IMG_4237 (Large)

レストランThe Lobby むさしのグランドホテル&スパ

 朝食または昼食付きのプランで、昼食で利用しました。

ホームページによると税込みで平日1450円、土日祝1500円。

営業時間は11時~15時で、通常チェックアウトの11時からそのまま待たずに使えます。

IMG_4265 (Large)

朝昼ともに基本は和洋中のビュッフェ形式で、ランチではそれとは別にまずローストビーフかスモークサーモンのどちらかがのってるサラダの注文を聞かれます。

 並べてある各料理は4つ星くらいのホテルのものと比べるとパッと見貧相な感じなのですが、これはもう完全に値段の差によるもの。不満ではなく事実として。

IMG_4262 (Large)

 自分の感想としては和洋中の品数のバランスがよく適当で、不満だったのは味噌汁がなかったことくらい。(お茶漬け用の出汁を代わりに飲んでました)

普段は味見で一つ食べて終わりにしてしまうパン類なのですが、クロワッサンが美味しくおかわりしましたし、口直しにちょっともらったアイスも普通においしく、「おいしい!!」となるほどのものはありませんが、どれもセルフサービスの食堂くらいのおいしさはあって、「まぁこんなもんだよね」という満足度合いでした。

IMG_4264 (Large)

 ランチとして約1500円は特別高い値段だと思いませんが、こんなところまで来ることがそうはないはずなので、わざわざとなるとうーん・・・。

自分があまりこういう食べ放題に価値を見出せないのも理由でしょうが、プランの特典としてついてたから利用したまでで、仮にここに泊まっていて自腹で1500円払って食べようとしたかというとやはりうーん・・・。

 自分にとっては値段也でしたが、たくさん食べられる方になれば十分になるかと。

IMG_4064 (Large)

よってこや 鶏ガラとんこつ屋台味 お台場店

 おいしかった。

お台場ではゆりかもめの終電後やってるのが希少な一軒。

 昼の天麩羅とその後のタピオカミルクティーのおかげで夜になっても重たい食事はする気になれなかったので、散歩がてら周辺施設のレストラン、フードコートを見て回りましたが、どれも微妙に気分とはずれていて「これ」と決めきれない。

 後で気づいたことですが、肩のこらないお手軽な食事がしたかったんでしょう。

気乗りしないまま中途半端な気持ちで何かを選ぶとハズレた時にすごい後悔するのでひとまずホテルに戻ることにして、あれこれ考えた結果とりあえずルームサービスでホットサンドを頼んだんですが、このホットサンドが美味しかった。付け合わせのゴーフレットポテトもおいしくてこれで眠ってた食欲が覚醒してしまい抑えきれず2時間後再び外に出ることに。

IMG_4081 (Large)

 0時過ぎて食事が出来そうなところは吉野家と権八と今回のよってこや。

 場所柄(ごめんなさい)どうせと思っていた上、更に中に入れば居酒屋使いしてる客が多数で、座ろうとした時には強く「失敗したかな・・・(出るなら今だな)」と思ったんですが、ここのとこちょうど食べたいと思ってた「京都」の醤油ラーメンと「背脂」の文字を見て、しばしの間我慢することにしてホントよかった

IMG_4080 (Large)

 おなかが空いていたのもあったでしょうし、ここまで寒い中歩いてきたのもあってやたらうまく感じたのかもしれませんけど、まーおいしかった。

 フードコートでラーメンにしようと一瞬考えた時からどうやら麺類の気分になっていて、部屋を出る時は権八に行って鴨南せいろそばを食べようと思ってたんですよね。

 それにちょっと先に吉野家が見えてたんですがそっちにしなくてよかった(苦笑。

 このラーメン、お台場のどこかに屋台であったら最高だと思いました。

IMG_4055 (Large)

日本料理「さくら」天ぷらカウンター ヒルトン東京お台場

 気に入ってるホテルの一つで、気に入ってる天麩羅屋の一つ。

以前日航東京時代は日本料理さくらとは分かれた、「天麩羅 吉野」と独立した店名でやられてましたが、経営がヒルトンに変わった際寿司や鉄板焼同様、さくらの奥にあるお店の位置に合わせた店名に改め、「さくらの中(奥)に別店舗」があったややこしさはなくしたよう。

 予約の取りやすさは以前と変わらずでしたが、人気がないというわけではないと思いますので(実際空いてはいない)、早めの予約しといた方が良いのは確かです。

 店の位置、ここと言ってまず思い浮かべる絵画の様な借景も変わらず。

それとコースの料金も吉野時代とほぼ変わらず(夜が1000円上がってました)

IMG_4054 (Large)追加のめごち

 季節の魚(2種と3種)の違いを聞き、5000円の九重(キスと白魚)にとりあえずめごちを追加してもらい、後はお腹の膨れ具合と相談ということにしてもらったんですが、結果穴子と食事(ご飯)にかき揚げも追加したら8000円の東山ほぼ同じ献立に。

 初めて見る顔の方に揚げてもらってましたが、自分の天麩羅に関しては概ね満足。

IMG_4057 (Large)

専門店に来る以外で天茶を食べる機会はなかなかないのでつい天茶にしてしまうんですが、やっぱり出汁じゃなくお茶の天茶は好みではないのもあって、ここでは天バラかかき揚げ定食の形をおススメします。

 初めて単品の品書きを見たんですが、かき揚げ高っかいですね(笑。

IMG_4056 (Large)

これならかき揚げ無しのご飯と味噌汁でいいから季節の魚介をもう2品追加でより幸せになれると思います。

 

 ここからは蛇足になりまして「自分の」というおかしな物言いについて。

たまたま隙間な時間でかき揚げ手前まで他に客の居ない状況だったんですが、そこから3組6人とテーブル席から4人前の注文が入りまして、それらの捌きをのんびり眺めていると、空いてる時で良かったな・・・と思う雑さが見えてしまいました。

 急に10人分が追加されるのですから慌ただしくなるのは当然だと思います。

ただ以前名人と言われる人の店に19名で押しかけたことがあり、その時幹事だった自分は鍋の前の特等席に陣取らせてもらい名人の仕事っぷりを見ていましたが、それまでに訪れた時と何ら変わらない、いつも通りの、余裕で普通の姿がありました。

その当時の自分はそれを見ても何とも思ってなかったんですが、その後色々経験して見えなかった「差」を感じるようになると、そんな色々な状況の違いでも変わらない「凄さ」に気付かされ、今回再びその名人の「さすが」なを姿を思い出し、「混んでる時は他でもいいかもな」と思ってしまったって話です。