キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ ハイアットリージェンシー東京(閉店)

 ※ 元は2014年に投稿したものなのですが、当時の悪癖として1投稿にタイトルとは別の店舗の事も書き入れ文章量を膨らます傾向にあり、そのせいで要らぬ誤解を生じさせていた事に気付いてからは分けるようにしていて、遅ればせながら閉店されたのを機に分割、懐古しながらの改稿になります。

IMG_3421 (Large)

 去年のことになりますが、トロワグロで食べたとうもろこしのパンがすごい美味しくて、どこのだかとかどこかで買えるのか聞いてくればよかったと思ったほど。

翌日電話して聞こうと思いつつとりあえずネットで検索してみたらあっさり見つかりました。ありがたい。

IMG_3422 (Large)

 「表参道にあるパン屋さんのもの」ということで、全く行かないところではないので近くへ行った時には寄ってみようと思って早一年が過ぎ・・・(苦笑。 基本パン食ではないので滅多に食べたいと思うことはないんですが、この日はなぜかパンが食べたくなり、しかもトロワグロのあのパンが食べたい。

と、いうことでトロワグロへ行ったその足でパンを買いに行って来ました。やっとこ。

IMG_3424 (Large)

 トロワグロも1年ぶり。

ランチに限って言えば、全く高いとは思ってません。

IMG_3425 (Large)

この食材を、この空間で、このサービスでこんな皿に仕立て上げて提供してくれるんですからむしろ安いとすら。

 いつ仕入れたかわかんないようなのを似たような値段で出す店とかもありますし。

IMG_3429 (Large)

そういうところと比べてしまえば安く感じてしまう。

と、去年2013年までは思ってたんですが、ちょっと落ちた?

IMG_3428 (Large)

 口に入れた直後から「旨い・・・。来て良かった。。。」というような感動がない上、サービスがちょっと雑い、というか当たった人が品がなく汚らしい。

 去年は「ここまで気を使ってくれるんだ・・・。」と感動しましたが、今回はちょっとフツーのそこいらどこでもあるような高級な店って程度。

IMG_3430 (Large)

あのパンと心地よいまでのサービスのために来てると言っても過言ではないので、あのサービスはかなり残念・・・。

 パンだけ買うこと覚えてしまいましたし、次回も同様にお粗末な感じなら他探しになります。。

IMG_3432 (Large)

 そして2020年追記分。

 2019年末で閉店してしまったんですね。

 「えーっ」残念・・・と思いましたが、それと同時に頷けるような感覚。

それは前回上記2014年の感想まま、料理での感動がなくなり、洗練さを感じない人にサーブをされてしまったのが非常に大きかったんですが、以降自分の足も遠のいてしまっていたから。

 基本、予約が取れないというような気難しい店よりも、その日ふらっと寄って「好きなものを好きなだけ食べる」というこちらの勝手に合わせてくれている店のが好きなため、自分にとって日本で言うグランメゾンは縁遠い存在。

そんな中当日の予約でも嫌な顔をしないここはありがたく、勿論美味しいは美味しいんですが、食事を人生における楽しみにしてる自分にとってある程度以上の食事となれば欲しているものは斬新さや物珍しさといった「驚き」という感動である場合も多く、運ばれてきた皿を見て「どんな味がするんだろう?」とワクワクすることのない、前回と似たような皿を出されたり、またその印象が「柑橘系一色」では「行ったことのない店に行ってみたい」と思う事が多くなってしまうのも仕方がないこと(もちろん「それ」は「そこの色」ということでもあり、その変わらないもの{ここで言えばとうもろこしのブリオッシュはそれにあたる}を求めて行く場合も当然あるのですけれど)

 青山にあったピエールガニェールやコンラッドのゴードンラムゼイもあっという間に無くなってしまいましたが、やはり三ツ星シェフと言えども日本で店を続けるってことは相当厳しいんでしょうね。

二度と行かない店たち

 「二度と来ないな」と思った店を列挙します。

  • ガスト
    学生の頃に一度行き当時の(今のは知らない)ハンバーグのマズさに閉口して「安かろうマズかろう」とはこのことだなと思った。その後の人生でもう一度だけ付き合いで仕方なしに店に入りましたが、何も頼まず過ごしたので有言実行の内かと。
  • ふらんす亭
    これも学生の頃、駅前の店で見かけて即何も考えずに入ったのですが、店内は狭く、多分レモンステーキを注文したはずですが、ただの焼肉定食なような感じと美味しくなさに「これのどこが”””レモン”””ステーキ・・・」とゲンナリして、今思えば名前が同じというだけの”本物”と全く非なるものですが、ステーキからしばらく遠ざかるきっかけになったのはここのせいでしょう。本場で本場のレモンステーキは食べたいと思っています。
  • 餃子の王将
    これも学生時分。とにかく美味しくなかったというか味がしなかったというか。これも安かろうマズかろうの代表という印象で、餃子と天津飯を注文したと思うんですが、全部食べるのが苦痛で仕方なかった。
  • 紅虎餃子房
    とにかくマズかった記憶。有楽町かどっかの3階建てくらいの駅前店だったと思うんですが、接客は悪いし、居心地も悪いし、食事しようと思って入ったのに単なる居酒屋で辟易。以降この際コーポレーションの店と知った場合絶対入らないようにしています(そうとは知らず入ってしまった店が2~3アリ)。
  • サブウェイ
    バンコクにて。とにかくめんどくさかった。
    店の仕組み、注文方法からわかっておらず、白人で混んでいるのを見て「さぞ”うまいパン”の店」なんだろうと期待して入店しましたが、商品受け取るまであれはこれはと選択させられるのがクソウザくて「いったいいつになったら完了するんだ?もうあの写真と同じものを・・・ちょうだい。」とひたすらめんどくさくて、やっとこ手にしたサンドイッチは高いくせに全くおいしくなくて最低だった。

  • 牛角
    マズかった。というか味がしなかったというべきか。
    あちらこちらの店舗で何度も見かけた物凄い繁盛具合(車だけでなく自転車の数も凄かった)で、当時近所に住んで居た友人2名を連れて物見遊山に。ここも「安かろうマズかろう」代表。ここの焼肉を5回行ったつもりで他の良い店に一度行った方がいい、安いからって形だけのモノを食べるくらいなら食べなくていいと思うようになったのはここからかと。
  • ステーキのけん
    ここは正確には二度行ってます(笑。
    一度目の時、ハラミというのを知って数年ハラミ好きだった当時の自分は近所で見かけた当時話題であったこの店に行きハラミステーキを頼むんですが、その味のしない肉に「二度と来ない」「なんでこんな店流行ってんだ?安いから?世の中舌がバカな奴ばっかかよ」なんて思いました。
    その後の炎上騒動の際、時間が経っていたのであらためてきっちり貶すために再訪
    したんですが、硬いし味はしなく不味い肉で、逆に「よくこんな(味もしなくて硬い)肉見つけてくんな(笑」、とひたすら金をかけずガッツリ儲ける姿勢を素晴らしいとさえ思ったり、家族連れが多いのを見てこんな肉を「ステーキ」として食わされてる子供たちを不憫に思ったり。あらためて行きましたが今度こそ二度と行かねえし、当然の結果倒産してて大爆笑。
  • ゴーゴーカレー
    ウマくなかった。
    ただマズくて二度と行かないというより、この店を見かけて「カレーが食べたい」と思ったら近くに他のカレー屋がないかを探しここには行かないという意味で、「なぜCoCo壱でなくこちらに行くのか?」という理由が自分には見つかりません。
  • スシロー
    何を食べたか忘れましたが横須賀の方で。二人で行って会計700円ちょっとで出る。茶碗蒸しとポテトは頼んだので1皿か2皿だけでの判断になりますが、北海道の回転寿司の後でまぁなかった。いろいろ入った回転寿司で唯一はっきり「マズい」と感じ、数ある回転寿司の中で二度と行かないと思ってるのはここだけ。「回転寿司どこが好き?」と聞いて「ここ」と答えられると味覚が合わないなとガッカリする。
  • 鳥貴族
    2~3年前。長い間「行ってみたい」と思っていたんですが、当方アルコールは摂らないため中々機会に恵まれず沼津か熱海への旅行の際やっとの思いで行ったんですが、それだけにガッカリ度は
    まず実際行ってみての第一印象は「安くない」。品数多く食べたい派なので1品につき必ず2本の縛りがウザく、なんかヌルくて焼き立ての感じはしないし、タレの味が強いせいか肉の旨味は全く感じなく自分の感覚でどちらかと言えばマズくて、コンビニで売ってる焼き鳥と同レベルかコンビニの方が上に感じた程。(近所に鳥貴族のモノと比べると肉は小ぶりだけれど1本120円~150円でめちゃくちゃウマい店があるので全然安いとは思ってませんし)安くてもマズいせいで結果高く感じるっていう、自分が嫌う見本のような店。
  • からやま
    テイクアウトの弁当だけで判断してしまってますが、二度と食べたくない。
    系列のかつやは安く美味しいので(近所に)開店したてで大混雑中にもかかわらず期待を抑えきれなくて・・・並んでまでして持ち帰り。そのすぐそばにあるほっともっとの唐揚げ弁当より安くもなくて美味しくもないんじゃ無意味無価値。

クラブハウスサンドイッチ特集

 計画がないわけではないのですが、こんなご時世ですので絶賛自粛中のため前からやろうと思ってた振り返りの第一弾。

 

 ホテルのルームサービスでよく頼むものの一つです。

 きっかけはまだギリギリ学生をしていた頃でしょうか、バンコクはカオサン通りの裏手にあった今はなきサワッディースマイルインというゲストハウスに併設のレストランで、白人の旅行者(といっても多分イスラエル人)が食べていたのがすごく美味しそうに見えてメニューでそれらしきものを探し頼んだのを覚えています。

 

  • サワッディースマイルイン

CIMG0047 (Large)2005

今はそうでもないのですが、当時はまだ生のトマトがどうにも苦手で(火を入れてあれば平気)、普段食べようと思うものでもないのですが、南アジア帰りだったかで「生野菜に飢えていた」というのもあったと思います。

タイは野菜美味しいですからね。カオマンガイの付け合わせのきゅうりなんかもウマいウマいと食べていて、自分が野菜好きなんだと自覚しはじめたのはこのあたり。

CIMG1491 (Large)2013

 この時初めて食べたクラブサンドイッチは想像通りに美味しくて、以来あちこちのホテルで頼むようになりました。

 

  • ANAインターコンチネンタル東京

 

IMGP3722 (Large)

 

 ここのは22時過ぎに吉野家食べた後物足りなくて0時前に頼んだんですよね、確か。

なんかポテトが硬くて揚げ過ぎ?って美味しくなかったのは覚えてるんですが、本体の印象が残ってないというか全体的に焦げっぽかった・・・ような、まぁお腹そんなに空いてなかったんでしょう

  • ニューオータニ

IMGP3951 (Large)

 美味しかったです。

ニューオータニはレストランがとても多くて好きなホテルですが、オニオンリング、ちょっとした気遣いというか更なる一手間、こういう微差にやられます。

 

  • アマリオーキッドパタヤ

IMGP5518 (Large)

 美味しかった。ちょっとしたものですけどフライドポテト以外の味変があるのがうれしいんですよね。

タイではタイ料理とクラブサンドイッチはハズレません。

  • バーフィズ@グランドハイアット福岡

IMG_233041 (Large)

 バーフィズの紹介でも書いてますが、ピクルス激ウマ。

気遣いが抜群。部屋はパッとしなくてもここでくつろぐためにグランドハイアットに泊まろうと思えるほど気に入りました。

  • ホテルキャッスル山形

IMGP6786 (Large)

 美味でした。 

 結婚式場もレストランもあるホテルでしたから、ある程度のルームサービス、そばうどんやおにぎり、炒飯くらいはあると思っていましたが、クラブハウスサンドイッチまであるとは思ってませんで、ハズレだらけの山形の食事でこのクラブハウスサンドイッチと駅前中華だけ満足出来ました。

 

  • ヒルトン東京お台場

IMG_4079 (Large)

 ハムとチーズのホットサンドとツナメルト(にゴーフレットポテト選択)

クラブハウスサンドイッチじゃありませんが、その時のメニューにはこれしかなかったんだと思います。

 「ゴーフレットポテトってどんなのですか?」と確認してから頼みましたが、どっちも美味しかったのでまた食べたいと思っていますが、現在のルームサービスメニューだとクラブハウスサンドイッチがあるかわりに無くなっちゃってますが、また食べたい。

 

 しかしどこのホテルも付け合わせについてるピクルスだのが大変美味くてさすがです