(連泊の場合補充されるため)1泊毎に約1000円の不必要なルームサービスを注文しているのと変わらず、無駄

 他には、13時半くらいでしたが平日だったので、部屋に入れないかな?とチェックイン手続きをしに行ったんですが、何かを確認をする素振りも見せず「清掃中なので」と断られたまでは問題なかったのですが、続けられた言葉で呆れました。

 「(で)ご希望は何時に?」

15時前にお願いしに行ってるんだから聞かなくてもそら「なるべく早く」で、最低でも15時に決まってるでしょそんなもん・・・。まあ何も調べることなく断るなら「(チェックインは)15時からになりますので。」と言ってくれればと思いました。

で再び15時過ぎに戻って記帳。13時半の時点で預けた荷物は部屋に運んでくれてるものと思ってましたが、預かり証をと聞かれ、ガラガラガラガラ…と横に持って来られた。

ここらは好みの差ですかね。自分の場合は案内がないとまずたどり着けない迷路のような施設ならともかく、四角く狭い敷地のホテルで部屋までの案内が必要だとは思ってませんし、ベルに自分の鞄を持たれ先導されるのが好みでないため、逆に「そういう(その程度の)気の回らないホテルなんだな」と野暮く感じてしまいましたから。

そして残念に感じたのはこの直後、「自分で持つから」と断るとそのまま。気が利く人なら「それでは」とばかりにエレベーターまで足早に行きボタンを押して一秒でもカゴの到着を早めようとしてくれてるところなので。

 

 部屋は18.1平米。

IMG_2559 (Large)

 カードキーによるフロアのセキュリティははっきりいって手間なだけで不必要と不満に感じつつも、改装で新しく出来たエグゼクティブフロアは中々の質感が漂っており、部屋は狭いながらもシックさを感じれ、日の浅さからくる清潔感もあってか居心地は良く、観光にしろ、仕事にしろ、気分転換で籠るにしろ、「最低限」と言わざるは得ませんが、こんなもんで十分だと思えたほど完成度を感じた部屋。

 ガッカリすることがあるとしたら、全てがとにかくビジネスホテルなんですよね。

IMG_2560 (Large)

 氷は自分で左端、#01番の部屋の前まで取りに行かねばならなかったり、今年は冬場でも使わなかったのですが乾燥を感じたため、探したけれど見当たらなかった乳液をフロントに問い合わせてみたら「ない」の一言。

クレンジングや化粧水?は×2であったので、置き間違いだと思って問い合わせてみたんですが、乳液がないって。今時ラブホテルでも常備されてるだろうから驚きました。

クレンジングなんかより乳液の方が男女共通に必要なもので優先度高いように思ってたんですよね。化粧をしない場合の女性だっているでしょうし。

といった具合に、早めに到着して何もすることのない空いてる時間にチェックイン手続き(記帳)だけでも先に済ませておきたかったというこちらの都合には触れられませんでしたが、客の側の目線では考えられていない不便さというのが全般に見られる感じで、融通の利かなさはシティホテルのサービスとは思えず、決められた事以外はやりませんというお役所のような、所詮鉄道の子会社って一括りに出来ちゃうダメさばかり。まぁビジネスホテルならそれでいいんですけどね。

IMG_2569 (Large)

 部屋には照明を個別に細かく管理できたらとか、風呂に洗い場(ないしシャワーブース)が欲しいだの細かい不満はありましたが、洗い場が欲しければ宿泊料がほぼ同じ反対口のイーストは全室洗い場付きだそうなのでそちらにすれば良かった話で。

 部屋からの電話は今まで泊まったどのホテルより正確(いつかけて誰が取っても〇〇様)で早く、呼び出し音を聞いて待たされることがまずなかったのは素晴らしかった。

 眺めは避難経路図から判断するに駅側(下)は全てシングルで、反対側が全てツインになってるんでしょう。ビルが駅に対して垂直に建っていたら窓際に座り駅前を歩く人を見られて楽しめてたと思いますが、座っての眺めは駅の屋上駐車場。

IMG_2576 (Large)

 遠くに海が見て海への近さを感じた眺めは、やはりこれも自分の好みとの違いもあって、動きがないから暇つぶしにならないだけで、けっして悪い眺めではないはず。

でも夜景はお察し。この部分ははっきりとそれ目的で泊まるホテルじゃないですね。

 

 10時の時点で既に清掃してる部屋が多かったのには驚きました。それくらい仕事での利用が多いんでしょう。

IMG_2596 (Large)

この写真を見て政令指定都市の駅前にあるシティホテルのエグゼクティブフロアと思う方はいますか?

 

 以上少々辛辣に書いてきましたが、全て宿泊料金が安いため問題ありません。

やれと言われている事以外やらない姿勢だろうと、ビジネスホテル並みの宿泊料金ですから、ビジネスホテルだと思って泊まってたら不満に思うことはない。

いっそのことはっきりとビジネスホテル化してもらって人によるサービス極力減らした方がいいんじゃないかとも思いました。その方が割り切ってスッキリ利用しやすいですし、それで宿泊料がさらに下がるのならそれもまた良しで。

IMG_2591 (Large)

 最後に、朝食付きのプランでしたが、この朝食券有効期限長くないですか?笑

良い意味でですが朝食面でもやはりビジネスホテルってことなんですかね。シティホテルのと思い全く期待して行かなかったんですが、郷土食もあってどれもそこそこおいしく、甘党でない自分にも美味だと思うほど甘味にも気を配っていると感じました。

 朝食は税抜き2500円ですが、朝食付きのプランは1人1000円+で売られている(自分調べ)ようなので、朝食付きのプランがある場合はそちらにして間違いないと思います。

IMG_2548 (Large)

2 岩手 大沢温泉 湯治屋

 他の温泉へ移動。

最初の計画時、青森の十和田湖畔の温泉と2泊ずつみたいな考えでいたんですが、帰りの距離がちょっと長くなってしまうのでどこかもうちょい近く、出来れば上り方面で探していたんですが特に惹かれる感じのところはなかったため、直ぐ近くにある足らなかった部分を満たしていた温泉宿に行くことにしました。

IMG_2467 (Large)

前泊の藤三旅館に大きな不満があったわけではないのですが、欲しかったのはコタツで、要らなかったのは「選べない食事」。

二食付きの温泉旅館に来ると毎回似たような感想を抱くので「合ってない」のはわかってるんですけど、それで泊まるしかない旅館は今でも結構あって、特に週末に一人だったり(ここもそう)、素泊まりとなると販売自体してなかったり、してても数が少なかったり。

IMG_2497 (Large)

 旅館内に町の食堂みたいな食事処があるのを知ってここに決めたんですが、多くはないメニューながらその中からその時の気分で好きなものを頼めた自由さは思った通り幸せで、これは別に次で書きたいと思います。

 

 経っているであろう年月からして清潔感ある方だと思います。もちろんお世辞にも「綺麗!」と言える感じではありませんけれど、こういう感じが好きな方、耐性のある方ならとても楽しめると思います。

 部屋はコタツがあって大満足。(コタツ代324円)

IMG_2458 (Large)

 廊下を歩く音はドタドタ、振動もあるし、ふすまに隙間もあって外から鍵もかけれられないし、気を使えない人間の話し声は怒りを覚えるほどすげえうるさい(笑。

お互い慮って、せめて自分だけでも日本人らしく過ごすことを心掛けるしかないですよね。これ(隣人問題)ばっかりは運でどうしようもない。

自分の向かいの部屋になぜか二日続けて3人客(たぶん3人用の部屋なんでしょう)が来てうるさかったんですけど、うるさかったのはその2組の3人客(部屋の外にある靴置きに自分の靴を置くのでわかる)だけで、他の部屋の方は至って静かでしたから。

IMG_2462 (Large)

 自炊前提の自炊部湯治屋だけあって冷蔵庫は冷凍スペースもある大き目なもの。

食事は全て出前してもらって部屋で食べてましたが、カセットコンロや電気鍋を持ち込んで鍋を食べながら年越しみたいな、自炊の用意をしての滞在にはやはり惹かれます。

IMG_2488 (Large) IMG_2484 (Large) IMG_2482 (Large)

 売店(7時~21時)で飲み物、お菓子やアイスにつまみやカップ麺なんかも買えます。売店が閉まった後でも飲み物(ビールもあり)とカップ麺は、山水閣というホテル風な建物にある豊沢の湯のとこに自販機があって深夜でも購入できます。

 風呂は男性の場合、混浴露天の「大沢の湯」と屋内の「薬師の湯」にその「豊沢の湯」の3つで、カランとシャワーがあって体を洗えるのが豊沢の湯だけなのでそこと、川沿いでめちゃくちゃ開放的な露天しか使いませんでしたが、この露天風呂、雪の時に来たいと思いました。真冬じゃいろいろと大変でしょうけど(笑。

 

IMG_2463 (Large)

 向かいにあった「菊水館」というかやぶき屋根の旅館(上の画像)。

同じ大沢温泉内なのですが、別旅館という形を取っているようで、10月から休館と書かれてありましたが、近寄って見なくとも泊まってみたくなるくらい雰囲気あったので残念でしたが、こちらに泊まっていると一度外に出て川を渡って向かいの露天風呂に行くことになるのでまあ一長一短。

IMG_2498 (Large)

 清掃で開けっぴろげだったので覗けましたが、ガスコンロのある部屋もありました。

どういう風に割り振られるのかわかりませんけど、選べるものならトイレや温泉への通路からはずれていた6畳の狭い部屋が自分好み。

 

 Wi-Fiはばっちり入ります。テレビ要らず。

あとはチェックイン前の探検時、山水閣の方から前を通っていたのにわからなかったコインランドリー。マッサージ店の奥にありまして、洗濯機が200円、乾燥が10分100円だったかな?洗剤は売店で30リットル分くらいのが30円で売ってました。

自分のように何度も何度も温泉に入るつもりの人なら嵩張りますけど自前のバスタオルを持ってきた方が快適じゃないかと思います。(自分は持って行ってました)

 泊まっていたのは平日。日帰り客が多いように感じていましたが、いつのまにか部屋外にある靴置きに靴が入っていたので宿泊客はそこそこ居たと思うんですが、早朝も夜も露天風呂には自分入れて最大3人で、混んでいると思うことはありませんでした。

IMG_2471 (Large)

 最後に「基本」帳場の人全員ぶっきらぼう(笑。

サービスというかもてなされることを求めては行ってませんが、はっきり言って「ちょっと怖いw」。男の自分でもそう感じるくらいなんだから(女性客にはもっと柔らかいのかもしれませんが)、もうちょっとやさしい感じで接して欲しくはあった(笑。

食事処で働いてる人や部屋の掃除をしてる人は挨拶してくれたり普通なんですけどね。

IMG_2553 (Large)

1 岩手 花巻温泉郷 鉛温泉藤三旅館 別館三階八畳

 「ほんの少し遠出したい」という気分から東北の温泉に行きました。

探していて意外だったのは数十件の旅館がある規模の温泉は蔵王くらい。そのため温泉街で気軽な食事をするのは諦め、一泊二食で検索して一番上に出て来た旅館が丁度良い移動距離(時間)だったので他と比べることなくそのまま予約。

 読みは「(藤三)ふじさん旅館」です。

IMG_2433 (Large)

平日と土曜で宿泊料金が変わらなかったのも即決出来た理由の一つだったでしょうね。

 場所以外はほぼ下調べせずに行ったため良い驚きが多く、全体的に好印象でした。

 泊まったのは別館の部屋で、窓は腰上で大きくなく、別館全ての部屋は川側に位置していると思いますが川の眺めを楽しむといった趣のある部屋の造りではないため、別館ならばトイレ付の部屋か、別館ではなく本館か湯治部の方の部屋をおススメします。

というのも、旅館自体や部屋の印象は宿泊料の割には綺麗目という感想ですが、まだ寒かった時に行っているためコタツがないのが残念に思ったのと、廊下や厠が寒かったので部屋にトイレがないのはやや不便だったというのが実感で、部屋風呂はなくともトイレの有無は重要だと思いました。

それとこの別館の部屋にはカーテン等遮光出来るものがありませんでしたが、ホームページの本館の部屋の写真でカーテンが写っている部屋もあったので、朝日を煩わしい、朝の明るさに起こされたくないと思う方はそこらにも留意されて選ぶべき。

IMG_2365 (Large) IMG_2366 (Large)

 食事は朝晩ともに、これ以上は望まない充分なもの。

味はどれも程よい味付けでおいしく頂きましたが(特に朝食)、似たような献立になっている夕食はもっと単純な定食類次に行った温泉旅館がそうなのですが)の方がありがたいと思ってしまったくらい飽きてしまう感じがありました。

上段が初日、下段が2日目、左が夕食で右が朝食です

1食500円+で部屋食にしてましたが、これは必要なかったです。特に朝食。

 気に入ってしまったのは「日本一深い自噴天然岩風呂」。

白猿(しろざる)、桂、白糸、銀(しろがね)と4つありまして、白糸以外の3つに入りましたが、とても良かったのが日本一深い自噴の白猿の湯。白猿の湯の写真は撮らせてもらってきてますが、この豪快な造りは実際肉眼で見て迫力を感じて欲しいので直接貼らずに上にリンクとして。

 10人は入れそうな大きな風呂穴の他、隅っこに2人入るのがやっとという小さな水たまりがあるんですが、夏場の屋内プールくらいの水温の湯?がこちらもかけ流しで、サウナで水風呂と行き来するように交互に冷たい方で体を冷やして温かい方へ入ると直後~1分くらいのヌルく感じる具合が凄く快適で止められず(笑。

これがサウナ道で言うところの「ととのう」だったのかもしれません。

「ととのう」という言葉を知ったのはここに行った後5月になってからで、水風呂に入ったことはありますがサウナのことは「我慢大会」くらいにしか思っておらず、利用はするけれど決して「好き」な部類ではなく、長居しやすいミストサウナの方がはっきりと好きというくらいなので、この状態がまだ「ととのった」のかどうかは未知です。

ただ今まで感じたことがないくらい水風呂にいるのが心地良くて時間を忘れるほどの経験だったので、温冷ともに天然で「ととのう」場のここはとても貴重なのでは。

 このお風呂混浴、なんですが深夜帯なら貸切状態だと思います。

自分が利用しようとして覗いた何回かの内半分くらいは利用者誰も居なかった。金曜の夜22時に入った時は出るまでずっと一人貸切でしたし、土曜も日付変わっての2時から3時半くらいの間ほぼ一人。

ほぼと言うのは途中3人ほど湯治部に宿泊されていると思われる方(降りてくる階段からそう判断)が来ましたが、こちらが出ようかと考えてる間に出てしまっていたのでその人らが浸かっているのは2~3分、着替えも含め5分程度なので、利用したいと考えているカップルの方、10分後にもう一度行ってみてください。たぶん居ないと思いますから諦めずに。

 実際ちょっとしか浸かってなくとも温まる不思議な湯。

IMG_2369 (Large)

 貸切湯は広くはない「家族風呂」という大きさの風呂で、一番最初に入ったお湯がここでしたが硫黄臭を一番感じました。

時間帯で貸切にしなくとも男女別で利用出来、滝が見えるのが特長でしょうか。

IMG_2371 (Large)貸切風呂

 

 今回泊まった別館と本館の旅館部と、食事なしの自炊で長逗留用の湯治部がありますが、泊まった感想としては湯治部でいいかなと思います。

使えるお風呂に差はありませんし、部屋もホームページで見る限りそんなに差は見られなく、むしろ掃き出しの窓だったりコタツのある写真があってそちらの方が良いように・・・見えました。湯治部の方へ行った感じ明確に違うのは暗い廊下と暖房具合。

飲み物は自販機があるので(アルコールも)問題ありませんし、食事の面は売店がなく不安はありますが、湯治部に泊まっていても食事付きのプランはありましたし、素泊まりでも別料金で夕朝食は頼めもするようですから、朝食だけのプランで夕食は思い切って自炊するつもりで行くのも楽しそうでいいんじゃないかと。

それにサービス的には至極簡素なもんで、それなりの出迎えこそあったんですが、お金を払ってしまったら、してくれてもよさげな「靴を履いたままでは手に取るのが困難だった1歩分の手荷物の移動」を見守られ、見送りは誰一人してくれなかったので(笑。