IMG_0099 (Large)

中蘭 有楽町本店

  「一蘭好きでよく行く」というようなことを言ってたんだと思いますが、ある日友人から「銀座(正確には有楽町)に中蘭(じゅらん)って一蘭の基になったとこがあるから行ってみて」とメッセージが来ていて、それを思い出し行きました

 ホームページを見てみると一蘭の本家本元はこちらだと言わんばかりに「正真正銘正統な味の継承をしてるのはウチらだ」みたいなことが書いてあります。

 食後の自分の感想は「一蘭でいいな」です。

IMG_0100 (Large)

 当たり前なんですがとにかくとっても似てます、一蘭に。

どことなく味集中カウンターを彷彿とさせるような造りまで寄せる必要はないんじゃないかと思ったのが第一印象。

二人掛けのベンチ風な椅子ですが真ん中がゴツ目のスチール枠で間仕切られていて、どちらかと言えば何もない逆側、間の空いている方の隣の席のが気になる感じ。

IMG_0101 (Large)

 そして気になるラーメンは、一蘭のに似ていた。

ただこれは「良くできたフェイク」に通ずる感想で良い意味ではなく、コンビニで売られている本店監修再現ラーメンとその本店のラーメンのような(たぶん)、とても似てるが(なんか違う)非なるものという感想。

少なくともこれだけ後発で本流のようなことを言いたいのであれば、似ているだけじゃなく何かしら一蘭よりかも優れていると感じられるところが欲しかった。というのが行く前からあった期待でして。

自分が一蘭で感じる唯一の欠点、改善すべき点、上回るんであればここだなと思ってたチャーシューも・・・。見た目から違うので使ってる部位を違えてるんだと期待したんですけどね。麺と一緒に食べた感じなんでか似てた。

 一蘭のように「辛いんだけどウマくて止められない。ウマいんだけど辛いっ。」っていう止まらない旨味、最後の最後口の中に残るコクのようなものが足らない感じで、けっして美味しくないわけじゃないんだけれど一蘭を食べてる時の感じと比べると全体的にちょっとずつ劣っているのか、何か物足りなくて「どこをとっても一蘭より優っているところがない」という感想になり、「なら一蘭でいいや」と。

仮に全く別物だとしても源流たる何かを感ぜられればと行きましたが、実際はただの支流。

 

 全盛期の弟子と遥か昔に一線を退き衰えた師匠との差といいましょうか。

替え玉1玉無料なのはいいですが、これも自信あるならそんなことせずやって欲しいとこでもあるし、そんなことをするなら替え玉分と言わなくとも一蘭より安い値段でやってて欲しかった。

 (大元のお店の事は何一つ知らずに書きますが)Wikiによると現在の一蘭からとありましたので、好みを記入するオーダー用紙、味集中カウンターもどき、とあれこれ似せる必要あったのかなぁという疑問。

そこらを真似といてあんな恨み節めいたトップページははっきり言ってカッコ悪い。

IMG_0102 (Large)

 有楽町駅から5分。こういうのぼり旗も店の品を下げてると感じました。

 

2012年3月末

グーグルによると「臨時休業」とのことですが、食べログに記載のあるホームページにアクセスできない状態になっていますが、こんな初歩的な点ですらきちんと管理出来ないんであれば最初からない方が印象いいですよね。

IMG_0062 (Large)

風花 コンラッド東京

 コンラッドのレストランはどこもとても好きです。

天井が高く眺めがいいので。

 ホテルのレストランで鉄板焼きを選びがちですが基本的にはちょっとずつ色んなものを食べたい派なので今回は会席。一応メニューは見比べて。

 和食、会席料理が嫌いなわけではないんです。ただわりと食べられないものが使われてる事が多いので、一つくらいなら事前に伝えて変えてもらっておくのですが2つも3つもあるとさすがに気が引けてしまって利用する機会が少ない。

mai

 「舞」美味しかったです。

けれど「ちょっと高いかなー」という感じも薄くする。消費税とサービス料で25%+。

IMG_0054 (Large) IMG_0053 (Large)

 どれも美味しいんですが、突き抜けてないと言いますか響いて来ない。これってやっぱり「何だこれ!!?すごいウマいっ!!!」っていう驚きや、「うわーこれおいしーーーっ!また食べたいっ!」って風にさせられる感動がないからだと思うんですよね。

 コロナ下にもかかわらずすごい混んでたのは驚き。っていうか満席。平日なのに。

IMG_0055 (Large) IMG_0057 (Large)

 主菜を天婦羅にしたのは天ぷらを食べたかったのもありますが、鮭は確か前々日に食べていたし、地鶏の玉子とじ≒親子丼は気分でなく、ホテルの天麩羅専門でない日本料理の店が出す天麩羅を食べてみたいと前々から興味を持っていたからで、なかなかラーメン屋で炒飯を食べるみたいにいきませんので丁度良かった。

 そして汐留まで来てるとなれば周辺のお店で食べるってのもありありで、特に去年の短い船旅が良かったので、対岸のお台場に行くのも全然苦じゃなく思っていましたから、ヒルトンお台場さくらの天ぷら、今回も行きませんでしたが見つけた時からずっと行こうとしているグランドニッコーの玉衣だったり、鉄板焼きなら丸の内ホテルの大安くらぶや品川ストリングスの風音等、行きたい店が困るくらいあった中からの風花でした。

IMG_0060 (Large)

 眺めはチャイナブルー同様文句なし。味は無難だけども充分。サービスは15%取られることを考えれば最低限って範囲なので、今なら某予約サイトでGoToEatのポイントももらって、1ドリンクついた同じコースが消費税サービス料込で45%オフの5080円ですから(窓際確約だと40%オフの5530円)、この金額で気分的には丁度な感じです。

IMG_0030 (Large)

シンガポール海南鶏飯 日本橋三井タワー店

 カオマンガイはよく食べてましたが、シンガポールチキンライスはたぶん初めて。

 ホテルの近所をフラフラ1時間半くらいはウロウロしてましたが、ここ以上にビビビッとくるものがなかったので海南鶏飯で持ち帰ることに。ホテル隣のビルにあった食堂にも惹かれてましたが、この日の気分は自分じゃ作れない専門店ならではの味。

 タイではほとんど蒸し鶏一択なんですが、日本の蒸しでタイのと同じように美味しいと思ったことが一度もないので、揚げとのハーフ&ハーフでご飯大盛りに。

IMG_0034 (Large)

 美味しい。は美味しかったですが、カオマンガイと似てはいるけど非なるモノ。

違いはタレで、ネギが一番違和感アリ。基本としてタイのカオマンガイが頭にあるため、変な醤油?、甘いチリ、ネギショウガのタレはどれもコレジャナイ感。

鶏肉もハーフ&ハーフが正解というか失敗で、やはり蒸しがなんか生臭いというか、日本の鶏でよく出くわす臭みのようなものを感じてしまいこれは明確に揚げ一択。揚げが美味しかったです。

 タイの屋台では透明なビニール袋に入れてくるくるとしてくれる持ち帰りのスープがつかないのは残念です。

 蛇足で向かいにあった「こけこっこ」ここの炒飯や海老チリ玉飯とで悩んだので餃子を買ったみたんですが、こちらはイマイチ。もっと言ってしまうと印象に残らない味で、餃子の満州や日高屋のでもいいじゃん・・・て程度でしたので、参考までに。